「世界の産業用ワークウェア(作業着)市場2022年-2031年:種類別(トップウェア、ボトムウェア、フットウェア)、フィットタイプ別、価格別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

2022年12月26日
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界の産業用ワークウェア(作業着)市場2022年-2031年:種類別(トップウェア、ボトムウェア、フットウェア、オーバーオール)、フィットタイプ別(メンズ、レディース、ユニセックス)、価格別(低価格、中価格、高価格)」調査資料の販売を2022年12月26日に開始いたしました。産業用ワークウェア(作業着)市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界の産業用ワークウェア(作業着)市場2022年-2031年:種類別(トップウェア、ボトムウェア、フットウェア、オーバーオール)、フィットタイプ別(メンズ、レディース、ユニセックス)、価格別(低価格、中価格、高価格)
■英文タイトル:Industrial Workwear Market (Type: Top Wear, Bottom Wear, Footwear, and Overalls, Fit Type: Men, Women, Unisex; Pricing: Low, Medium, High) - Global Market Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031
■発刊日:2022年12月5日
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
産業用ワークウェア(作業着)は、危険な作業環境や過酷な環境条件から作業者を守るために特別に設計された様々な人工繊維、衣服、履物を含む衣服の一種です。産業用ワークウェア(作業着)は、職場の危険から生じる潜在的なリスクに応じて、多様な素材や生地で提供されています。手術衣、白衣、カバーオール、エプロン、ジャケット、ボトムス、シューズ、ベスト、全身スーツなどです。
さらに、メーカーは、難燃性、高視認性加工、耐シワ性、撥水性、帯電防止、抗菌性などの機能を備えた保護作業着を提供しています。その結果、自動車、石油化学、建設、鉱業、物流などの最終用途産業では、保護作業着の需要が増加しています。

高品質の産業用衣料が不足しているため、世界中で労働災害が増加しています。労働者災害補償の実態と統計によると、米国では毎年約410万人の労働者が業務上の怪我や病気に悩まされています。米国における仕事中の病気、怪我、死亡事故の年間コストは約1,555億米ドルです。そのため、安全で信頼性の高い安全服の需要は世界中で高まっています。
新興国における工業化や、高品質な作業着の製造・販売に関する厳しい基準や規制の施行が、世界各国の市場統計を後押ししています。産業用作業着のニーズは、自動車、化学、石油・ガス、その他の産業が世界的に拡大し、職場の安全基準の実施により、保護服の着用が選択されていることに起因しています。

新興国における工業化は、労働生産性を向上させるために産業用ワークウェア(作業着)の採用を後押ししています。産業用作業着の需要は、いくつかの産業における安全基準の厳格な施行によって促進されています。自動車、石油化学、建設、鉱業、物流など、水分管理や熱調節機能を備えた高機能ファブリックを利用する産業が増加しています。また、炎や裂け目、擦り傷、摩耗に強い高品質な新素材も開発されています。
産業用作業着メーカーは、厳しい業界基準に適合する新しいデザインの開発に重点を置いています。例えば、ノルウェーに本社を置く研究機関SINTEFは、シベリア、アラスカ、北海の極寒の油田に適した作業着を開発したパイオニアです。
再生ポリエステルを使用したワークウェア(作業着)は、プラスチック廃棄物を再利用することができます。産業用作業着を製造するループ・ワークウェアは、堆肥化可能、生分解可能、牛乳や清涼飲料水のペットボトルから作られたリサイクルポリエステル100%の作業着など、さまざまな種類の作業着を提供しています。

産業用ワークウェア(作業着)の市場予測レポートによると、産業用作業ズボン、シャツ、Tシャツ、ジャケット、視認性アパレル、ベストなどのトップウェアの需要は、今後数年間は高い水準を維持すると見られています。多様なトップウェア製品の入手が可能であることが、予測期間中にトップウェアの市場需要をさらに押し上げると推測されます。
また、カバーオールは、身体から汚れや流出を防ぐために、建設作業着としてワンピース型のスーツとして頻繁に着用されています。数多くの大手企業が、耐薬品性、耐熱性、耐電子性、耐弾性、耐火性を備えた作業着の開発に注力しています。これは、予測期間中に産業用ワークウェア(作業着)市場の発展にプラスの影響を与えると予想されます。

最終用途産業に基づいて、市場は建設、ホームサービス、セキュリティサービス、ケータリングサービス、設置サービス、輸送、接客、林業、食品加工&サービス、石油&鉱業、電気通信、製造、自動車、化学、造園、その他から構成されています。製造部門は、予測期間中、世界の産業用ワークウェア(作業着)市場の主要なシェアを占めると予想されます。これは、製造業の労働集約的な性質と、世界中で職場の安全規制が厳しく実施されていることに起因しています。

欧州は、主要メーカーの存在と著しい技術的進歩により、予測期間中に世界市場を支配する可能性が高いです。欧州における産業用作業着の販売増加は、主に製造業、石油・ガス、鉱業、化学、バイオ医薬品などの産業の成長によるもので、ドイツは、厳しい職場の安全規制のため、予測期間中に欧州の産業用作業着市場を支配すると予想されます。
アジア太平洋地域の産業用作業着市場は、予測期間中に急成長すると予想されています。工業化、職場の安全性に対する意識の高まり、厳格な規制の実施などが、アジア太平洋地域の市場躍進の主な要因となっています。アジア太平洋地域の新興国における建設作業着の需要の高まりは、同地域の市場拡大をさらに後押ししています。
北米の産業用作業着市場は非常に成熟しています。北米の他の国々と比較して、米国は産業用作業着の市場シェアが大きく、これは同地域に著名なメーカーが存在するためです。北米では、新技術に基づく革新的な製品を開発するための研究開発への投資が増加しており、予測期間中に同地域の市場シェアが上昇する可能性が高いです。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/industrial-workwear-market-type-top-wear-bottom-wear-footwear-and-overalls/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.co.jp/
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp





配信元企業:株式会社マーケットリサーチセンター
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?