【開催レポート】白馬カブスカウト、信州継美隊などと(株)五竜「犬川」ゴミ拾いイベントでSDG’sに貢献


画像 : https://newscast.jp/attachments/rdlpQgbeRq3SI2ymkdKd.jpg


 7月10日(日)株式会社五竜IS&SDG's 委員会主催、信州継美隊協力のもと「海の日」にちなんで犬川沿いのゴミ拾いイベントを行いました。
 参加者は、白馬カブスカウト隊17名、スカウト保護者の方々8名、村内外有志の方17名と五竜スタッフ16名の総勢58名。白馬五竜エスカルプラザ前から、第4駐車場まで一級河川である犬川沿いと道路沿いを範囲に、主に破片となったプラごみ、マスク、たばこの吸い殻、また廃れた土嚢袋、農業用ネット、ビニールシート、ダースケースなどが集められました。
 中には白馬カブスカウトメンバーで、小学校低学年の身長ほどある塩ビパイプの破片、軽トラの荷台からはみ出すほど大きな金属片まで大小さまざま。


画像 : https://newscast.jp/attachments/OgS3dP1QLId5bI028DE6.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/bUbidb7hg97L28OGnJET.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/fvdRT7SFgpRUImqY6tJa.jpg


 ゴミ拾いの前には、海に流れつく前の、川のゴミを拾うことで、海洋マイクロプラスチック問題を防ぐ一助になること、またライスレジンで作られた手提げ袋を使い、ゼロカーボンを意識したごみ処理を目指せることなどを勉強しました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/PWwTjhjy8No56eek1zFB.jpg
ライスレジンで作られたゴミ袋は、原材料である米(古米や酒造りに使用したコメなど)が生育中にCO2を吸収しているので室効果ガスの排出量を全体ゼロに近づけることができます。


画像 : https://newscast.jp/attachments/ASiXNcV2XiPc5o3A2B67.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/ZwZXIpLALeHOIxxOe73N.jpg


最後は参加者みんなでサンタのようにゴミでいっぱいになったゴミ袋を掲げて集合写真。
120袋のゴミを集めることが出来ました。


【(株)五竜の環境理念とSDGs】
 当社は、自然環境に恵まれた北アルプス・五竜岳の尾根から山麓にかけて、スキー場を開発してまいりました。2008年世界標準の環境マネジメントシステム認証ISO14001を取得、 環境負荷の低減に取り組むことは勿論のこと、自然回帰に努力する等、地球環境の保全に配慮した事業活動を積極的に展開することで「持続可能な開発目標」(SDGs)に賛同します。引き続き、地域社会と自然環境の調和を図り且つ、会社の合理的・効率的経営に結びつけサスティナブルな取り組みを進めてまいります。
 現在(公社)日本植物園協会、環境省などと連携し、絶滅の危機に瀕した高山植物の保全を目的とした栽培、環境調査や、高山植物の栽培技術を活用し、雷鳥の餌資源の栽培に取り組んでいます。また、スキー場ではナイタースキーゲレンデのリフト稼働、降雪機、ナイター照明をすべて再生可能エネルギー100%で運営しています。
お客様の満足度を常に考え「最高のサービスと感動」をモットーに、お客様から信頼される企業になるよう努めてまいります。 詳しい取り組みについてはHPをご覧ください。 https://www.hakubaescal.com/general/environment3.html




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?