「タカラ本みりんレシピコンテスト2020」グランプリレシピが決定「グリルで作るローストポーク」「みりんミルクアイス」がグランプリを受賞

宝酒造株式会社は、「タカラ本みりん」を使用した日本一のレシピを決定する「タカラ本みりんレシピコンテスト2020」にて、10月21日(水)に審査会を開催し、4名の審査員による採点と皆さまのInstagramの「いいね!」の投票から、優秀賞16レシピよりグランプリレシピを決定いたしました。
本コンテストでは、一般部門と親子部門が用意され、一般部門では、lunch.time240725さんが考案した「グリルで作るローストポーク」、親子部門では、わこさんが考案した「みりんミルクアイス」がグランプリを受賞。また、審査員のリュウジさんとギャル曽根さんより特別におすすめレシピを選定。リュウジさんが、一般部門よりとくとくさんの「きゅうりのみりん漬け」を、ギャル曽根さんは、親子部門より、ilovemirinさんの「親子DEコクうまナポリタン」を選定しました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/232561/img_232561_1.png
審査会では、創造性・見栄え・汎用性・普及性・本みりんの使い方の5項目から、審査員が採点を実施。「タカラ本みりん」を使用したカレーや旬野菜の炒め物、焼き菓子・アイスなど、食事からデザートまで様々なレシピが登場しました。審査員の佐々木さんは、「普段プロとしてみりんを使っていますが、こんなみりんの使い方があるんだと勉強させてもらいました。特に餡子やアイスは度肝を抜かれたような衝撃で僕らも活用していきたいなと思いました!」とコメントしました。
本コンテストは、“料理を作る楽しさを多くの方に伝え、和食文化の継承に貢献していきたい”という想いから開催を決定。宝酒造株式会社商品第三部長清水隆広は、「餡子やアイスなどのデザートをはじめとした、本みりんの幅広い活用方法など、今後も本みりんの可能性、魅力を広めていけるよう精進してまいりますので、皆様よろしくお願いいたします!」とコメントしました。また、審査員である服部幸應さんも「今回のコンテストではみりんの可能性を改めて感じました。僕たちもみりんの素晴らしさをさらに広げていきたいなと思います。」とコンテストと和食文化への想いをかたりました。
今回、コンテストで集まったオリジナルレシピは特設サイトにて公開しています。今後も、料理を作る楽しさを多くの方にお届けすべく、様々な活動を実施していきますので、ご期待ください。

■グランプリレシピ紹介

<一般部門>
グリルで作るローストポーク/ lunch.time240725(おうちごはんよりエントリー)

【紹介コメント】
味の染み込みをよくしたり、生臭みを消したり、旨みやコクをだしてくれたり、照りをだしてくれたり。ほんと、みりんは万能。塩カドも抑えられて旨みアップです!
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/232561/img_232561_2.jpg

【材料】
お好きな豚肉ブロック肉(今回は豚肩ロース):500g
お好みの香味野菜(今回は玉ねぎ、ニンニク、人参):適宜
アメリカンミックスソルト
(塩、ニンニク、コリアンダー、マスタードソース、黒胡椒、オレガノ、唐辛子、赤パプリカ入り):大さじ1と1/2
オールスパイス:小さじ1/2
オリーブオイル:大さじ3
タカラ本みりん「国産米100%」〈米麹で甘みまろやか〉:大さじ3
ローズマリーとタイム(あれば)

【作り方】
1.お肉は冷蔵庫から出して30分以上置き常温にしておく。
2.フォークで繊維を壊すように柔らかくなるまで刺す。
3.アメリカンミックスソルトとオールスパイスを両面によーくすりこんだら、オリーブオイル大さじ1をかけてコーティングし、約15分放置。
4.その間に香味野菜を切る。玉ねぎやニンニクは皮つきのままがおいしい。
5.グリルパンにお肉と野菜を乗せて、残りのオリーブオイルをたっぷりと回しかけ、まとわせる。
6.さらにみりんをたっぷり回しかけたら蓋をしてグリルで20分焼く。
7.焼き終わったらアルミホイルをかぶせて、1時間くらい放置。余熱でちょうどよく火が入ったら完成。

<残ったオイルでソース作り>
玉ねぎ1/2個をみじん切りにし、ローストポークを焼いたときに出たオイル大さじ2で煮る。玉ねぎが透明になったら、タカラ本みりん大さじ2、しょうゆ大さじ2、酒大さじ2、蜂蜜小さじ1をすべて合わせて軽く煮詰める。スライスしたローストポークにソースをかけて召し上がれ!

