「unisize」のキッズ向けサイズレコメンドエンジンに、新たに「購入履歴採寸」機能が追加 - 手元にある洋服とEC上の商品をサイズ比較 –

株式会社メイキップ(東京都新宿区、代表取締役:柄本 真吾、以下「メイキップ」)は、12月12日(月)より「unisize(ユニサイズ)」のキッズ(3~15歳)向けサイズレコメンドエンジンに、新たに「購入履歴採寸」機能を追加リリースしました。この機能により、ユーザーは過去に購入した洋服やお手持ちの洋服とEC上の商品のサイズを比較することで、よりお子様が着用した際のサイズ感をイメージしながらEC上で子供服を購入することが可能となります。

■ 新機能「購入履歴採寸」の概要
 この度キッズ向けunisizeに追加された「購入履歴採寸」機能は、過去にECで商品を購入したことのあるユーザーに対し、過去の購入商品と閲覧中の検討商品の着丈や身幅の寸法差をcm単位で比較でき、近いサイズを自動的に判別します。また、お手元にある洋服も、ユーザー自身で洋服寸法を登録することで本機能をご利用いただけます。ユーザーは本機能を用いることで、購入検討商品のサイズ感を詳細に確認できるとともに、今年9月にリリースした1~2年後の成長体型フィッティング機能を併用することで、EC上でお買い物を楽しむことができます。

キッズ向け1~2年後の成長体型フィッティング機能の詳細はこちら: https://makip.co.jp/2744.html



■ キッズ向け機能の提供背景
 コロナ下を背景にECサイトからの売り上げ比率が増えるアパレル企業が増加するとともに、顧客獲得を目的とした割引施策依存からの脱却が各社の課題となっています。そんな中、顧客UXの向上の一環としてユーザーが抱えるサイズ不安を解消すべく、unisizeを導入するアパレル企業が増えてまいりました。unisizeをご提供する中で、キッズ向けの洋服は、お子様の成長を鑑みた上で買うサイズを決めるため、適度に大きいサイズの洋服を購入したいという顧客ニーズがあり、サービス開発してほしいというご要望を頂戴しておりました。unisizeは、今年9月にキッズ向け機能としてお子様の1~2年後の成長過程を考慮しながら、買うアイテムのサイズを確認できる機能をリリースし、キッズ服ならではのサイズ不安払拭に対してサポートを開始しました。この度「購入履歴採寸」機能を加えることで、さらにお子様の着用感をイメージしやすくなりました。

■ キッズ向け機能の今後の展望
 unisizeのキッズ向け機能は、コロナ下を背景にしたアパレル業界のEC売上比率の上昇を受け、キッズアパレル企業からのニーズを背景に開発されました。今後もさらなる機能の拡充を見込み、キッズアパレル業界のサイズに対するご要望に応えるべくサービス開発を続けてまいります。 また、unisizeは今後もご利用できるカテゴリーの拡大を図るとともに、蓄積されたビッグデータを用いて売上改善や在庫最適化を図り、アパレル企業のDX推進を支援いたします。


<株式会社メイキップ 会社概要>
■社名: 株式会社メイキップ
■代表者: 代表取締役 柄本 真吾
■所在地: 東京都新宿区矢来町126 NITTOビル1F
■URL: https://makip.co.jp/
■unisize: https://cl.unisize.makip.co.jp/
■電話番号 : 03-6265-3465
■お問い合わせ: pr@makip.co.jp


以 上



配信元企業:株式会社メイキップ
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?