【奥入瀬渓流ホテル】フレンチレストラン「Sonore(ソノール)」にて 夏の一品「鮪」を提供|期間:2020年7月1日~8月31日


奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、フレンチレストラン「Sonore(ソノール)」(以下、Sonore)にて、2020年7月1日より夏の一品を提供します。青森県は、日本海、津軽海峡、太平洋と3面を海に囲まれた日本有数の海産地帯です。ホタテやイカ、ヒラメなどは全国屈指の水場を誇っている事でも知られていますが、中央部に位置する奥羽山脈(おううさんみゃく)により、日本海側と太平洋側とで、気候が大きく異なるため、食材の宝庫であることも特徴の一つです。当レストランでは、青森らしい食材や季節の食材をふんだんに使用し、シンプルな見た目からは想像できない、素材の味を生かしたSonoreでしか味わうことのできない料理を提供します。


画像 : https://newscast.jp/attachments/PL9KkkWUCCcHvFXkbahT.jpg


夏の一品「鮪」


冷前菜のメイン食材は、青森らしい鮪と旬のパブリカです。この時期のパプリカは、肉厚で辛(から)みが無く、甘みが強いことが特徴です。この夏の冷前菜は、そんなパプリカを燻製(くんせい)、さらにピュレ状にし、こだわりの鮪タルタルに合わせ、夏らしい一品に仕上げました。クルトンやピクルス、アボカドなど、多様な食感を楽しみながらも、鮪の食感や味を引き立てられるよう、バランスにもこだわった一品です。鮪の粘度感に寄せた燻製パプリカのピュレと、鮪らしさを追求した鮪タルタル、その他のアクセントとなる食材が口の中で変化する食感と味は、レストラン名である「Sonore」(*1)のように、朗々と響き合います。
*1 フランス語で「朗々と響かせて」という意味の音楽用語。渓流の瀬音や料理、希少なワインが心身に朗々と響き渡るという意味が込められています。


ワインと料理のペアリングでマリアージュを楽しむ


画像 : https://newscast.jp/attachments/l9SjmVRqutu9wEe8PcAU.jpg


ワインと料理のペアリングで、さらに食事を楽しめるよう、料理に合わせるこだわりのワインペアリングも用意しています。
一例として、冷前菜「鮪」には、フランス、ロワール地方の白ワイン「ヴァンサン・ピナール サンセール・ブラン ニュアンス 2015年」を合わせます。この白ワインは、酸味に芯があり、完熟した洋梨のような風味が特徴で、ハーブのような爽やかな香りが夏らしさを演出します。冷前菜で使用するパプリカの香りと相性がよく、それぞれのよさを引き出し、独創的な料理との組み合わせを提案します。


フレンチレストラン「Sonore」夏メニュー概要


期間:2020年7月1日~8月31日
料金:1名15,000円(税・サービス料別)
予約:公式サイト([https://www.oirase-keiryuu.jp/dishes/sonore/]{https://www.oirase-keiryuu.jp/dishes/sonore/})にて要予約
場所:星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル 西館1階
時間:17:30~21:00
対象:宿泊者(小学生以上)
備考:仕入れ状況により、食材の産地や提供内容が変更になる場合があります。
   天候により、アペリティフが室内での提供に変更になる場合があります。


料理長 岡 亮佑(おか・りょうすけ)


画像 : https://newscast.jp/attachments/mV4mmSzGEzusyFboJaxU.jpg


1985年生まれ、滋賀県出身。2005年より、神戸北野ホテルやレストランオマージュ、ピエールガニェールなどでフランス料理を修行し、2016年に星野リゾート ロテルド比叡の総料理長に就任。その後、2020年4月より星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルの総料理長、フレンチレストラン「Sonore」の料理長に就任し、運営に携わる。フランス料理の技法を元に、シンプルな見た目からは想像できない、素材の味を生かした料理を考案している。


フレンチレストラン「Sonore」概要


画像 : https://newscast.jp/attachments/71uaIYIeMv0NpeOw8UO0.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/Q597KnDNMCBvGxgtEe3z.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/Veb2Kku0rIbk1uVXyaK4.jpg


2019年7月グランドオープン。「Sonore」とは、フランス語で「朗々と響かせて」という意味の音楽用語で、渓流の瀬音や旬の食材を駆使したフランス料理、希少なワインが心身に朗々と響き渡るという意味が込められています。
ダイニングは、奥入瀬渓流の自然をイメージし、岩や木をモチーフにした内装で、ゆっくりと食事を楽しむことができます。メニューは、季節の旬の食材を使用し、フランス料理の技法を元に、青森らしさを表現します。また、料理と共に世界中から厳選された銘醸ワインが楽しむことができるのも特徴のひとつです。約150種類、2000本のワインを用意しています。


奥入瀬渓流の特等席で味わう「渓流アペリティフ」


画像 : https://newscast.jp/attachments/YsEJ6BJl3prEWzwEdtXF.jpg


当レストランでの食事は、奥入瀬渓流を望むテラスでのアペリティフ(食前酒とおつまみを楽しむこと)から始まります。テラスの目の前を流れる奥入瀬渓流は、十和田八幡平(とわだはちまんたい)国立公園内に位置し、国の特別名勝、天然記念物、国立公園特別保護地区に指定されています。約300種類以上の苔が生息するほど、美しい自然が広がり、新緑や紅葉、雪景色など、季節ごとに美しい景色を見ることができるのも魅力のひとつです。夕日に照らされてきらきらと輝く渓流を眺め、せせらぎを聞きながらのアペリティフは、奥入瀬渓流沿いに建つ当館ならではの体験です。


<最高水準のコロナ対策宣言>


1 衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施と海外渡航歴の確認
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
2 「3密」回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施


詳細: [https://drive.google.com/open?id=1VE_ZHeCzopebvZ3htCnqGYAdITPAQh9E]{https://drive.google.com/open?id=1VE_ZHeCzopebvZ3htCnqGYAdITPAQh9E}


星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル


奥入瀬渓流沿いに建つ唯一のリゾートホテル。渓流が目の前に広がる露天風呂や岡本太郎作の巨大暖炉が印象的なロビーが癒しの空間を醸し出します。「渓流スローライフ」をコンセプトに心から満たされる滞在を演出します。
〒034-0398 青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231/客室数187室
[https://www.oirase-keiryuu.jp/]{https://www.oirase-keiryuu.jp/}




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?