【ダイキン】ルームエアコン連動型見守りシステム『Daikin Support Life』新発売


ダイキン工業株式会社は、人の生体情報から解析した在室や就寝・起床の状況を離れた場所からスマートフォンで確認でき、状況に応じてエアコンを自動制御できるルームエアコン連動型見守りシステム『Daikin Support Life(ダイキンサポートライフ)』を2020年5月15日より発売します。
近年、自立した生活を送りたい、他人に迷惑をかけたくないなどの理由から住み慣れた家で一人暮らしをする単身高齢者が増加しています。単身生活による生活リズムの乱れや屋内での熱中症などにより体調を崩すリスクが高まる中、離れて暮らす親の様子を過度に監視することなく確認できる、適度な見守り方への関心が高まっています。
本商品は、動きに反応するドップラーセンサーにより、室内の人の在否や就寝・起床の状況を検知・解析します。こうした情報は約10分ごとに更新され、離れた場所からでも専用のスマートフォンアプリで確認できるため、単身高齢者の生活リズムの変化を把握できます。また、当社のルームエアコン(※1)との連携により、人の在室時に室温が高くなれば自動で冷房運転を開始し、就寝を検知すれば睡眠に適した運転に自動で切り替えます。こういった機能が搭載されていない機種でも、室温の変化に気付きづらい高齢者の暑さ対策や快眠の補助に活用できます。
『Daikin Support Life』は、離れて暮らす親に頻繁に会いづらく毎日電話するなどしていた家族の負担や、過度に干渉されることにストレスを感じる親などのニーズに応える新たなシステムです。
※1:対象機種:2018年モデル以降のダイキン製の壁掛形ルームエアコン(Eシリーズ、KXシリーズは除く)


画像 : https://newscast.jp/attachments/LGpWrTZZAeBkgMPjd4de.jpg


商品の特長


1.離れて住む人の在室状況や就寝・起床の最新情報を専用アプリで約10分ごとに確認可能


・一週間の生活リズムを一覧でき、起床時間が普段と大幅に違うなどの気になる変化を確認可能。
・専用アプリはひとつのIDで最大10台のセンサーを一括管理できるため、複数の部屋がある住宅や老健施設などでも各部屋の状況確認が可能。
・在室や就寝の状況のみの把握とすることで、見守る側・見守られる側の心理的負担を軽減。


2.エアコンとの連携で、温度変化に気付きづらい高齢者の暑さ対策や快眠の補助も可能


・人がいるのに室温が高くなった時、自動で冷房運転を始める「高温防止運転機能」を搭載。
・就寝を検知すると、睡眠に適した運転に自動で切り換える「おやすみ制御機能」を搭載。


画像 : https://newscast.jp/attachments/KKEoifKL3UKbZm1zDIjV.jpg


詳細は、添付のPDFをご覧ください。






★20200515_Daikin Support Life_プレスリリース.pdf


: https://newscast.jp/attachments/1cEPx369f13ijTHpwqmH.pdf




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?