「世界の冬物衣料(ウィンターウェア)市場2022年-2031年:製品別(セーター&カーディガン、ジャケット・コート・ブレザー)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2022年12月15日
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界の冬物衣料(ウィンターウェア)市場2022年-2031年:製品別(セーター&カーディガン、ジャケット・コート・ブレザー、スカーフ・ショール・ストール・マフラー、スウェット・パーカー・プルオーバー、サーマル、グローブ、アクセサリー)」調査資料の販売を2022年12月15日に開始いたしました。冬物衣料(ウィンターウェア)市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界の冬物衣料(ウィンターウェア)市場2022年-2031年:製品別(セーター&カーディガン、ジャケット・コート・ブレザー、スカーフ・ショール・ストール・マフラー、スウェット・パーカー・プルオーバー、サーマル、グローブ、アクセサリー)
■英文タイトル:Winter Wear Market (Product: Sweaters and Cardigans; Jackets, Coats, and Blazers; Scarves, Shawls, Wraps, Stoles, and Mufflers; Sweatshirts, Hoodies, and Pullovers; Thermals; Gloves; and Accessories) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031
■発刊日:2022年12月5日
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
冬物衣料(ウィンターウェア)とは、寒さをしのぐための衣服のことです。ウィンターウェアの市場は、主に技術革新と消費者の嗜好の進化によって牽引されています。ウィンターウェアは、世界の大半の地域で季節の衣料品として大別されます。その需要は、米国、カナダ、英国、グリーンランド、アイスランド、フィンランドなどの著名な寒冷地で著しく高くなっています。
主要な既存および新規のプレーヤーは、製品開発活動に多額の投資を行っています。世界の冬物衣料(ウィンターウェア)の業界動向、特に欧州や北米などの地域では、環境問題の高まりから、製品の持続可能性に焦点が当てられています。
冬服メーカー&サプライヤーは、素材調達、生地の選択、冬服の衣装の革新に集中しています。企業は、世界的な冬服の需要の増加を考慮し、製品の品質を向上させるために、生地と断熱技術の開発を活用しています。断熱性・保温性を向上させた次世代ファブリックの利用拡大が、予測期間中の市場統計を後押ししそうです。

製品別では、スカーフ、ショール、ラップ、ストール、マフラーの分野が、予測期間中に世界市場を支配すると予想されます。これは、これらの製品がユニークなデザインで入手可能であることに起因しています。冬物製品は、ウール、綿、アクリル、ポリエステルなど、さまざまな素材で提供されています。
市場参加者は、生地技術の進歩を活用し、快適で軽量、かつしなやかな製品の製造に注力しています。世界の冬物衣料小売業者は、消費者の注目を集めるために、消費者への直接販売(DTC)戦略をとっています。VF Corporationは、収益シェアを拡大するためにDTC(消費者への直接販売)戦略に投資しています。同社は、旗艦店、売店、独自のeコマースサイトを通じてDTC戦略を展開しています。

冬物衣料(ウィンターウェア)の販売には、気候条件が重要な役割を果たします。北米やヨーロッパでは、他の地域に比べて冬の期間が長くなります。そのため、これらの地域では防寒着の市場が急成長しています。北米や欧州では、スキーやスノーモービルなどのウィンタースポーツがますます盛んになっています。ウィンタースポーツへの参加者の増加により、予測期間中にウィンターウェアの市場シェアが高まると予想されます。
メリノウール、ダウン、フリース、毛皮などの天然素材から作られた防寒着の需要の増加は、近い将来、市場の進展を促進する可能性があります。小売業者は、顧客層を広げるために、冬季に大幅な割引を行うことが多く、
全米スキー場協会(NSAA)によれば、ウィンタースポーツが盛んなことが、冬物衣料の需要を高めています。スキー場は2021年から2022年にかけて、総来場者数610億人を記録しました。これは前シーズンより3.5%増加し、同協会が1978年に訪問者数の記録を開始して以来、最高の数字を記録しました。

生地別に見ると、世界の防寒着市場は、天然素材(ウール、綿、その他)と人工素材(アクリル、ポリエステル、その他)に二分されます。近い将来、天然素材がより高い市場シェアを占めると予想されます。天然素材は、冬の寒い時期に身体を暖かく保つことができます。ウールやコットンは湿気に強い生地です。

2021年、アジア太平洋地域は世界の冬物衣料(ウィンターウェア)産業の主要シェアを占めました。防寒着市場調査報告書によると、同地域は予測期間中もそのシェアを維持すると予測されています。アジア太平洋地域では、綿花栽培の増加により、防寒着製品の消費者層が拡大しています。また、人口の増加や消費者の可処分所得の増加が、さまざまな防寒着に対する市場の需要に拍車をかけています。このため、予測期間中に市場が拡大することが期待されます。
アジア太平洋地域の冬物市場は、ヨーロッパと北米の冬物市場に続くものと思われます。欧州では、女性用防寒着や男性用防寒着の需要が高まっていることから、欧州の防寒着市場規模は予測期間中に拡大するものと思われます。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/winter-wear-market-product-sweaters-and-cardigans-jackets-coats-and-blazers/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.co.jp/
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp





配信元企業:株式会社マーケットリサーチセンター
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?