「美術品入札会 廻 -MEGURU- 」Vol.12を11/5~11/13に開催 ―河鍋暁斎、東山魁夷、近藤浩一路、近現代彫刻のブロンズ作品を特集 約360点を出品―

株式会社加島美術(以下、加島美術)と株式会社ビーエスフジ(以下、BSフジ)は、2022年11月5日(土)から11月13日(日)にかけて、「美術品入札会 廻 -MEGURU-」Vol.12を共同開催します。会期中は、加島美術(東京 京橋)にて下見会を実施します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/332850/LL_img_332850_1.jpg
「美術品入札会 廻 -MEGURU-」Vol.12

「美術品入札会 廻 -MEGURU-」は、絵画から茶道具、工芸品まで、日本美術を中心に多彩な作品を取り扱う入札型オークションです。2019年の開始以来、全国の出品者からお預かりした作品を美術愛好家の方々にご紹介するプラットフォームとして多くのお客様からご支持いただき、この度12回目を迎えます。
今回は、古画、近代絵画、洋画、筆跡、彫刻など約360点を出品いたします。作家特集では、河鍋暁斎、東山魁夷、近藤浩一路の魅力に迫ります。また、戦後日本の彫刻界を牽引した佐藤忠良や富永直樹ら近現代彫刻の巨匠たちのブロンズ作品特集も必見です。さらに、円山應挙や伊藤若冲、横山大観、棟方志功、渡邊省亭、山下清など著名な作家の優品も出品いたします。
美術品との暮らしは、私的な空間で繰り返し作品を鑑賞できる醍醐味があります。美術品を所有し、作品と対峙する時間が、皆様の暮らしに潤いをもたらすひとときとなれば幸いです。加島美術とBSフジは、お客様と美術品との出会いの場をお届けし、「美術を観る」から「美術と暮らす」ライフスタイルをご提案します。


■開催概要
下見会 :2022年11月5日(土)~11月13日(日)
入札締切日:2022年11月13日(日)18時
開札日 :2022年11月15日(火)
会場 :加島美術
〒104-0031 東京都中央区京橋3-3-2
Tel:03-3276-0700 Fax:03-3276-0701
出品作品数:約360点
主催 :加島美術、BSフジ
アクセス :地下鉄銀座線「京橋駅」出口3 徒歩2分/
有楽町線「銀座一丁目駅」出口7 徒歩3分/
都営浅草線「宝町駅」A4出口 徒歩5分/
JR「東京駅」八重洲南口 徒歩9分

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/332850/LL_img_332850_7.jpg
アクセス

■下見会について
「美術品入札会 廻 -MEGURU-」の下見会では、出品作品がガラスケースなしでギャラリー一面に展示されます。作品の鑑賞はもちろん、実物のコンディションやサイズをご確認いただける絶好の機会です。お目当ての作品が決まれば、その場でご入札いただけます。来場予約不要・入場無料ですので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

※下見会で常時展示されていない作品もございます。ご希望の作品がありましたら、スタッフまでお申し付けください。
※ご来場になれないお客様で、作品の詳細を知りたい方には、コンディションレポートをご用意しております。お気軽にお問い合わせください。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/332850/LL_img_332850_6.jpg
下見会の様子

■無料カタログ配布中
全出品作品が掲載されたカタログを無料で配布しています。
ご希望の方は、以下からお申し込みください。

カタログイメージ
https://www.meguru-auction.jp/Inquiry/

出品作品は「美術品入札会 廻 -MEGURU-」公式サイトからもご覧いただけます!
https://www.meguru-auction.jp/item/


■「美術品入札会 廻 -MEGURU-」Vol.12の見どころ
●河鍋暁斎 特集
幕末・明治期に人気を博した河鍋暁斎は、花鳥画から歴史画、風俗画、戯画、妖怪画まで自在に描きました。その反骨精神とユーモアに富んだ画風は、現代も多くの人を惹きつけてやみません。今回は、近年評価の高まる暁斎の実子、暁雲と暁翠の作品も併せてご覧いただけます。

河鍋暁斎「三福神」
《最低入札価格》¥680,000

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/332850/LL_img_332850_2.jpg
河鍋暁斎「三福神」

