インシュアテックの市場規模は2028年までに458.8億米ドルに達する見込み


画像 : https://newscast.jp/attachments/JRp0ShzMGNBvPLIoXYNK.png


Report Oceanの新しい調査によると、世界のインシュアテック市場規模は2028年までに458億8,000万米ドルに達すると予想されています。レポート「インシュアテック市場 - デプロイメントモデル別(オンプレミス、クラウド)、保険タイプ別(商業保険、損害保険、健康保険、生命保険、その他)、エンドユース別、テクノロジー別、地域別、グローバルな機会分析と業界予測2028年」は、現在の市場ダイナミクスを詳細に把握し、今後の市場成長に関する分析を提供しています。
データ生成量の大幅な増加に加え、ウェアラブル技術の導入が進んでいること、ギャップを特定して顧客サービスを向上させるためのソーシャルメディアの利用が増えていることなどが、市場に多くの成長機会をもたらしています。また、スマートフォンやその他のモバイル機器の導入が進んでいることと、データ保存コストの削減も市場の成長を促進しています。リスクモデリングと不正分析の必要性が高まり、IoT、ブロックチェーン、クラウドコンピューティング、人工知能などの技術の統合が進んでいることも、世界のインシュアテック産業の市場成長を後押ししています。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC133


クラウドベースの導入は、様々な業界でますます重要な役割を果たすようになると考えられています。これは、データ保存のためのクラウドへの依存度が高まり、重要なデータに時間と場所を問わず瞬時にアクセスできるようになったためです。これにより、アプリケーションの開発、管理、アクセスを効率的に行うことができます。クラウドベースの展開は、迅速な提供、共有リソースの効率的な使用、拡張性の向上をもたらします。
本レポートでは、商業保険、損害保険、健康保険、生命保険など、さまざまな保険の種類を取り上げています。損害保険では、地理空間分析を利用する傾向が強まっています。企業は、手頃な価格の航空写真と機械学習を統合して、損害保険に活用しています。地理空間分析を採用することで、意思決定が強化され、不動産検査時の行動が少なくなります。
レポートで取り上げているエンドユーザーは、BFSI、ヘルスケア、製造業、政府、小売、運輸、その他です。BFSI分野では、リスクのモデル化や分析、不正行為の防止などのニーズが高まっているため、インシュアテックへの需要が大きくなっています。銀行や金融機関が生成するデータは非常に機密性が高いため、ブロックチェーン、クラウドコンピューティング、機械学習などの先進技術を統合することでデータセキュリティを向上させることが、予測期間中にインシュアテックの導入を後押しすると考えられます。
予測分析はインシュアテックの主要な部分を占めており、現在および過去のデータを確認し、モデル化技術を用いて将来起こりうる事象を予測するために組織が導入しています。予測分析では、数学的およびデータ技術を用いて、予測パターンや傾向を探ります。これには、データマイニング、ウェブマイニング、テキストマイニング、統計的時系列予測などが含まれます。組織は、リスクと機会を特定するために予測分析を実施します。予測分析は、予測モデリング、意思決定分析、最適化、取引プロファイリングなどの分野で採用が拡大しています。
2020年には北米市場が世界のインシュアテック業界を席巻しましたが、予測期間中もその優位性を維持することが予想されます。北米地域では、小売業、ヘルスケア、輸送、製造業などの業界での導入が進んでいることが、市場成長の大きな要因となっています。
中堅・中小企業による投資の増加や、通信業界における技術の進歩は、予測期間中のインシュアテックの市場成長を促進すると考えられます。企業は、消費者や市場に関する貴重な情報を得たり、将来起こりうる事象に関する知識を得たり、データに基づいたビジネス上の意思決定を行ったり、顧客サービスを向上させたりするために、インシュアテックを導入しています。
技術の進歩や顧客体験の向上に対するニーズの高まりを受けて、企業は顧客の維持や市場シェアの獲得のために協力し合っています。主要な市場参加者には、Oscar Insurance、Trōv, Inc.、Wipro Limited、DXC Technology Company、Zhongan Insurance、Friendsurance、Shift Technology、Quantemplate、GetInsured、Insurance Technology Services、Analyze RE、Majesco、Allay、Damco Group、Bayzat、Claim DIなどがあります。


セグメント別に見ると


インシュアテックの展開モデルの展望(売上高、USD Million、2016年~2028年


オンプレミス
クラウド


インシュアテック保険タイプの展望(収益、USD Million、2016年~2028年


商業用保険
損害保険(Property and Casualty Insurance)
健康保険
生命保険
その他


インシュアテックのエンドユーザーの展望(売上高、USD Million、2016年~2028年


BFSI
ヘルスケア
製造業
官公庁
小売業
交通機関
その他


インシュアテック技術の展望(売上高、米ドル、2016年~2028年


クラウドコンピューティング
ブロックチェーン
ビッグデータとアナリティクス
人工知能
IoT
機械学習
その他


インシュアテックの地域別展望(売上高、USD Million、2016年~2028年


北アメリカ
アメリカ
カナダ
ヨーロッパ
ドイツ
イギリス
フランス
イタリア
スペイン
オランダ
オーストリア
アジア・パシフィック
中国
インド
日本
韓国
インドネシア
マレーシア
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
アルゼンチン
中近東・アフリカ
サウジアラビア
南アフリカ共和国
イスラエル
アラブ首長国連邦


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC133


私たちに関しては:
私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?