<親子部門>
みりんミルクアイス/ わこ さん (みんなのきょうの料理よりエントリー)

【紹介コメント】
3種類の材料でつくる優しい甘さのミルクアイスです。ぜひお子さんと一緒につくってみてください。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/232561/img_232561_3.jpg

【材料:2人分】
タカラ本みりん「国産米100%」〈米麹で甘みまろやか〉:80ml
生クリーム:50ml
牛乳:50ml





【作り方】
1.タカラ本みりんは半量になるまで煮詰める。
2.ポリ袋に生クリームと牛乳と1のタカラ本みりんを加えて冷凍庫で凍らせる。
3.途中で2度ほどもみほぐし、しっかり凍ったらでき上がり。

■審査員コメント

■ 服部学園理事長 服部幸應
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/232561/img_232561_5.jpg
「今回のコンテストではみりんの可能性を改めて感じました。和のお菓子にも、ナポリタンという洋の料理にも使えて、僕たちもみりんの素晴らしさをさらに広げていきたいなと思いました。普段、多くのコンテストに出ていますが、本みりんにフォーカスすることがなかったのでみりんの良さを見つめられる良いコンテストだったと思います。」

■和食割烹「祇園さゝ木」 佐々木浩
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/232561/img_232561_6.jpg
「こんなみりんの使い方があるんだなと、勉強させられたなという一言に尽きます。特に餡子とみりんミルクアイスには度肝を抜かれましたね。僕らもうまく活用していきたいなと思いました。またみりんの良さである“カドをとれる”ことを説明するのにナポリタンは一番だなと。説明しなくても食べれば分かるので、是非皆さんに食べていただきたいです。」

■ギャル曽根
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/232561/img_232561_7.jpg
「これまでお料理には使ってましたが、デザートにも使える事がわかって驚きました。今回の餡子やアイスが特にそうなんですが、みりんだからこその甘さが出ていておいしくて、簡単なレシピも多かったので、家でも真似したいと思いました!」

■料理研究家・リュウジ
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/232561/img_232561_4.jpg
「今回のレシピコンテストは、目新しいレシピが多く、接戦だったと思います。どのレシピも“タカラ本みりん”の甘さを生かしていてすごく勉強になりました。料理研究家の僕からみても参考になるレシピ・作ってみたくなるレシピが多くあり、すごくいいコンテストだったと思います。」

<タカラ本みりん商品概要>
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/232561/img_232561_8.png
“タカラ本みりん「国産米100%」〈米麹で甘みまろやか〉500MLらくらく調節ボトル”は、原材料であるもち米、米こうじに全て国産米を使用した、中容量サイズの本みりんです。ボトルキャップには細口(上段)と広口(下段)の二段式のキャップを採用。これにより、計量スプーンを使用するなどちょっと使いたいときは細口、計量カップを使用するなどたっぷり使いたいときは広口というように、キャップを切り替えることで、お客様の使いたい量を簡単に調節できます。近年、世帯人数の減少を背景に、中小容量に対するニーズも高まりを見せており、本みりんの市場でも中小容量サイズの販売数量が伸長しています。

また、食に対する安全意識の高まりにより、国産の原材料を使用した食品を求めるお客様が増えています。

<タカラ本みりんレシピコンテスト2020 概要>
■コンテスト名
~にっぽんの食卓をお酒のチカラでもっとおいしく~タカラ本みりんレシピコンテスト2020
■特設サイトURL
https://takara-recipecontest.jp/
■テーマ
おうちのとっておきレシピ(和洋中ジャンル不問)
■応募部門
1.一般部門 2.親子部門(どなたでも応募可能)
3.流通部門(小売企業等に勤務されている方)
■応募受付
1.2レシピメディア
クックパッド、レシピブログ、おうちごはん、みんなのきょうの料理
3.特設サイト
■レシピ応募期間(予選)
2020年8月3日(月)~ ※応募締切はレシピメディアにより異なります。
■投票&審査期間(決勝)
2020年10月5日(月)~10月18日(日)
■審査員
服部幸應(服部学園 理事長)、佐々木浩(祇園さゝ木 主人)
ギャル曽根(タレント)、リュウジ(料理研究家)
■賞品
【グランプリ】佐々木浩さん&ギャル曽根さんのとっておきオリジナルレシピ、
佐々木浩さん料理教室ご招待、タカラ本みりん厳選セット(計2名様)
【優秀賞】 タカラ酒類調味料セット、リュウジさんサイン入りレシピ本(計48名様)
■後援
NPO 法人日本料理アカデミー


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?