「羊羹」×「アミノ酸」!片手で美味しくエナジーチャージできる和菓子屋のスポーツ向け羊羹 『エナジーようかん タフネス ブラックコーヒー味』新発売

株式会社榮太樓總本鋪(本社:東京都中央区日本橋、代表取締役社長:細田 眞)は、ウェルネス食品ブランド「からだにえいたろう」から新しく『エナジーようかん タフネス ブラックコーヒー味』を2019年11月1日(金)に発売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/196277/LL_img_196277_1.jpg
エナジーようかん タフネス ブラックコーヒー味

■『エナジーようかん』とは?
「羊羹」×「アミノ酸」!
『健康感』×『和の菓子』をコンセプトとする『からだにえいたろう』が提案する片手で美味しくエナジーチャージできる和菓子屋の本格的なスポーツ向け羊羹。ランニングやジムなどの日々の運動や、激しいスポーツをする前や休憩中、運動後に是非ご利用ください。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/196277/img_196277_2.jpg
ランニング時にも

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/196277/img_196277_3.jpg
スポーツ時にも

■『エナジーようかん タフネス ブラックコーヒー味』商品紹介
行動食として注目されている「羊羹」に味の素株式会社が開発したロイシン高配合の必須アミノ酸ミックス「AminoL40」を加えた「スーパー行動食ようかん」です。

※1本(30g)当たりAminoL40 1,000mg配合
ロイシンなどのアミノ酸独特の風味を珈琲の風味と苦味で抑えつつ、珈琲の苦みが癖になる味に仕立てました。
※AminoL40とは?
味の素株式会社が独自に開発したロイシン高配合の必須アミノ酸ミックスで、筋肉のもととなるたんぱく質の材料となります。

商品名 :からだに元気シリーズ エナジーようかん タフネス ブラックコーヒー味
発売日 :2019年11月1日(金)
価格 :オープン価格
※想定価格(税抜):単体250円前後
賞味期限:常温390日
購入場所:からだにえいたろうECサイト、
楽天市場・Yahoo!ショッピング他ショッピングモール、
榮太樓總本鋪本店、一部 百貨店・ドラッグストア・病院売店など


◆からだにえいたろうとは◆
文政元年(1818年)創業「榮太樓總本鋪」の「榮太樓」ブランドのサブブランドです。
食物の栄養素が人にもたらす「健康感」と「和の菓子」の融合をコンセプトとし、多く摂取することで体に良い状態に繋げる「プラス」の栄養素と、摂取を抑えることで体に良い状態に繋げる「マイナス」の栄養素に分けて考えています。
また「和の菓子」とは、小豆、大豆、小麦、発酵食品など日本古来より伝わる食材を使い、和の要素を盛り込んだ菓子や飲料のことを示します。
菓子は5感に加え、文化を楽しむ『嗜好品』であり、本質は「心の食べ物」「心の栄養」であります。創業当時から日本古来の食文化を伝えてきた榮太樓が、「食物の栄養素がもつ機能性」という新しい要素を通じて、次の世代に伝えていきたい和の菓子を提供してまいります。
からだにえいたろうのブランドロゴは、お盆に菓子の「まんじゅう」と「豆」を載せ、食物の栄養素の「取りたい」プラスと「取り過ぎないように抑える」マイナスを頭に表現したデザインです。
「からだにえいたろう」公式ブランドサイト: http://www.karadanieitaro.jp/


■株式会社榮太樓總本鋪について
文政元年(1818年)、飯能の菓子屋細田徳兵衛が孫二人を連れて江戸に出府、「井筒屋」の屋号を掲げ九段坂で菓子製造販売を始めました。やがて、徳兵衛の曾孫に当たる細田安兵衛三世(幼名、栄太郎)が安政四年(1857年)に日本橋のたもと西河岸町に店を構えます。その後、屋号を自己の幼名にちなんで「榮太樓」とあらため、甘納豆の元祖「甘名納糖」や有平糖「梅ぼ志飴」、「玉だれ」などを創製しました。
http://www.eitaro.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?