「タカラ レシピコンテスト2021」グランプリ決定!



画像 : https://newscast.jp/attachments/ioRf6au3aYg4i5oLNwE7.jpg
左から、「本みりんと材料3つ!炊飯器でふわふわ台湾カステラ!」「鶏のレンジ酒蒸し」 「タカラ本みりんと料理のための清酒で、チキンステーキのオレンジソース添え」


 宝酒造株式会社は、「タカラ レシピコンテスト2021」のグランプリレシピ試食審査会を7月1日(木)に実施し、応募総数2,999件の中から、募集3コースそれぞれのグランプリレシピを決定しました。
グランプリに輝いたレシピは、「本みりんコース」は、いちじくさんの「本みりんと材料3つ!炊飯器でふわふわ台湾カステラ!」、「料理のための清酒コース」は、うりんこさんの「鶏のレンジ酒蒸し」、「本みりん&料理のための清酒コース」は、ゆりぽむさんの「タカラ本みりんと料理のための清酒で、チキンステーキのオレンジソース添え」です。
 「タカラ レシピコンテスト2021」は、お酒のチカラで普段の料理を“もっとおいしく”楽しんでいただくことを目的とし、“タカラ本みりん”と“タカラ「料理のための清酒」”を使用した日本一のレシピを決定する6レシピメディア横断型のコンテストです。「“お酒のチカラ”がわかるレシピ」をテーマに、4月12日(月)より6つのレシピメディア(「クックパッド」「レシピブログ」「おうちごはん」「みんなのきょうの料理」「mamasta」「オリーブオイルをひとまわし」)にて、「本みりんコース」「料理のための清酒コース」「本みりん&料理のための清酒コース」の3コースごとにレシピを募集した結果、全2,999品のレシピが集まりました。
 今回は、これら応募レシピより優秀賞に選出された各コース6品・全18レシピの中から、一般の方によるオンライン投票と、本コンテストの審査員(服部学園 理事長の服部幸應さん・和食割烹「祇園さゝ木」の佐々木浩さん・ギャル曽根さん・料理家ユニットぐっち夫婦さん)の試食審査により、グランプリレシピを決定しました。
 当社は、「タカラ レシピコンテスト2021」のグランプリレシピの発表を通じて、料理を作る楽しさをより多くの方にお伝えするとともに、“タカラ本みりん”と“タカラ「料理のための清酒」”の活用シーン拡大と、ブランドイメージの向上に努めてまいります。


【グランプリレシピ】


▼本みりんコース


「本みりんと材料3つ!炊飯器でふわふわ台湾カステラ!」


いちじくさん(「みんなのきょうの料理」よりエントリー)


本みりんのまろやかな甘さと相性抜群。
【材料】(4人分)
●卵…3コ
●ホットケーキミックス…50g
●タカラ本みりん…50ml
●サラダ油…50ml


【作り方】
<準備>炊飯器にサラダ油(分量外)を薄く塗っておきます。卵は卵黄と卵白に分けておきます。
(1)耐熱用のボウルに油を入れて、電子レンジ(600W)で約20秒間温めます。そこに、ホットケーキミックスを加えて、泡立て器でしっかり混ぜ合わせます。
(2)タカラ本みりんも耐熱容器に入れて、電子レンジ(600W)で約20秒間温めて、(1)に加えて、更にしっかり混ぜ合わせます。
(3)(2)に卵黄を加えて、しっかり混ぜます。
(4)別のボウルで、卵白を泡立てます。しっかりツノが立つくらいに泡立ててください。
(5)(3)に(4)を2回に分けて加え、泡をできるだけ潰さないように気をつけながら、ゴムベラで混ぜ合わせます。
(6)(5)を炊飯器に流し入れ、普通の炊飯の要領でスイッチを押します。炊き終わったら、竹串を刺して生地がつかなければ、炊飯器から出し、粗熱をとったらできあがりです。まだ焼き上がっていないようであれば、もう1度、スイッチを入れてみてください。冷やしてもおいしく召し上がれます。
※お使いの炊飯器によってはこの調理方法が適さない場合もありますので、取扱説明書をよくご確認のうえ調理ください。