●東山魁夷 特集
「道」や「緑響く」など数々の傑作を発表し、戦後の日本画壇の代表画家として国民的な人気を誇った東山魁夷。今回は、魁夷の真骨頂ともいえる繊細優美な風景画をはじめ、制作過程が垣間見える素描やスケッチ、墨絵などの小品も取り揃え、画家の多面的な魅力に迫ります。

東山魁夷「春の林」
《最低入札価格》¥2,500,000

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/332850/LL_img_332850_3.jpeg
東山魁夷「春の林」

●近藤浩一路 特集
山梨県に生まれ、明治から昭和にかけて活躍した画家、近藤浩一路。東京美術学校で洋画を学び、挿絵や漫画で名を馳せたのちに日本画を志します。水墨画に西洋画の陰影表現を取り入れた作品には、豊かな墨色に清新な光が舞います。「光の水墨画」と呼ばれた浩一路作品が放つ無比の魅力をご堪能ください。

近藤浩一路「春水」
《最低入札価格》¥100,000

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/332850/LL_img_332850_4.jpg
近藤浩一路「春水」

●ブロンズ 特集
人物を題材に具象彫刻の可能性を追求し、戦後の彫刻界を牽引した佐藤忠良。彫刻家に加え工業デザイナーとしても活躍した富永直樹。仏教美術の古典技法を用いつつ、彫刻の枠を超えた立体作品を生み出し続ける薮内佐斗司など、日本の近現代彫刻史を代表する巨匠たちのブロンズ作品を特集します。

佐藤忠良「ともちゃん」
《最低入札価格》¥500,000

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/332850/LL_img_332850_5.jpg
佐藤忠良「ともちゃん」

■「美術品入札会 廻 -MEGURU-」Vol.12の ハイライト作品
円山應挙「紅葉四十雀図」
《最低入札価格》¥800,000

渡邊省亭「春秋花鳥雙幅」
《最低入札価格》¥680,000

横山大観「霊峰富士」
《最低入札価格》¥7,000,000

山下清「花火」
《最低入札価格》¥1,800,000

棟方志功「思瞳の柵」
《最低入札価格》¥3,800,000

棟方志功「天平の柵」
《最低入札価格》¥5,000,000


■「廻 -MEGURU- オンライン」の出品作品も特別展示
会期中は「廻 -MEGURU-」のインターネットオークション「廻 -MEGURU- オンライン」の出品作品を第2会場にて特別展示いたします。下見会と併せてご高覧ください。

◆「廻 -MEGURU- オンライン」第41回オークション
会期 :2022年11月1日(火)~11月14日(月)21時
出品数:約60点

※「美術品入札会 廻 -MEGURU-」の出品作品とは異なります。
※「廻 -MEGURU- オンライン」につきましては次ページ「ご参考」を参照ください。

鏑木清方「八つ橋」

エミール・ガレ「花文花瓶」


≪ご参考≫
■「廻 -MEGURU-」とは
「廻 -MEGURU-」とは、「日本美術をもっと気軽に、安心して、正しく売買してもらいたい」という思いから、2019年に始まった日本美術に特化したオークションです。全国から出品された作品を取り揃え、美術品を売りたい人と買いたい人をつなぐプラットフォームとして、これまで国内外のお客様にご利用いただいてきました。「美術品入札会 廻 -MEGURU-」に加え、2021年にはインターネットオークション「廻 -MEGURU- オンライン」を開始し、美術品を安全で、気軽に、便利に取引できるプラットフォームへと進化し続けています。

◆「美術品入札会 廻 -MEGURU-」
下見会を伴う入札型オークションです。2022年より年に4回開催いたします。カタログやWebサイトで出品作品を閲覧後、下見会または公式サイトからご入札いただけます。下見会で実物を見ながらゆっくり作品を選べる点が特徴です。現在価格は非公開で、会期終了後に落札結果が開示されます。

◆「廻 -MEGURU- オンライン」
インターネットで常時開催しているオークションです。毎月新しい出品作品が公開されます。ライブで現在価格を見ながら入札が可能で、ご請求金額の確認、精算まですべての手続きはWebで完結します。また、落札する度、落札金額の3%※のポイントが付与され、次回以降の精算から1ポイント=1円でご利用いただけます。
※開催月によって変更となる場合があります。

