「Kuradashi」のオフラインストアが大津サービスエリアにオープン!

ソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」を運営する株式会社クラダシ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:関藤 竜也、以下「クラダシ」)と、株式会社ジェイグループホールディングス(本社:本社:愛知県名古屋市、代表取締役:新田 治郎、東証マザーズ:3063、以下「ジェイグループホールディングス」)が連携し、名神高速道路大津サービスエリア(下り線)(所在地:滋賀県大津市朝日が丘2-8-1、以下「大津SA」)に「Kuradashi」のオフラインストアを展開し、はじめてサービスエリアでフードロス削減に取り組みます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/326203/LL_img_326203_1.jpg
大津SA下クラダシ販売スペース

■本取り組みの背景
クラダシは、ミッションを「ソーシャルグッドカンパニーでありつづける」、ビジョンを「日本で最もフードロスを削減する会社」と掲げ、持続的に社会課題の解決に取り組むビジネスを展開しています。フードロス削減を目指し、賞味期限が切迫した食品や季節商品、パッケージの汚れやキズ・自然災害による被害などが要因で、消費可能でありながら通常の流通ルートでの販売が困難な商品を買い取り、ソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」で販売しています。また、その売上の一部を社会貢献活動団体に寄付しています。

ジェイグループホールディングスは、飲食事業、不動産事業、ブライダル事業、バーベキュー事業など多種多様な事業を展開しています。長引くコロナ禍で苦戦する飲食事業を補おうと、2021年にサービスエリア事業に参入し、2022年3月12日に「名神高速道路大津サービスエリア(下り線)」をリニューアルオープンしました。

クラダシは通常、オンラインを通じて、フードロスの危機にある商品を販売しています。さらに、実際に商品を手に取って選んでいただきながら、フードロス問題を知っていただける機会を創出したいと、期間限定でオフラインのPOPUP SHOPを展開してまいりました。
一方、飲食事業を展開するジェイグループホールディングスとしても、フードロス問題への取り組みは重視しており、このたび、クラダシとジェイグループホールディングスが連携し、サービスエリアで初となるフードロスの危機にある商品の販売を行うことで、フードロス削減に取り組む運びとなりました。

また、「Kuradashiで買った商品を近所の方や職場の方におすそわけしている」というお声をいただいていることや、サービスエリアはお客様がお車で立ち寄る場所という特徴があることから、「Kuradashi」のオフラインストアでは初となる商品のケース売りを実施いたします。

両社は今後もフードロス削減を目指し、全国のサービスエリアを対象に展開を検討してまいります。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/326203/LL_img_326203_2.jpg
ジェイグループホールディングスロゴ

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/326203/LL_img_326203_3.jpg
クラダシロゴ

■大津サービスエリアの「Kuradashi」店舗について
営業時間 :7:00~22:00
所在地 :滋賀県大津市朝日が丘2-8-1
パーキング:大型/37台、小型/149台、兼用/0台、二輪/4台、トレーラー/0台


■株式会社ジェイグループホールディングスについて
本社所在地: 名古屋市中区栄三丁目4番28号
URL : https://www.jgroup.jp/
設立 : 1997年3月3日
代表者 : 新田 治郎(代表取締役会長)
中川 晃成(代表取締役社長)
資本金 : 50百万円(2022年2月末日現在)
従業員数 : グループ計1,189名
※内正社員数427名(2022年2月末日現在)

【子会社】
株式会社ジェイプロジェクト
株式会社ジェイブライダル
株式会社ジェイフィールド
株式会社ボカディレクション
株式会社かわ屋インターナショナル
株式会社かわ屋東京
株式会社ジェイアセット
株式会社ジェイキャスト
NEW FIELD NEW YORK.LLC.
KAKEHASHI S.L.U.


■飲食サービス業を中心に関連事業を展開
当社グループは食文化を主軸とした総合サービス企業を目指し、フードサービスを中心に飲食事業、不動産事業、ブライダル事業、およびその他関連事業を展開しております。


■新規事業として、ブランド業態のFCビジネス(昔の矢場とん、大阪王将)や高速道路SA事業として、名神高速道路下り線大津SAの一括運営に取り組んでおります。


■ソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」について
Kuradashiは、楽しいお買い物で、みんなトクするソーシャルグッドマーケット。
フードロス削減を目指し、まだ食べられるにも関わらず捨てられてしまう可能性のある商品を、おトクに販売しています。さらに、売上の一部を環境保護・災害支援などに取り組む様々な団体に寄付し、SDGs17の項目を横断して支援しています。
楽しくておトクなお買い物が、社会に良いことに繋がる。そんな、全く新しいソーシャルグッドマーケットを創出しています。
URL: https://www.kuradashi.jp/

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/326203/LL_img_326203_4.jpg
ビジネスモデル

■株式会社クラダシについて
代表者氏名: 関藤 竜也
設立 : 2014年7月
本社所在地: 〒141-0021 東京都品川区上大崎3丁目2-1 目黒センタービル5F
URL : https://corp.kuradashi.jp/

【サービス紹介】
・ソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」 : https://www.kuradashi.jp/
・クラダシが自社で運営する「クラダシ基金」: https://www.kuradashi.jp/fund

【受賞歴】(一部抜粋)
2018年
・環境省主催 「第6回グッドライフアワード」環境大臣賞
2020年
・第3回「日本サービス大賞」農林水産大臣賞
・令和2年度「気候変動アクション環境大臣表彰」
・第21回「グリーン購入大賞」農林水産大臣賞
・「食品ロス削減推進大賞」消費者庁長官賞
2021年
・「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2021 ジャパン」関東地区代表選出
・「令和3年度消費者志向経営優良事例表彰」消費者庁長官表彰(特別枠)
2022年
・「第6回食育活動表彰」消費・安全局長賞

【2022年3月末時点の主な累計実績】
・フードロス削減量:9,889トン ・経済効果:48億1100万円
・CO2削減量 :26,212t-CO2 ・寄付総額:80,195,799円


「Kuradashi」、「1.5次流通」、「もったいないを価値へ」は株式会社クラダシの登録商標です。「Kuradashi」ロゴ、「ソーシャルグッドマーケット」は商標登録出願中です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?