東京ビューティー 「スキ」で繋がるコミュニティ。東京女子のキレイとライフスタイルを応援!

忙しい毎日でもおいしいものが食べたいという人にオススメ!
~ ちゃんと作れるごはん& 美味しいスイーツ レシピをご紹介 ~
トップページへ
ご馳走スイーツ
ちゃんとごはん


ふんわり和風スイーツ
緑茶シフォン
このレシピは
携帯ページでも
ご覧になれます

緑茶シフォンの作り方を携帯で見る


icon:cherryblossom 女の子が大好きな「和」と「シフォンケーキ」の組み合わせで、お正月icon:kadomatsuにふさわしいお菓子ができましたicon:face_self-conscious_smile " 抹茶 "ではなく、" 煎茶 "icon:teaの粉を使います。抹茶より「お茶」風味が濃厚。カテキンをはじめとするお茶のポリフェノールたっぷりですicon:ecstoramation

緑茶シフォン
材料(直径16cm1台)
卵黄 40g (2個分)
砂糖(グラニュー糖) 20g
サラダオイル 40g
水 30g
薄力粉 55g
粉末緑茶 10g
ベーキングパウダー 少々
※薄力粉、粉末緑茶、ベーキングパウダーを一緒に振るっておく
 
卵白 120g (3個分)
砂糖(グラニュー糖) 45g
塩 少々(ひとつまみ)
レモン汁  小さじ1(5cc)



緑茶シフォンの作り方

手順1
卵黄をほぐし砂糖を入れて白っぽく持ったりするまで、十分に泡立てる。サラダオイル、水の順番に加え、その度に良く撹拌する。
手順2
粉類を加えてつやが出るまで十分に合わせる。

粉末緑茶はお湯を注ぐだけのスティックタイプを使うと便利。

粘り気が出るまで、ハンドミキサーで十分にまぜると、きめの細かいシフォンになります。
手順3
メレンゲを作る。卵白をほぐして泡立ちはじめたら、塩を加えてきめ細かな泡になるまでたてる。砂糖の1/3量を加えてつやが出るまで泡立てる。残りの砂糖の1/2量を加え、十分に泡立て最後の砂糖を加える。つやがあってきめ細かなクリーム状になったら、泡立て終了。レモン汁を軽くまぜる。

少し軟らかめのメレンゲが最高。堅く角が立つほどにすると、卵黄生地とまぜる時に、気泡が壊れてしまいます。


手順4
卵黄の生地にメレンゲの1/3量を加え、メレンゲが見えなくなるまで しっかりと合わせる。
手順5
残りのメレンゲ1/2量を加え、柔らかくメレンゲが残る程度に合わせる。 メレンゲにの生地を加え、さっくりと泡を潰さないようにあわせる。
手順6
型に流して焼成。型に流し入れるときは一か所から入れて、全体に平らになるように傾け、少し回転させて上面を平にする。

ボールを傾けて直に型に生地を入れます。


手順7
表面に亀裂が入り、亀裂の中に焼き色がついたら焼成終了。 逆さまに伏せて冷めるまで待つ。

乾燥しないようにして一晩くらい寝かせてから外すと、よりしっとりしたシフォンになります。

ホイップクリームやアイスクリーム、季節のフルーツを一緒にもると豪華になります。
       

料理研究家 いだ ようこ
「良い素材を使ったお菓子を娘に作りたい・・・」との思いでパティシエに。
理論に裏付けされた調理法や細部まで計算されたレシピは
「応用がきく!」「料理の腕が上がる!」と大人気。
その人柄に惹かれて通うファンも多い。
お教室情報はこちら

はちみつ(ハチミツ)・蜂蜜・自然食品の通販【山田養蜂場】