「ココアミンのグローバル市場インサイト・予測(~2028年)の世界市場:種類別(純度99%、純度98%)、用途別(アミンエーテル合成原料)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2022年8月3日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「ココアミンのグローバル市場インサイト・予測(~2028年)の世界市場」調査資料の販売を2022年8月3日に開始いたしました。ココアミンの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:ココアミンのグローバル市場インサイト・予測(~2028年)
■英文タイトル:Global Cocoamine Market Insights, Forecast to 2028
■発刊日:2022年7月8日
■出版社:QYResearch(QYリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、世界のココアミンの市場規模は2022年にUS$xxxと推定され、調査期間中のCAGRはxxx%で、2028年までに再調整された規模はUS$xxxになると予測されています。この医療危機による経済変化を十分に考慮すると、2021年にココアミンの世界市場のxxx%を占める「純度99%」タイプは、2028年までにUS$xxxの規模になり、パンデミック後の修正xxx%CAGRで成長すると予測されています。一方、「アミンエーテル合成原料」セグメントは、この予測期間を通じてxxx%のCAGRに変更されます。
中国のココアミンの市場規模は2021年にUS$xxxと分析されており、米国とヨーロッパのココアミン市場規模はそれぞれUS$xxxとUS$xxxです。米国の割合は2021年にxxx%であり、中国とヨーロッパはそれぞれxxx%とxxx%です。中国の割合は2028年にxxx%に達し、対象期間を通じてxxx%のCAGRを記録すると予測されています。日本、韓国、東南アジアはアジアで注目市場であり、今後6年間のCAGRはそれぞれxxx%、xxx%、xxx%になる見通しです。ヨーロッパのココアミン市場については、ドイツは2028年までにUS$xxxに達すると予測されており、予測期間中のCAGRはxxx%になる見通しです。

ココアミンのグローバル主要メーカーには、Kao Chemicals、AKZO NOBEL、EVONIK、Shandong Kerui Chemicals、Suzhou Wedo Chemicals、Jinan Haihang Chemical、Shandong Paini New Materials、Vortex Products、Shandong Panze Chemical Technologyなどがあります。2021年、世界のトップ5プレイヤーは売上ベースで約xxx%の市場シェアを占めています。

ココアミン市場は、種類と用途によって区分されます。世界のココアミン市場のプレーヤー、利害関係者、およびその他の参加者は、当レポートを有益なリソースとして使用することで優位に立つことができます。セグメント分析は、2017年~2028年期間のタイプ別および用途別の販売量、売上、予測に焦点を当てています。

【種類別セグメント】
純度99%、純度98%、その他

【用途別セグメント】
アミンエーテル合成原料、潤滑油添加剤、ミネラル浮選剤、その他

【掲載地域】
北米:アメリカ、カナダ
ヨーロッパ:ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシア
アジア太平洋:日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、台湾、インドネシア、タイ、マレーシア
中南米:メキシコ、ブラジル、アルゼンチン
中東・アフリカ:トルコ、サウジアラビア、UAE

【目次(一部)】

・調査の範囲
- ココアミン製品概要
- 種類別市場(純度99%、純度98%、その他)
- 用途別市場(アミンエーテル合成原料、潤滑油添加剤、ミネラル浮選剤、その他)
- 調査の目的
・エグゼクティブサマリー
- 世界のココアミン販売量予測2017-2028
- 世界のココアミン売上予測2017-2028
- ココアミンの地域別販売量
- ココアミンの地域別売上
- 北米市場
- ヨーロッパ市場
- アジア太平洋市場
- 中南米市場
- 中東・アフリカ市場
・メーカーの競争状況
- 主要メーカー別ココアミン販売量
- 主要メーカー別ココアミン売上
- 主要メーカー別ココアミン価格
- 競争状況の分析
- 企業M&A動向
・種類別市場規模(純度99%、純度98%、その他)
- ココアミンの種類別販売量
- ココアミンの種類別売上
- ココアミンの種類別価格
・用途別市場規模(アミンエーテル合成原料、潤滑油添加剤、ミネラル浮選剤、その他)
- ココアミンの用途別販売量
- ココアミンの用途別売上
- ココアミンの用途別価格
・北米市場
- 北米のココアミン市場規模(種類別、用途別)
- 主要国別のココアミン市場規模(アメリカ、カナダ)
・ヨーロッパ市場
- ヨーロッパのココアミン市場規模(種類別、用途別)
- 主要国別のココアミン市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシア)
・アジア太平洋市場
- アジア太平洋のココアミン市場規模(種類別、用途別)
- 主要国別のココアミン市場規模(日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、台湾、インドネシア、タイ、マレーシア)
・中南米市場
- 中南米のココアミン市場規模(種類別、用途別)
- 主要国別のココアミン市場規模(メキシコ、ブラジル、アルゼンチン)
・中東・アフリカ市場
- 中東・アフリカのココアミン市場規模(種類別、用途別)
- 主要国別のココアミン市場規模(トルコ、サウジアラビア)
・企業情報
Kao Chemicals、AKZO NOBEL、EVONIK、Shandong Kerui Chemicals、Suzhou Wedo Chemicals、Jinan Haihang Chemical、Shandong Paini New Materials、Vortex Products、Shandong Panze Chemical Technology
・産業チェーン及び販売チャネル分析
- ココアミンの産業チェーン分析
- ココアミンの原材料
- ココアミンの生産プロセス
- ココアミンの販売及びマーケティング
- ココアミンの主要顧客
・マーケットドライバー、機会、課題、リスク要因分析
- ココアミンの産業動向
- ココアミンのマーケットドライバー
- ココアミンの課題
- ココアミンの阻害要因
・主な調査結果

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/QY2207C0880-Global-Cocoamine-Market-Insights-Forecast

■調査会社QYResearch社(QYリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/qyresearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはQYResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp





配信元企業:株式会社マーケットリサーチセンター
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?