東京ビューティー 「スキ」で繋がるコミュニティ。東京女子のキレイとライフスタイルを応援!

コンシェルジュという職業は、フランス語で「管理人」や「鍵を管理する門番」を意味する言葉。鍵を管理することから、鍵がコンシェルジュのシンボルに。シンボルが象徴するように、その道の様々な知識、コンタクトを持ち合わせお客様の疑問や未知の世界の扉を開いてあげますという意味が込められています。ここではゲストの「お肌の相談役」としてゲストのご質問、ご要望にお応えしています。

おうちで実践!季節のホームエステ講座

大敵!紫外線!!

まず、紫外線とは誰もがご存知だと思いますが、地球上に降り注ぐ太陽光線の一種で3つの種類があり、それぞれ異なる働きがあります。種類は、波長の長いものがUVA、次がUVBUVCが一番短いものです。
UVCは、オゾン層に吸収されて地上に届かないので、日常浴びている紫外線はUVAとUVBということになります。
1日の紫外線量のピークは12時前後と言われていますが、朝でもかなりの量が地上に届いています。

特に波長の長いUVAは、朝の7時頃から急激に上昇していくそう。UVAは、ガラス越しにもお肌に届きますし、曇りの日でも快晴の日の50%程度も紫外線量があるので、日差しが弱いから...室内だから...と油断せずにしっかり紫外線対策をしましょうネ!!


紫外線による影響

ではここで、UVAとUVBそれぞれ異なるお肌への影響を学びましょう。
まずはUVAのいい所は、細胞の活動を活発にしてくれるということ。しかし、波長が長いのでお肌の奥の真皮まで届き、悪さをします((+_+))
お肌のハリや弾力を作っているコラーゲン・エラスチンと言った繊維まで壊したり、弱めてしまうので、油断していると深いシワやたるみの原因になってしまいます。ヒリヒリするような自覚症状がないだけに、起きてから知る訳ですね。。。
お肌の老化の80%は、実はこのUVAが大きく影響しています。
お肌に負担をかけないように、優しく洗ってあげましょう。洗う際には、すすぎを十分にすること。洗顔料が残って、肌トラブルの原因になる場合もあるので、最低でも15回は「ぬるま湯→お水」ですすぐと毛穴も引き締まりピチピチな肌に仕上がります。

次に、UVBはビタミンD2をビタミンD3に変える働きがあり、そのビタミンD3は、体内にカルシウムを吸収してくれます。
ただし、表皮内に影響を及ぼすUVBは、お肌が赤くなったり、ヒリヒリとした炎症が起き、お肌の乾燥を招きます。
またエネルギーが強いため、遺伝子に傷をつけるのでシミやガンの原因になり、炎症が起きたお肌は真皮の部分まで達し、コラーゲンを壊す酵素を発生させて、間接的にシワを作る原因にもなってしまいます。

紫外線の影響はこれだけではありません!!
さらに活性酸素を発生させたり、皮膚の免疫力を低下させるなどのさまざまなトラブルも誘発させるんです(>口<)
紫外線は顔だけに降り注ぐわけではないので、頭皮が傷つけば抜け毛を招きますし、瞳が傷つけば白内障の原因にだってなることもあります。

これらのトラブルは、とにかく防ぐことが肝心。
美容のためだけではなく、体の健康のためにも、今の時期にしっかりと紫外線対策を意識した生活を心がけていきましょうね☆

ではここからは紫外線対策について

*「紫外線の影響を受けにくくする皮脂膜」
日頃からお肌の潤いをしっかり保ち、「皮脂膜」を作ることが大切。
皮脂膜がしっかり機能し、潤いがある肌には紫外線が入りにくく表皮のダメージが少なく、ヒリヒリしたり皮がめくれたりすることはありません。夏でも紫外線や冷房によって、お肌の水分が奪われるので、水分補給のお手入れは毎日ケアに入れ、常に保湿をキープしておきましょう★

*「SPFの高さに注意」 
SPFが高いほど効果があるように思われるかもしれませんが、それだけ配合成分も多く肌荒れのトラブルを招くこともあります。日焼け止めを使用した時は、しっかりクレンジング剤で落としましょうね!

*「AM10:00〜PM2:00は外出禁止!?」 
日差しが強くなり始めるAM10時からPM2時は、紫外線の量がピーク。天気がいいと、つい無防備に洗濯を干したり、買い物などで外出してしまいます。帽子・サングラス・日傘・黒い手袋などを活用してできるだけ浴びないように工夫しましょう。

*「わずか2分で細胞は傷つく」 
太陽の下では、肌は2分で枯れ始めるそう。でも、日光を浴びることによってビタミンDの吸収が良くなり、骨粗鬆症の防止になるので、服の上から背中で5分、身体を温める程度に浴びましょう。女性ホルモンが高まるそうですよ♪

*「日焼け止め化粧品を塗る時のコツ」 
化粧品を塗った後で汗をかいたりタオルで拭いたりすると、紫外線を防止する成分が肌の上でバラバラになり、その隙間から紫外線が肌に当たるので、日焼け止め化粧品の効果が減ってしまいます。
そこで・・・ポイント!!→日焼け止め化粧品は、ムラなくたっぷり塗って2,3時間おきに塗り直して使うと効果的★


ソティス[ W. ] プロテクティブデイシールド
30ml 
UVB/SPF30+
UVA★★☆☆

サンケア+メラニンケアのダブル効果があり、化粧下地としても使えるサンブロッククリーム。
紫外線によるダメージを徹底ブロック、細胞(DNA)レベルで保護します。肌に負担をかけない低刺激で軽い質感のため敏感肌の方にもオススメ!
日焼け止めの独特な香りもなく、質感がとてもいいので日焼け止めが苦手〜という方にも使いやすいですヨ。

塚田真由子

塚田真由子 プロフィール

1979年生まれ。秋田市出身。盛岡ヘアメイク専門学校卒業。
東京都白金台にある美容室「Coiffeur de Monsieur (コアフュール ド ムッシュ)」に勤務。
趣味は長時間お風呂に入ってストレス解消。自称・美容&健康オタク。豆知識は即メモ♪
“連載・コラムを通して、『美容の楽しさ』を知っていただけたらと思っています!”


季節のホームエステ講座