「美術品入札会 廻 -MEGURU-」
会期 :年4回(2月、5月、8月、11月)※2022年
入札形式:非公開入札型
開札 :会期終了後公開
下見会 :あり

「廻 -MEGURU- オンライン」
会期 :毎月開催
入札形式:公開ライブビッド(競り上がり)
開札 :即時公開
下見会 :なし


■「廻 -MEGURU-」を利用する流れ
「廻 -MEGURU-」では、全国の出品者から作品をお預かりし、美術品愛好家の皆様にご紹介しています。出品をご希望の方に向けて作品の無料査定を行い、最低入札価格を提示します。売却のタイミングや価格によって「美術品入札会 廻 -MEGURU-」または「廻 -MEGURU- オンライン」のいずれかへの出品をご提案いたします。
また、美術品をお探しの方は、2つの「廻 -MEGURU-」からご希望の作品をお探しいただけます。出品者と購入者間の交渉や手続きは事務局が代行しますので、売買に伴う負担を最小限に抑えることが可能です。


■「廻 -MEGURU-」を利用するメリット
◆美術品を買いたい人のメリット
●メリット1
<美術の専門家が厳選した作品だから安心>
すべての出品作品は、古美術の街・東京の京橋で長年店舗を構えてきた加島美術が査定し、厳選しています。美術の専門家によりクオリティが認められた作品群が揃っていますので、美術品の購入が初めての方も安心してお選びいただけます。

●メリット2
<ビギナーもコレクターもご満足いただける充実のラインナップ!>
「美術品を購入したいけど、初めてで不安…」というビギナーの方から、作品を豊富に所有するコレクターの方まで、皆様にご満足いただけるバラエティに富んだ作品をラインナップしています。掛け軸、絵画、筆跡、茶道具、工芸など多彩なジャンルの作品からお選びください。
また、最低入札価格の価格帯が幅広く、手の届きやすい小品から、優品までお求めいただける価格帯の幅広さも魅力です。

●メリット3
<いつでも・どこでもお好きな方法で作品をチェック!オンライン入札もOK>
「廻 -MEGURU-」では、すべての出品作品をオンラインでチェックし、入札することができます。ご自宅や外出先から、PC・スマートフォンなどお好きなデバイスでサービスをご利用ください。

美術品の購入に関する詳細は、以下2つのWebサイトをご参照ください。
「廻 -MEGURU- オンライン」→ https://meguru-online.jp/ ※常時開催
「美術品入札会 廻 -MEGURU-」→ https://www.meguru-auction.jp/saijinotice/ ※年4回開催

◆美術品を売りたい人のメリット
●メリット1
<美術品を市場価格で売却!思わぬ高値で売れる可能性も!>
「廻 -MEGURU-」では、美術品を売りたい方からお預かりした作品を、中間業者が入ることなく入札者へ直接売却します。そのため、下取価格ではなく、市場価格に近い価格で作品を売却できます。また、売却価格が見えるので安心です。入札者との巡り合わせによっては、思わぬ高値で落札される可能性もあります。

●メリット2
<老舗古美術商による安心の査定・価格設定>
東京京橋で長年古美術商を営んできた加島美術が作品を査定し、出品者の方とご相談しながら最低入札価格を設定します。様々な要素により市場価値が変動する美術品を、経験豊かな古美術商が確かな審美眼に基づき見極めます。査定相談は無料です。鑑定が必要な場合は、正式な鑑定機関への依頼もお手伝いいたします。

●メリット3
<面倒な売却手続きを代行!>
「廻 -MEGURU-」では、美術品売却の手続きをすべて代行いたしますので、査定後、出品作品をお預かりした後は面倒な手続きはありません。掛け軸、絵画や陶磁器などの焼き物類、茶道具など、お手持ちの美術品の整理をお考えの際は、ぜひ「廻 -MEGURU-」へのご出品を検討ください。

美術品の出品に関する詳細は以下のWebサイトをご参照ください。
「美術品入札会 廻 -MEGURU-」→ https://www.meguru-auction.jp/shupinnotice/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?