【番組情報】ドキュメント広島 原爆を知らない僕たちは


「原爆や戦争はアニメの世界の話」
「最近起きたことじゃないから、想像がつかない」
原爆投下から今年で76年。被爆地ヒロシマでさえ薄れる記憶…。
それでも“あの日”をめぐる記憶を継承するため、動き出した1人の高校生記者。
同世代に向けて、何を伝えればいいのか―。
悩みながら活動した1年間を追いました。


  


1949年に創部された崇徳高校 新聞部。
部員たちは70年以上にわたり、活字で生徒たちに平和を発信し続けてきました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/0nzkLoCZYi5SzRJJWHa5.jpg
新聞は ほぼ毎日発行


画像 : https://newscast.jp/attachments/9kNyTooWL2z9E1NNMxvn.jpg
過去に発行された新聞


新聞部 2年の川上真生(かわかみ・まお)君は平和問題担当の記者。75回目の原爆の日を迎えたヒロシマを取材しますが、コロナ禍で平和公園を訪れる人は例年より減っていました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/LIHf8VzTJkhcIq4SPFJb.jpg
平和問題担当の川上君


画像 : https://newscast.jp/attachments/wPmX40NXhhXwwVjrWN1u.jpg
去年の8月6日平和公園で取材


これが“人々から忘れられてしまった100年後のヒロシマの姿”なのではないか、
と危機感を抱きます。
「若い世代に原爆や戦争について考えてもらいたい」
そう思う中で、崇徳の被爆した先輩や、平和の発信を行う若者の取材を行い「記憶の継承」をテーマに新聞を作ることに。


画像 : https://newscast.jp/attachments/1VpnX60KWrBtZDEQZWou.jpg
被爆者の“先輩”を取材


画像 : https://newscast.jp/attachments/V5HecnMkiXMCYch9Uyyl.jpg
作成中の紙面


紙面作成は一見、順調に見えましたが…


「まだまだ何も知らないし、原爆に関して“こうするべき”というのは抵抗があるというか…」

画像 : https://newscast.jp/attachments/mHbOqSPj3oQ1fEVR2FcT.jpg


川上君は“あの日”をめぐる記憶を継承する難しさ、重さに直面していました。
悩む中、彼が紡いだ言葉とは…。


放送日時


2月7日(日) 深夜1時~1時30分


過去の「崇徳高校 新聞部」特集



YouTube動画 :
https://www.youtube.com/watch?v=ApFDKsuoIbU



YouTube動画 :
https://www.youtube.com/watch?v=1zRe6SMC4VA



YouTube動画 :
https://www.youtube.com/watch?v=r2VfeHfQ3ZA



YouTube動画 :
https://www.youtube.com/watch?v=3Or-mSSyNcM


「ドキュメント広島」過去放送回のアーカイブ動画視聴はこちら▶ : https://wc.home-tv.co.jp/documenth/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?