「ヘッドライトクラック除去」業販受注の提供開始~除去不可能とされてきた輸入車ヘッドライトクラックのリペア~

ヘッドライトリペア専門サイト「ヘッドライト黄ばみ110番」を運営するCar Goshi-Goshi(所在地:愛知県豊川市、代表:三瀬 大資、以下「カーゴシゴシ」)は、輸入車に発生する無数のひび割れ(クラック)の除去施工について、2021年4月1日から業販受注サービスの提供を開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/254207/LL_img_254207_1.jpg
ヘッドライトクラック(VW)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/254207/LL_img_254207_2.jpg
施工後のヘッドライト(VW)

「ヘッドライト黄ばみ110番(カーゴシゴシ)」
https://headlight-kibami.com/


【提供の背景】
現在、自動車のヘッドライトは経年劣化による黄ばみ・クラックの発生がユーザーの悩みの種となっています。その中でも輸入車のヘッドライトの表面に無数に発生する細かなひび割れは、一般的には除去不可能とされ、ひどい場合は新車から2、3年で発生するケースもあります。そのため、ヘッドライトクラックの悩みを解決する方法は新品交換しかないとされてきました。しかしヘッドライトユニットは片側だけでも10万円以上するものが多く、交換するか、我慢して乗り続けるか、車両オーナーもなかなか決断できないものでした。
カーゴシゴシでは、輸入車のヘッドライトの構造や素材を研究し最適な施工法を見つけ出し、ヘッドライトを分解することなくすべてのクラックを除去することが可能となり、さらにクラック除去後には飛び石や生活傷からも守れるプロテクションフィルムを施工することで新品よりも長い耐久性となりました。
また、カーゴシゴシのヘッドライトリペアは、車両持込はもちろん、ヘッドライトを取り外して送っていただく「郵送施工サービス」も展開しており全国から受注可能です。今まで、一般ユーザーからの直接受注をメインに展開してきましたが、輸入車ディーラー・販売店にも自社ユーザーから同様の多くの相談があるというお声をいただき、この度全国の自動車関連業者様向けに業販受注サービスを本格的に開始させていただきます。


【「ヘッドライトクラック除去」のサービス概要】
<特長>
従来、輸入車におけるヘッドライトクラックに関しては、「内側から発生している」という理論の元、除去不可能とする業者が一般的でした。ユーザーがこのクラックの悩みを解決するには交換しかないとされ高額出費を迫られていました。
カーゴシゴシでは、この不可能とされてきたヘッドライトクラックを、ユニットを分解することなくすべて除去・リペア可能です。また、リペア後にプロテクションフィルムを施工するため耐久性も純正同等かそれ以上となります。

<価格(税別)>
一般価格:49,800円
業販価格:毎月の受注件数により割引率変動

<詳細・申込>
https://headlight-kibami.com/


■会社概要
ヘッドライト黄ばみ110番
運営会社: Car Goshi-Goshi カーゴシゴシ
代表 : 三瀬 大資
所在地 : 〒441-0105 愛知県豊川市伊奈町北村213
設立 : 2009年8月
TEL : 0533-78-4854
FAX : 0533-75-6649
Mail : info@car-goshi-goshi.com
URL : https://headlight-kibami.com/


【本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先】
Car Goshi-Goshi(カーゴシゴシ)
Tel:0533-78-4854


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?