アジア太平洋地域の原子炉建設市場は、2021-2027年に2,032億6,000万ドルに達する見込み


画像 : https://newscast.jp/attachments/88YL5ttLoF1lWuY3sQFZ.png


アジア太平洋地域の原子炉建設市場は、技術の進歩と化石燃料を再生可能エネルギーに置き換える必要性の高まりにより、2021年から2027年にかけて年率4.5%で成長し、アドレス可能な市場総額は2,032億6,000万ドルに達すると予測されています。
本レポートは90ページからなる「アジア太平洋地域の原子炉建設市場 2020-2027年:提供物(機器、設置サービス)、原子炉タイプ(PWR、BWR、PHWR、HTGCR、LMFBR)、建設タイプ(新規建設、原子炉アップグレード)、国別」をまとめたものです。Trend Outlook and Growth Opportunity」は、アジア太平洋地域の原子炉建設市場全体と、そのサブセグメントを詳細に分類した上で、包括的に調査したものです。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=GMD693


このレポートは、アジア太平洋地域の原子炉建設市場とそのサブセグメントの包括的な調査に基づいています。本レポートは、2017年から2019年の調査に基づいており、2019年を基準年として2020年から2027年までの推定・予測を行っています。
また、詳細な定性分析では、以下の点を確認・調査しています。
市場の構造
成長ドライバー
阻害要因と課題
新製品の動向と市場機会
ポーターの5つの力
COVID-19を考慮に入れて、アジア太平洋地域の市場の動向と見通しを楽観的、バランス的、保守的に予測しています。バランス型(最も可能性の高い)予測では、「オファー」、「原子炉タイプ」、「建設タイプ」、「国」の観点から、分類のあらゆる側面でアジア太平洋地域の原子炉建設市場を定量化しています。


オファリングに基づいて、アジア太平洋市場は以下のサブマーケットに分類され、各セクションに2017年から2027年の年間収益が含まれています。


機器
設置サービス


リアクタータイプに基づいて、アジア太平洋市場は以下のサブマーケットに分類され、各セクションに2017-2027年の年間収益が含まれています。


加圧水型原子炉(PWR)
沸騰水型原子炉(BWR)
加圧重水炉(PHWR)
高温ガス炉(HTGCR)
液体金属高速増殖炉(LMFBR)


建設タイプに基づいて、アジア太平洋市場は以下のサブマーケットに分類され、各セクションに2017-2027年の年間収益が含まれています。


新規建設
原子炉のアップグレード


地理的には、以下の国/地域の市場を完全に調査しています。


日本
中国
韓国
パキスタン
インド
APACの残りの地域
各主要国については、2017年から2027年までの詳細な分析と年間収益のデータを掲載しています。また、予測年における主要国市場のオファリング別、リアクタータイプ別、建設タイプ別の内訳も記載しています。
また、現在の競争シナリオと予測されるトレンドをカバーし、市場リーダーや重要な新興プレーヤーを含む主要ベンダーを紹介しています。


主要プレイヤー(完全なリストではなく、要望に応じて追加することも可能です。


アレバSA
ビルフィンガーSE
中国国家核公司
東方電気工業株式会社
Doosan Heavy Industries & Construction Co. Ltd.
GE-Hitachi Nuclear Energy Inc.
KEPCOエンジニアリング&コンストラクション
ラーセン&トウブロ社
三菱重工業株式会社
上海電気集団有限公司
シーメンス社
KODA JS a.s.
ウェスティングハウスエレクトリックカンパニーLLC(東芝)


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=GMD693


私たちに関しては:
私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?