【星のや東京】江戸の町で生まれた居酒屋文化を楽しめる「星のや東京酒場」期間限定でオープン|期間:2021年7月1日~8月31日


日本旅館「星のや東京」は、2021年7月1日~8月31日の期間、星のや東京の一角に、江戸の町で生まれた居酒屋文化を楽しめる「星のや東京酒場」を期間限定でオープンします。江戸や東京にちなんだ日本酒と、神田・日本橋・人形町の老舗のおつまみが揃う酒場です。提灯や風鈴、蚊取り線香など、夏らしい設えを施した屋外で、夕暮れ時の気持ちの良い夜風を感じながら、盃を傾けます。江戸から続く居酒屋文化を体験することで、現代の東京で江戸の町さながらの夏のひとときを過ごすことができます。


画像 : https://newscast.jp/attachments/nNHulPJQJhqxEVY5BnHX.jpg


背景


江戸の町では身分を問わず多くの人々の間で日本酒が親しまれ、消費されてきました。(*1)そこから着想を得て、江戸の町が発祥と言われる居酒屋文化を身近に感じてもらうことを目的に、「星のや東京酒場」をオープンするに至りました。江戸の人々の日本酒の親しみ方を身近に感じ、江戸文化の魅力を再発見できる催しです。
*1 飯野亮一著「居酒屋の誕生 江戸の呑みだおれ文化」2014年


「星のや東京酒場」におけるコロナ対策


・スタッフの検温実施、マスク着用、衛生管理を徹底します。
・パネルやビニルシートなどのパーテーションを設置し、飛沫感染を防止します。
・備品の消毒を強化します。
・店内は定員を設け、ソーシャルディスタンスを保ちます。
・座席の間隔を十分に開け、十分に換気を行います。
・各所に手指消毒用スプレーを設置します。


「星のや東京酒場」を楽しむ3つのポイント


1 江戸の夏を思わせる屋台と設え


画像 : https://newscast.jp/attachments/zHXnu2ZY77YF0xRGH0GS.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/9ZmeJ9Bmt7Px3T0htZvZ.jpg


江戸の町では、酒屋で酒を飲む「居酒」が盛んに行われていました。神田鎌倉河岸で慶長元年(1596年)に創業した「豊島屋酒店」が、日本酒を安く販売し、おつまみとして味噌を豆腐に塗って焼いた豆腐田楽を提供したのが、居酒屋のルーツとも言われています。(*2)
星のや東京酒場は、星のや東京1階の裏手に期間限定でオープンします。日が傾き始めた夕暮れ時になると、建物の一角が、夏祭りの賑やかな雰囲気を思わせるのれんや提灯が飾り付けられた居酒屋に生まれ変わります。法被姿のスタッフが、星のや東京オリジナルの小判と引き換えに、日本酒とおつまみのセットを提供します。小判はチェックイン時に大人1人につき1枚渡されるほか、フロントで追加購入することも可能です。(1枚500円)
*2 豊島屋本店ホームページ([https://www.toshimaya.co.jp/]{https://www.toshimaya.co.jp/})


2 東京で醸される個性あふれる地酒


画像 : https://newscast.jp/attachments/8sEkgjK1cmIwNHZjyXzv.jpg


星のや東京酒場で提供する日本酒は全て、東京都内の酒蔵で醸された東京の地酒です。原材料の水や米、酵母全てに東京産のものを使用して造られた、豊島屋酒造の「金婚 純米吟醸 江戸酒王子」や東京港醸造の「純米吟醸原酒 江戸開城 All Tokyo」など、江戸や東京にちなんだ銘柄の日本酒を用意します。白ワインを思わせる酸味の際立った軽やかな味わいで、日本酒になじみのない方にもおすすめです。また、お酒を飲めない方やお子様に向けて甘酒やラムネなども用意します。


3 神田・日本橋・人形町の老舗のおつまみ
日本酒に合わせて、江戸時代から現代にいたるまで長い歴史を持ち、江戸情緒を今なお残す神田・日本橋・人形町の老舗の逸品をおつまみとして提供します。1699年(元禄12年)に日本橋で創業した「にんべん」ならではの、出汁の豊かな風味が味わえるぬれおかきや、神田で自家製・無添加にこだわった寒天や甘味を作っている「福尾商店」の梅寒天など、長きにわたり親しまれてきた老舗の味を手軽に味わうことができます。


「星のや東京酒場」概要


■期間:2021年7月1日~8月31日
■時間:17:00~21:00
■場所:星のや東京1階
■料金:無料
*小判1枚につき日本酒とおつまみのセットと交換可能です。
*小判の追加購入には、別途料金がかかります。(1枚500円)
■対象:星のや東京宿泊者
*天候状況により、実施内容やスケジュールが変更になる場合があります。


<最高水準のコロナ対策宣言>



YouTube動画 :
https://www.youtube.com/watch?v=_XK7a2wC5ec


【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
・湿度40%以上を保つ加湿器を全客室に設置(星のや東京、沖縄県内の施設を除く)
・レストランにおけるメニューのQRコード化(界ブランド全施設)


【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化および混雑予測サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)
・パブリックスペースへのCO2(二酸化炭素)濃度測定器の配備
・自然換気、機械換気など、建物の設計にあわせた換気の徹底


関連資料:[【星野リゾート】コロナ対策まとめ]{https://drive.google.com/drive/folders/1VE_ZHeCzopebvZ3htCnqGYAdITPAQh9E}


星のや東京


「塔の日本旅館」をコンセプトに2016年7月に開業。玄関で靴を脱ぎ、畳敷きの伝統的な和室や各階のお茶の間ラウンジ、最上階に温泉を備える星のや初の都市型旅館。
東京都千代田区大手町一丁目9番1/客室数84室
[https://hoshinoya.com/]{https://hoshinoya.com/}




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?