「2021年に命を失うかも」と予言された松原タニシが無事に年越し 予言が的中するかを見守る「カウントダウンお葬式」大盛況で終了!配信映像は1/14(金)までアーカイブ視聴可能

有限会社ちゅるんカンパニー(本社:大阪市北区、取締役:三好 和也)は、松竹芸能株式会社(本社:大阪市中央区)主催による、事故物件住みます芸人・松原タニシ主演「松原タニシのおそうしき」を2021年12月31日(金)~2022年1月1日(土)にかけクリエイティブセンター大阪で開催しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/292789/LL_img_292789_1.jpg
2022年を迎えた瞬間

■松原タニシの冠番組8番組が「仮・最終回」を提供
本イベントは、「2021年に命を失うかもしれない」との予言を受けた松原タニシが自ら喪主となり、ラストイヤー最後の1日となる大晦日に、自らを追悼するお葬式型のイベントです。松原タニシが命を失うと、自動的に終了せざるを得ないであろう「松原タニシの冠番組」8番組が、万一に備えて“仮・最終回”を企画し、この日、披露されました。また、一般公募の死装束によるファッションショー「タニシシニコレ」も開催。怪談あり、コントあり、歌あり、ファッションショーありのエンタメお葬式となりました。


■年越し&予言を乗り越えるまでのカウントダウン
2022年を迎えることが、予言を乗り越えて生き延びることも意味するという、2つの意味を持つカウントダウンがこの日の目玉。新年を前に棺桶に入った松原タニシ。真っ赤なサイリウムを振るファンのカウントダウンを経て、迎えた年明けの瞬間。マグマの中から火の鳥となって松原タニシが甦る演出で、新しい年を迎えた喜びをファンと分かち合いました。


■会場は超満員
お通夜イベントで発売されたグッズ付きの特別チケット¥9,999は発売5分で完売。会場は満員となりました。また有料配信チケットも売れ行き好調で、会場、配信とも大きく盛り上がりました。配信映像は1月14日(金)までアーカイブで視聴可能です。


■「松原タニシ ラストイヤー・プロジェクト」とは
松原タニシが2016年に集合写真を撮影した際、彼の顔だけが真っ黒に写るという現象が発生。その写真を目にしたある僧侶に「5年後に命を失うかもしれない」という“顔黒の警告”と呼ばれる予言を受ける。この理不尽な予言に示された「命を失う年」にあたる2021年。2021年、最後の2ヶ月は、ファンも応援できる“ポジティブな終活”として、「ライブ通夜―2021」「カウントダウンおそうしき」といった、ラストイヤーにちなんだイベントやコンテンツを続々と発信し、無事2022年を迎えることができた。


■開催概要
イベント名 : 松原タニシのおそうしき
開催日時 : 2021年12月31日(金)18:00~2022年1月1日(土)24:30
会場 : クリエイティブセンター大阪
(大阪市住之江区北加賀屋4丁目1番55号)
出演 : 松原タニシ 竹内義和 中山功太 代走みつくに ちく☆たむ 他…
主催 : 松竹芸能株式会社
制作 : 有限会社ちゅるんカンパニー
公式サイト : https://www.matsubaratanishi.com/
配信チケット: https://twitcasting.tv/okowa_official/shopcart/125811
※販売中 1月14日(金)までアーカイブ視聴可能


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?