東京ビューティー 「スキ」で繋がるコミュニティ。東京女子のキレイとライフスタイルを応援!

忙しい毎日でもおいしいものが食べたいという人にオススメ!
~ ちゃんと作れるごはん& 美味しいスイーツ レシピをご紹介 ~
トップページへ
ご馳走スイーツ
ちゃんとごはん


しっとり&ふんわりロールケーキ
フルーツロールケーキ
このレシピは
携帯ページでも
ご覧になれます

フルーツロールケーキの作り方を携帯で見る


ふんわりicon:face_self-conscious_smileスポンジにたっぷりのフルーツとクリームを巻き込んだロールケーキは、女子のお気に入りicon:cherry ケーキの定番。ちょっとした工夫で、きれいに巻ける。彩りの良いフルーツを組み合わせて、オリジナルケーキにして下さいicon:heart_shake

フルーツロールケーキ
材料(2人分)
ジェノワーズ > 22cm×26cm 1枚
全卵 100g
常温に戻し、よくほぐす
グラニュー糖 60g
薄力粉 50g
一度振るっておく
牛乳 10g
バター 5g
※牛乳とバターは一緒に溶かす
   
フィリング
オレンジ 1/ 2個 櫛形にとる
キウイ 1/ 2個 櫛形に切る
イチゴ 8 粒
大きければ半分に切る
バナナ 1本
縦半分に切り、 レモン汁をかけておく
グレープフルーツ 1/ 3 個
(ピンク) 櫛形にとる
生クリーム 200cc
(乳脂肪分40~42 % )
グラニュー糖 14g
バニラ エッセンス 少々
キルシュ 5cc (小1)
シロップ 30cc
(グラニュー糖 10g +熱湯 20cc )
   



ジェノワーズ(スポンジ生地)

手順1
卵に砂糖を加え、リボン状になるまで十分に泡立てる。
粉の半量を加え、練らないように合わせていく。
手順2
粉気の残っているうちに残りの粉を加え、艶が出るまでしっかりと合わせる。一緒に溶かした牛乳+バターに生地の一部をいれ、よく混ぜ合わせる。 生地に戻して、優しく手早くあわせる。
手順3
紙を敷いた天板に流し、カードで平らに伸して焼成。180℃ 10~12分。

急いで冷ましたいときは、固く絞ったぬれ布巾をかけておく。


手順4
上面にきれいな焼き色がつき、真ん中に弾力があり、 乾いていれば焼成終了、天板から外して平らに冷ます。


フィリング(中身)

手順1
生クリームを氷水に当て、6分立てで砂糖・バニラ・キルシュを加える。8分立てまで泡立てておく。
手順2
スポンジの焼き面を上にしてひとまわり大きな紙の上に置き、巻き終わりの部分を斜めにカットする。

スポンジと紙は、巻きはじめの端をそろえます。巻き終わりの斜めカットは、きれいに巻くためのポイント。
手順3
シロップを塗って、9分立てにした生クリームを全体に塗る。巻き終わりの部分は、斜めになるようにクリームを払う。

何度もこするとクリームがバサバサになります。手際良く、平らになるようにしましょう。


手順4
スポンジの手前2cmを残してフルーツを順におく。バナナ、1cmほど離してオレンジ、同様にキウイ、グレープフルーツ、イチゴ。

この順番は巻きやすくするためと、カットした時に色がきれいに出るように。巻き方のコツは、 やや埋め込むように、フルーツを軽く押さえます。
手順5
紙を持って芯を作らずにくるっと巻く。巻き始めと巻き終わりがほぼ重なるように、しっかりと押さえて冷蔵庫で2時間ほど冷やし固める。
手順6
両サイドを1cmほど切り落として、溶けない粉糖を軽くふる。

小さくカットするときは、切ってから粉糖をふって下さい。カットのラインがきれいに出ます。

カットするときは包丁を40℃位のお湯で温めて水気を切って使います。これを1カットごとに繰り返すのが、プロの切り方です。


料理研究家 いだ ようこ
「良い素材を使ったお菓子を娘に作りたい・・・」との思いでパティシエに。
理論に裏付けされた調理法や細部まで計算されたレシピは
「応用がきく!」「料理の腕が上がる!」と大人気。
その人柄に惹かれて通うファンも多い。
お教室情報はこちら

はちみつ(ハチミツ)・蜂蜜・自然食品の通販【山田養蜂場】