「鞆幕府 将軍足利義昭」 マスコットキャラクター「将軍・よしあきくん」を活用したラッピングバス完成


広島県福山市では、鞆の浦学園の子ども達が、鞆幕府・足利義昭について学び、「将軍・よしあきくん」の原画を考案しました。
これを基にして、デザイナーがキャラクターを7月末に完成をしました。
このキャラクターを中心として特別展(10月8日~11月23日)や鞆の浦の魅力を広く広報するため、鞆鉄様のご協力をいただき、ラッピングバスを製作することにしました。
そのデザイン化を穴吹学園へ依頼し、学内コンペ(23人が参加)で、「鞆の浦を舞台に、よしあきくんが輝くさわやかな作品」が最優秀賞(採用)に選ばれました。
この度そのラッピングバスが完成しましたので、お知らせいたします。
このバスなどを通して、難しそうな戦国時代の特別展に幅広い方々へ興味を持っていただこうと思っています。


画像 : https://newscast.jp/attachments/BOAcPyv51Sf77UXxL1qE.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/mB9saAtydUaNCFBQpnvD.jpg


ラッピングバスのお披露目


と き 2020年9月3日(木) 16:00~16:30
ところ ともてつバスセンター(鞆の浦バス停) 駐車場  
☆当日、16:15頃から鞆の浦バス停から鞆港までお日披露目の運行をします。


ラッピングバスの運行


期間  2020年9月4日(金)~2021年3月31日(水)
運行  福山駅~鞆の浦(鞆港)の区間。トモテツの路線バス


画像 : https://newscast.jp/attachments/fNDBKaNGwe25iYeDISss.jpg


福山市について


福山市(市長:枝広 直幹)は、瀬戸内海沿岸のほぼ中央、広島県の東南部に位置し、高速道路網のアクセスが良く新幹線「のぞみ」も停まる、人口約47万人の拠点都市です。
福山市には四季折々の美しさを見せる自然、温暖な気候、海・山・川から得られる恵みがあります。100万本のばらが咲き誇る「ばらのまち」としても知られ、潮待ちの港として栄え日本遺産に認定された景勝地「鞆の浦」や、JR福山駅の新幹線ホームから見え、2022年には築城400年を迎える「福山城」、2つの国宝をもつ寺院「明王院」などの名所があります。
産業としては、鉄鋼業や繊維産業など多様な製造業が集積し、ものづくりのまちとして発展してきました。デニム生地は、世界のハイブランドにも活用されるなど高い品質が評価されています。


福山市公式ホームページ


https://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/
関連URL:https://www.bizreach.jp/content/859



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?