イベント「障がい者 チャレンジド e-スポーツ杯」をオンラインにて2022年10月10日(月・スポーツの日)に開催

一般社団法人障がい者e-スポーツ協会(所在地:兵庫県明石市、理事長:竹本 久保)は、「第2回 障がい者e-スポーツ大会 チャレンジドe-スポーツ杯」を2022年10月10日(月・スポーツの日)に開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/322396/LL_img_322396_1.png
障がい者e-スポーツ協会

■障がい×e-スポーツ=可能性∞
障がいのある方の多くは人や社会との関りを強く求めていますが、社会では障がいについての理解がまだまだ進んでおりません。e-スポーツでは、障がいを個性・特性として活かし、障がい者が自分らしさを表現することができます。こういった経験を通して、障がい者が自分らしさを活かして、人や社会とつながる場をつくりたいと考えています。


■チャレンジドe-スポーツ杯とは?
障がいのある方がプレイヤーとなり優勝を競うe-スポーツ大会です。「チャレンジド」とは、障がいのある人をあらわす、アメリカで生まれた言葉です。「挑戦すべき課題や才能を与えられた人々」という意味がこめられています。2020年7月に第1回大会が開催され、新型コロナウイルスの感染拡大等の影響により約2年ぶりの開催となります。


■第2回 障がい者e-スポーツ大会 チャレンジドe-スポーツ杯の開催
今回はオンラインでの開催となり、全国の障がいのある方(満16歳以上)にエントリーしていただくことができます。また、オンラインにて観戦会場も設置します。1人でも多くの方に挑戦いただき、そして観戦いただき、盛り上がる大会になることを願っています。

また、大会の運営には莫大な費用が必要となり、多くの企業等に協賛をいただくことで大会が実現しております。今後の大会の継続的な開催のために、クラウドファンディングも実施しておりますので、ご協力いただければと思います。

この大会をきっかけに多くの方に障がいのある方への理解・興味・関心を持っていただき、障がいがあっても安心して暮らせる、そんな温かい社会を築いていきたいと思います。


<大会概要>
【イベント名】
第2回 障がい者e-スポーツ大会 チャレンジドe-スポーツ杯

【使用タイトル】
FORTNITE PC版バトルロイヤルモード
※本イベントはEPIC GAMES,INC.が主催、推奨、または運営するものではなく、また同社との関連もありません。本イベントに関連してプレイヤーが提供する情報は、EPIC GAMES, INC.ではなく、イベント主催者に提供されています。

【開催日時】
2022年10月10日(月・スポーツの日) 13:00~15:00

【開催場所】
オンライン ※兵庫県明石市に観戦会場を設置予定

【参加費】
選手 :無料
観戦(オンライン):¥1,000~
観戦(会場) :¥1,500~

【優勝賞金】
10万円

【参加対象】
2022年10月10日時点で満16歳以上、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、自立支援医療受給者証のいずれかをお持ちの方

【定員】
選手:100名

【主催】
一般社団法人障がい者e-スポーツ協会

【後援】
兵庫県、公益社団法人兵庫県障がい者スポーツ協会、神戸市社会福祉協議会、明石市社会福祉協議会、神戸市西区社会福祉協議会

【協賛】
一般社団法人カレッジ、特定非営利活動法人アゲイン、株式会社kookoo&co、Plus One、特定非営利活動法人訪問介護ハバナケア、NPO法人こぐまくらぶ、一般社団法人ひととまちサポート、株式会社コアケアサービス、株式会社Licre Home、整骨院いろり堂、富永享子、Freed Japan、社会福祉法人明桜会、社会福祉法人すいせい、特定非営利活動法人かがやき、認定NPO法人ぱれっと、株式会社柿野工務店、ふくろう、SAEKI、大阪住宅安全衛生協議会、株式会社安全センター、安全支援センター、古江台体育振興会

【大会詳細・エントリーページ】
https://hp-e-sports.com/lp/20221010/

【クラウドファンディング】
https://readyfor.jp/projects/challenged-esports2022


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?