「全国登山鉄道‰(パーミル)会」に新たな仲間が加入しPRキャンペーンを実施

箱根登山鉄道、富士急行、大井川鐵道、叡山電鉄、南海電気鉄道、神戸電鉄の6社では、『観光地が沿線にあり、かつ登山鉄道としての性格を有している』という共通点があることから、勾配を示す単位「‰」(パーミル)になぞらえた「全国登山鉄道‰(パーミル)会」を2009年9月に結成し、各社沿線の見所を紹介するパンフレットを作成するなど共同での旅客誘致に努めています。
このたび、新たにアルピコ交通が3月22日(金)に加入することになり、3月23日(土)に南海電気鉄道の難波駅において、7社合同で沿線の観光PRや鉄道グッズ販売などを実施します。
詳細は別紙のとおりです。

アルピコ交通株式会社について
長野県で鉄道・バス事業を中心に営むアルピコホールディングス株式会社の完全子会社。松本駅~新島々駅間14.4キロメートルを結ぶ「上高地線」は、北アルプス登山に向かう旅客輸送を担う要の路線です。車窓から北アルプスを望みながら標高約700mの区間を運行し、終点の新島々駅に併設するバスターミナルを介して、上高地・乗鞍・白骨温泉などへの玄関的な役割を果たしています。

以 上

(別紙)
PRキャンペーン・グッズ販売会について
1.開催日時 2019年3月23日(土) 11時~16時
2.開催場所 南海電気鉄道 難波駅2階イベントスペース
3.内 容
(1)‰会各社沿線の観光パンフレットなどの配布
(2)鉄道グッズ販売
(3)鉄道模型ジオラマ展示
(4)運転台からの展望等が楽しめるDVDの放映
※イベント内容は、予告なく変更になる場合があります。



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?