いつでも、どこでもアユ釣りができる「とちぎのアユ共通遊漁券」 5月15日の解禁に向け県外のお客様に限定販売

栃木県内の漁業協同組合で構成される栃木県漁業協同組合連合会(所在地:栃木県下野市、代表理事会長:螺良 昭人)は、県内すべてのアユ釣り場で使える共通遊漁券の販売に力を入れています。今回、5月15日の解禁に向け県外のお客様に限定販売しております。
新型コロナウイルス感染拡大が落ち着きを見せる中、5月15日の思川を皮切りに続々解禁される栃木県内のアユ釣り場に、県外の釣り客を誘致する試みです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/307100/LL_img_307100_1.jpg
とちぎのアユ共通遊漁券チラシ(表)

1. とちぎのアユ共通遊漁券について
〇栃木県漁業協同組合連合会(栃木県下野市)では、「とちぎのアユ共通遊漁券」を県外在住の方限定で販売します。
〇遊漁券オンライン販売システム「フィッシュパス」による限定販売です。
〇「とちぎのアユ共通遊漁券」は栃木県内すべてのアユ釣り場(14漁協管内)で、シーズン中、何度でも使用できます。河川別解禁日は別紙を参照ください。
〇「フィッシュパス」は非接触型の遊漁券販売システムで、いつでも、どこでも、キャッシュレスで遊漁券を購入できる利便性を有し、新型コロナ感染拡大防止にも効果が期待されます。
〇ご購入いただいた方には共通遊漁券を購入された証としてワッペンをお送りします。ワッペンを装着して頂くことにより釣り場での指導員のお声がけも省略されます。
〇栃木県漁連ホームページ内の特設ページまたは株式会社フィッシュパスのサイトから購入できます。詳しい購入条件や金額などについては、別紙をご参照ください。
〇県内ほとんどの釣り場で使える「とちぎ渓流魚共通遊漁券」も販売中です。


2. 「フィッシュパス」による電子遊漁券について
〇株式会社フィッシュパス(福井県坂井市)が提供するシステムです。
〇ご購入にあたっては「フィッシュパス」への会員登録(無料)が必要です。
〇使用時にGPSをオンにして頂くことにより利用状況や利用箇所の位置情報のデータが集積でき、放流場所の選定や放流量の検討など、新たな漁場管理計画に活用していきます。

※「とちぎのアユ共通遊漁券」で渓流釣りができる漁協
栃木県那珂川漁連(茂木町漁協、那珂川北部漁協、那珂川南部漁協、那珂川中央漁協)、栃木県鬼怒川漁協、塩原漁協、おじか・きぬ漁協、栃木県下都賀漁協、小倉川漁協、粕尾漁協、荒井川漁協、黒川漁協、渡良瀬漁協

※「とちぎ渓流魚共通遊漁券」で渓流釣りができる漁協
栃木県那珂川漁連(茂木町漁協、那珂川北部漁協、那珂川南部漁協、那珂川中央漁協)、栃木県鬼怒川漁協、塩原漁協、今北漁協、おじか・きぬ漁協、湯西川漁協、栗山漁協、川俣湖漁協、栃木県下都賀漁協、小倉川漁協、粕尾漁協、荒井川漁協、黒川漁協、渡良瀬漁協、足尾町漁協


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?