▼料理のための清酒コース


「鶏のレンジ酒蒸し」


うりんこさん(「オリーブオイルをひとまわし」よりエントリー)


簡単レンジ調理で、鶏がふっくら柔らかに、清酒は濃厚なスープに。
【材料】
●鶏肉…2〜3枚(もも・胸どちらでも)
●塩…小さじ1/3〜1/2(鶏肉1枚あたり)
●タカラ「料理のための清酒」…約150ml〜200ml
●胡椒…適量


【作り方】
(1)高さのある大きめの耐熱容器に、余分な脂肪を除いた鶏肉を広げ、枚数に応じた塩をまんべんなく振りかける。
(2)タカラ「料理のための清酒」を鶏肉がひたひたに浸るまでたっぷり入れる。
(3)ラップを落とし蓋のようにふわっとかぶせ、電子レンジ600Wで約6〜8分加熱する。
(4)一度レンジから取り出して肉の上下を返し、煮汁が澄んで透明になるまでさらに600Wで4〜6分加熱する。
(5)好みの大きさにカットして、胡椒を振ったら完成。
(6)煮汁は4〜5倍に水で薄め、お好みの野菜と刻んだ蒸し鶏を入れて温めるとスープに。


▼本みりん&料理のための清酒コース


「タカラ本みりんと料理のための清酒で、チキンステーキのオレンジソース添え」


ゆりぽむさん(「レシピブログ」よりエントリー)


お肉を焼いた後のフライパンを使ってソースを作る事で、お肉の旨味を活かした仕上がりになります。
【材料】(2人分)
●鶏もも肉…1枚(250g程度)
●タカラ「料理のための清酒」…小さじ2
●塩…小さじ1/2
●白胡椒…1〜2振り
●オレンジ…1個(またはオレンジジュース100cc)
●タカラ本みりん…大さじ1
●醤油…小さじ1/2
●塩…少々
●白胡椒…1〜2振り


【作り方】
<準備>
・鶏肉は筋などが目立つ様であれば切っておきます。
・オレンジは半分に切り半量搾り、分量のタカラ本みりんと合わせておきます。
・オレンジの残り半分は5mm厚さ程度の銀杏切りにしておきます。
(1)鶏ももの両面にタカラ「料理のための清酒」、塩、白胡椒をすり込み10分程度置いておきます。
(2)(1)をフライパンに乗せ皮目から弱火でゆっくり焼いていきます。焼いている間は動かさずにこのままそっとしておきます。
(3)20分程度弱火でじっくり皮目を焼いたらひっくり返し5〜6分そのままの火加減で加熱して火を通します。※焼き上がったら器に盛っておきます。
今回鶏肉はじっくり焼く方法を取っておりますが、強火で皮目を焼いて裏返し、蓋をして中火で蒸し焼きにする他、魚焼きグリルで焼くなど色々な方法がありますので、お好みの焼き方で行ってくださいね。
(4)(3)のフライパンは洗わずに合わせておいたオレンジ果汁とタカラ本みりんを加えます。
(5)中火にかけ半量になるまで煮詰め、醤油と白胡椒、塩をひとつまみ程度加えます。
(6)(5)のソースに切ったオレンジを加えてざっと混ぜてソースの出来上がり。
(7)鶏肉に(6)のソースを添えて出来上がり。
ワンポイント:オレンジは、ネーブルやデコポンなどお好みのものをお使い下さい。みかんでもOKです。


◎詳細はコンテスト特設サイトにてご確認ください。


▼「タカラ レシピコンテスト2021」特設サイトURL
https://takara-recipecontest.jp/


・ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。最新の情報と異なることがありますのでご了承ください。
・商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?