「奈良斑鳩ツーリズムWaikaru」に併設した法隆寺が窓から見える民泊『いかるが日和』が年内に正式オープン!

斑鳩産業株式会社(本社:奈良県生駒郡斑鳩町、代表:井上 雅仁)は、運営する観光体験施設「奈良斑鳩ツーリズムWaikaru」に併設された、一棟貸の宿『いかるが日和』が年内に完全連携したホームページを完成させ、“泊まれて体験できる民泊”として正式にグランドオープンすることをお知らせいたします。
「いかるが日和」は、日本初の世界文化遺産登録(1993)「法隆寺」のある奈良県斑鳩町で第一号の民泊施設で、部屋の大きな窓から法隆寺を眺める事のできるのが特徴です。
『奈良斑鳩ツーリズムWaikaru』では12種類の中から選んでバギー・トゥクトゥクなどを体験することができ、現在はお電話にて宿泊・体験を同時予約することができます。

体験内容の詳細: http://waikaru.com/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/199603/LL_img_199603_1.jpg
『いかるが日和』(最大宿泊人数10名様)

奈良・斑鳩の旅は飛鳥時代から伝承される歴史や文化とともに1,400年前と変わらぬ風景『いかるがの里』を感じていただけます。「いかるが日和」はそんな旅の疲れを癒し暮らすように泊まる一棟貸の宿となっています。


■「いかるが日和」施設案内
2019年6月に室内改装したばかりの「いかるが日和」は、最大10名様まで対応しているため、3世代ご家族や友人グループ旅行でもご利用いただけます。室内には高速インターネット(Wi-Fi)もご用意。和風な外観と落ち着いた和モダンな内装空間で旅の疲れを癒します。
2階の「万葉」には、法隆寺を眺めることができる大きな窓があります。
また、無料貸出可能なレンタサイクルが3台あります。
「いかるが日和」動画
https://www.youtube.com/watch?v=_vipNbYYeRE


■アクセス抜群で拠点に最適な理由
当施設は法隆寺・中宮寺まで徒歩6分という最高のロケーションで落ち着いた和モダン空間を実現いたしました。奈良市の「東大寺」・「奈良の大仏」・「春日大社」、奈良県中南部の観光地、「吉野」・「明日香」などへも足を伸ばしやすい立地となっています。高速道路のICも近いので大阪(大阪市内・USJ)・兵庫(神戸市内・有馬温泉)・京都(京都市内・宇治市)・和歌山(高野山)などの人気観光地にも約1時間で行くことが可能です。
また2019年春に開業した「おおさか東線」では新大阪駅から奈良駅へ「直通快速」が運行されたので、電車移動での拠点にもオススメできる施設です。

Airbnbからの予約はコチラ
https://www.airbnb.jp/rooms/34402271?s=67&shared_item_type=1&virality_entry_point=1&source_impression_id=p3_1574647919_XZejkDSNBknrpVEQ

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/199603/LL_img_199603_2.jpg
夜外観・和室・リビング・庭

■いかるが日和 概要
所在地 :奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺東1-6-30
チェックイン時間 :15:00~20:00
チェックアウト時間:11:00
定休日 :毎週水曜日(祝営業・チェックアウトは可能)
交通 :(1) 車…西名阪自動車道 法隆寺I.Cより10分
(2) 電車…JR関西本線 法隆寺駅より徒歩19分
(3) バス…奈良交通 中宮寺前停留所より徒歩4分


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?