《港区立郷土歴史館令和4年度特別展》「“Life with ネコ”展」7月16日(土)~9月11日(日)開催

港区立郷土歴史館は、令和4(2022)年7月16日(土)~9月11日(日)に「“Life with ネコ”展」を開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/317317/LL_img_317317_1.jpg
ポスター

ネコの飼育頭数がイヌを上回ったという報道からもわかるように、現在、ネコを愛でる・飼育することが空前のブームとなっています。古くは弥生時代の遺跡からイエネコと思われる骨が出土していますが、ネコと人びとの関わりが密接になるのは江戸時代からでしょう。文献や浮世絵にはネコへの人びとの関心が垣間見えるほか、遺跡からはネコの供養塔が見つかり、丁寧に埋葬されたネコの骨が出土することもあります。一方で、化け猫伝説などが各地に残り、ネコと人びとの関係にはさまざまな側面があったようです。
本展では、今年の干支であるネコ科のトラや、ネコと共に人びとの身近に存在するイヌにも対象を広げ、ネコやこれらの動物と人びととの関わりの歴史を紹介します。

「“Life with ネコ”展」
https://www.minato-rekishi.com/exhibition/neko.html


■開催概要
●開催期間:令和4(2022)年7月16日(土)~9月11日(日)
●会場 :港区立郷土歴史館 特別展示室
(港区白金台4-6-2 ゆかしの杜内)
●開館時間:午前9時~午後5時(土曜日のみ午後8時まで)
※入館受付は閉館30分前まで
●休館日 :7月21日(木)・8月18日(木)
●観覧料 :大人 400円(320円) 小・中・高校生 200円(160円)
※常設展セット券 大人 600円(480円) 小・中・高校生 200円(160円)
※( )内は10名以上の団体料金です。
※港区在住・在学の小・中・高校生、港区在住の65歳以上の方、
港区在住の障害者とその介助者(1名)の観覧料は無料
(証明ができるものをご持参ください)
※8月11日(木・祝)は港区民無料公開日
(港区在住の証明ができるものをご持参ください)

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、混雑時は入場制限によりお待ちいただく場合があります。また、今後の状況により会期等が変更となる場合があります。


■特別展関連プログラム
<ギャラリー展「“うちのネコ”写真展」>
5月20日(金)~6月20日(月)の公募期間にSNS(Twitter/Instagram)にてご応募いただいた“うちのネコ”写真2,703点から50点を選出して展示いたします。
●会場 :港区立郷土歴史館 4階ギャラリー
●観覧料:無料
※開催期間、開館時間、休館日は「“Life with ネコ”展」に同じ

<講座(全3回)>
第1回 8月7日(日)
「動物考古学からみたネコの渡来と普及」
講師:丸山 真史 氏(東海大学准教授)

第2回 8月21日(日)
「浮世絵に描かれたネコたち」
講師:日野原 健司 氏(太田記念美術館主席学芸員)

第3回 8月28日(日)
「江戸時代の犬飼育書 -狆の飼育を中心に-」
講師:岩淵 令治 氏(学習院女子大学教授)

・時間 :午後1時30分~3時
・定員 :各回36名(抽選)
・参加費 :無料
・申込方法:往復はがきにて申込(詳細はホームページ参照)
・申込締切:《第1回》7月22日(金)必着
《第2回》7月29日(金)必着
《第3回》8月5日(金)必着


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?