『いちはらのイイね』を発見!最優秀作品は賞金30万円!市原市主催「いちはら動画コンテスト2020」を開催!

市原市は、2020年11月1日(日)~2021年1月15日(金)に、『いちはらのイイね』をコンセプトにした動画投稿による「いちはら動画コンテスト2020」を開催いたします。
国内有数のコンビナート群、水と緑豊かな美しい里山、多くの史跡や文化財、様々な魅力がミックスされたまち「市原市」を市内外問わずもっと認知していただきたく、この度動画コンテストの開催にいたりました。
応募していただいた作品は、WEB上での一般審査ののち、映画監督の御法川 修さん、プロデューサーの松竹 奈央さんに審査をしていただき、入賞作品を決定します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/232895/LL_img_232895_1.jpg
いちはらのイイね動画コンテスト


■「いちはら動画コンテスト2020」概要
<募集内容>
・テーマは「いちはらのイイね!」
・動画は3分以内であれば何作品でもOK!
・ジャンルやテイストは問いません。

<審査員>
御法川 修(映画監督)
1972年、静岡県出身。数々の助監督経験を経て、映画『世界はときどき美しい』(07)で監督デビュー。その後、『人生、いろどり』(12)、『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』(13)、『泣き虫ピエロの結婚式』(16)を発表。
劇映画のみならず、ドキュメンタリー『SOUL RED 松田優作』(09)や、WOWOW放送の連続ドラマW『宮沢賢治の食卓』(17)、『ダブル・ファンタジー』(18 御法川さん写真)など幅広い話題作を送り出す。最近作は、第23回釜山国際映画祭に出品された映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(主演:仲野太賀/吉田羊)。現在、2021年に公開される新作を撮影中。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/232895/LL_img_232895_2.jpg
<審査員>御法川 修


松竹 奈央(プロデューサー)
宮崎県出身、株式会社P.I.C.S. プロデューサー。MVやCMほか、映画、イベント、展覧会、大型映像など、メディアを問わず様々な映像制作を担当する。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/232895/LL_img_232895_3.jpg
<審査員>松竹 奈央


<参加方法>
・作成した動画は、ご自身のYouTubeアカウントにアップロードしてください。
※タイトルの最後に『いちはら動画コンテスト』という文言を含んでください。
※共有URLとは「 https://youtu.be 」から始まる文字列で、動画を表示後、「共有」ボタンをクリックすると表示されます。
・その動画の共有URLと必要事項を特設サイト内の応募フォームから応募してください。

<期間>
募集期間 :2020年11月1日(日)~2021年1月15日(金)
募集締切 :2021年1月15日(金)
一次審査(一般投票):2021年1月20日(水)~1月31日(日)
最終審査(審査員) :2021年2月上旬
結果発表 :2021年2月中旬

<賞>
最優秀賞 1点 賞金30万円
優秀賞 2点 賞金10万円

<コンテストサイト>
https://ichihara-prmovie.com

<参加資格>
個人/団体、アマチュア/プロ問わず、市原市外にお住まいの方も可。

<参加費>
無料

主催: 市原市 https://www.city.ichihara.chiba.jp
運営: スターフィールド株式会社「いちはら動画コンテスト2020係」
TEL : 03-4572-0638
MAIL: contact@sterfield.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?