アジア太平洋地域のソーラーパネルリサイクル市場は2027年までに年率21.8%で成長


画像 : https://newscast.jp/attachments/hb1pfK2O9kC4ekRWId5D.png


アジア太平洋地域のソーラーパネルリサイクル市場は、2021年から2027年にかけて年率21.8%で成長し、市場規模は3億9,940万ドルに達する見込みです。
本レポートは88ページからなる「アジア太平洋地域のソーラーパネルリサイクル市場 2020-2027年:プロセス別(機械的、熱的、レーザー、化学的)、パネルタイプ別(単結晶、多結晶、薄膜)、保存期間別(初期損失、通常損失)、国別」のレポートです。Trend Outlook and Growth Opportunity」は、アジア太平洋地域のソーラーパネルリサイクル市場全体と、そのサブセグメントを詳細に分類した上で、包括的に調査したものです。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=GMD705


このレポートは、アジア太平洋地域のソーラーパネルリサイクル市場とそのサブセグメントの包括的な調査に基づいています。本レポートは、2017年から2019年の調査に基づいており、2019年を基準年として2020年から2027年までの推計・予測を行っています。
また、詳細な定性分析では、以下の点を確認・調査しています。
市場の構造
成長ドライバー
阻害要因と課題
新製品の動向と市場機会
ポーターの5つの力
COVID-19を考慮に入れて、アジア太平洋地域の市場の動向と見通しを楽観的、バランス的、保守的に予測しています。バランス型(最も可能性の高い)予測では、プロセス、パネルタイプ、シェルフライフ、国の観点から、分類のあらゆる側面でアジア太平洋地域のソーラーパネルリサイクル市場を定量化しています。


プロセスに基づいて、アジア太平洋地域の市場は以下のサブマーケットに分類され、各セクションに2017-2027年の年間収益が含まれています。


メカニカルリサイクル
サーマルリサイクル
レーザーリサイクル
ケミカルリサイクル
その他のプロセス


パネルタイプに基づいて、アジア太平洋市場は以下のサブマーケットに分けられ、各セクションには2017年から2027年までの年間収益が含まれています。


単結晶ソーラーパネル
多結晶ソーラーパネル
薄膜ソーラーパネル


賞味期限に基づいて、アジア太平洋市場は以下のサブマーケットに分類され、各セクションに2017-2027年の年間収益が含まれています。


初期ロス
通常の損失


地理的には、以下の国/地域の市場を完全に調査しています。


日本
中国
韓国
オーストラリア
インド
APACの残りの地域(さらにマレーシア、シンガポール、インドネシア、タイ、ニュージーランド、ベトナム、台湾、フィリピンに分けられる
各主要国について、2017年から2027年までの詳細な分析と年間収益のデータを掲載しています。また、予測年における主要国市場のプロセス別、パネルタイプ別、シェルフライフ別の内訳も掲載しています。
また、現在の競争シナリオと予測されるトレンドをカバーし、市場リーダーや重要な新興プレーヤーを含む主要ベンダーを紹介しています。


主要プレイヤー(完全なリストではなく、要望に応じて追加することも可能です。


カナディアン・ソーラー社
EIKI SHOJI Co. Ltd.
ファースト・ソーラー・インク
インターコ・トレーディング株式会社
PV Cycle a.i.s.b.l.
リクレイム PVリサイクリング Pty Ltd.
ライリングGmbH & Co. KG
REMA PV System AS
リノバゾールGMBH
シャープ(株)
シルコンテル株式会社
サンパワー社
Trina Solar Co., Ltd.
鶯谷エネルギー株式会社 Ltd.


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=GMD705


私たちに関しては:
私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?