“エシカル消費”を醸成する福利厚生 「買い物は投票」という考えを実践する『エシカル手当』 開始から1年を振り返りSDGs意識深める 1月20日

メンズコスメブランドZIGEN株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:烏山友幸)は、環境にやさしい商品の購入代金を月5,000円まで会社が負担する福利厚生『エシカル手当』を、昨年1月から開始しました。1年間の総まとめとしてこれまでの購入品すべての振り返りをおこなう、「エシカル手当全体ミーティング」を2023年1月20日(金)に実施し、全社員のSDGsへの理解を深めました。



■環境にも肌にも優しいメンズコスメブランドが実践する「買い物は投票」という福利厚生
 当社が1年前に制定した『エシカル手当』とは、環境問題に貢献する商品や、環境にやさしい原材料を使用した商品などの購入代金を、月5,000円まで会社が負担するという福利厚生です。当制度の利用条件は、SDGsにかかわる商品であることと、使用後にレポートを提出することです。レポートには、購入動機や使った感想などを記載し、写真付きで提出します。また、毎月1回、各々が購入した商品を持ち寄って「エシカル手当ミーティング」を実施し、他の社員が購入したエコ商品の情報をシェアしたり、レポートを共有して気付きを得たりなど、業務にも直結する福利厚生として活用されています。
 当福利厚生が制定されて1年が経過した2023年1月20日には、全社員が参加した「エシカル手当全体ミーティング」をおこない、これまで1年間の購入商品・レポートすべてを振り返りました。当ミーティングでは、新たな商品開発やボトルの新素材などのアイデアが生まれたり、メンズコスメ市場にはない斬新な考え方の導入を検討したりなど、さらにSDGsへの興味関心を深めることができました。
 当社は、環境問題を考慮した商品開発をおこない、“エシカル消費”を促している企業であるからこそ、当福利厚生の制定を通じて社員に「買い物は投票」という意識を醸成することで、サステナブルな社会を目指した事業に活かしていきます。

■その他ユニーク福利厚生『選挙手当』 社会問題に無関心だった代表自身の自省から
 当社は他にもユニークな福利厚生を制定しています。
 当社の『選挙手当』は、2022年7月10日におこなわれた参議院選挙を機に開始しました。この『選挙手当』とは、投票済証明書を提出すると、5,000円の手当が支給されます。昨年11月の福岡市長選では、福岡市民の社員全員が『選挙手当』を利用しました。
 この『選挙手当』制定のきっかけは、当社代表烏山が、若いころ政治に無関心だった自省から、社員には若いうちから社会問題や政治に興味を持ち、自分の未来は自分で決める・切り開くようになってもらいたいとの思いからです。ここから社会問題、環境問題を喚起する土壌が社内に生まれ、『エシカル手当』活用促進や、SDGsに貢献する事業の拡大にもつながると考えています。

■SDGs視点を取り入れたメンズコスメブランド 環境に考慮した高品質の商品開発
 当社は2022年10月に「ZIGEN」ブランド設立9周年目を迎え、同時期にシリーズ累計販売数が50万本を突破した発表に至りました。

 当社は、2013年より「フェイスウォッシュ」と「オールインワンフェイスジェル」の、わずか2アイテムから販売をスタートしました。男性特有の肌質を考慮しつつ、男性の好む使い心地を追求し、忙しい男性のライフスタイルにマッチした商品開発を進めた結果、化粧品単体としてではなく男性の肌に寄り添うトータル設計にこだわったメンズコスメとしてリーディングカンパニーの地位を確立しました。
 また、当社商品の特徴には、合成界面活性剤フリー・紫外線吸収剤フリー・パラベンフリー(防腐剤フリー)・ノンシリコン・無香料・無着色などの肌に優しい低刺激処方にこだわり、さらにはセラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸を贅沢に配合するなど高品質を誇ります。



さらには、7世代先の未来のために環境問題にも真摯に取り組み、“エシカル消費”を提案しています。たとえば当社の「フェイスウォッシュ」には一般的な洗顔料に配合されているスクラブ剤「マイクロプラスチックビーズ」は一切使用していません。その他、排水として流れ出てたあとに水で分解される純石けんのみを原料にした「オールインワン スカルプシャンプー」や、サンゴ礁を破壊する原因の紫外線吸収剤フリーの「プロテクションBBクリーム」「日焼け止め」などを開発してきました。容器にもこだわりを持ち、地球環境に配慮したサトウキビ由来のバイオマスペット素材が30%配合された容器の採用や、従来製品と比較して使用するプラスチック量の削減を図るために形状を見直すなど、環境問題に向き合った商品として販売しています。
 また通販会社として、効率的な物流への取り組みとして、再配達削減の意識向上に向け、宅配BOX利用の可否のチェックボックスを早くから設置しました。チェックBOX設置前の2017年は宅配BOX利用希望者の割合がわずか6%であったのに対し、2022年12月は20%まで伸長し、再配達削減に貢献しています。

 このように当社は、男性の美容意識の高まりから昨今のメンズコスメ市場の急成長による追い風に加えて、男性の肌に寄り添う商品開発、SDGsの課題に呼応する商品展開、物流の効率化への協力など、あらゆる角度から環境を考慮し、かつ高品質の商品開発が支持された結果、“シリーズ累計販売50万本突破”に至ったと考えています。

 当社はこれからも、地球環境保全と持続可能な社会の実現に向け、当社の製品を選んでいただくことで“エシカル消費”につながるブランドとして、さらには社員の社会貢献・政治参加の意識を醸成する福利厚生・社内制度を通じて、7世代先の未来に貢献できる企業でありたいと考えています。

【福利厚生の概要】
制度名:エシカル手当
開始日:2022年1月1日
内容 :環境問題に貢献する商品や、環境にやさしい原材料を使用した商品などの購入代金を、月5,000円まで会社が負担。購入動機や使った感想などを記載したレポートを提出し、月1回程度購入商品を紹介するミーティングを実施して、情報共有する。

制度名:選挙手当
開始日:2022年7月10日
内容 :投票済証明書を提出すると、5,000円の手当が支給される。

【会社概要】
社名    :ZIGEN(ジゲン)株式会社
代表    :代表取締役 烏山 友幸
本社所在地 :福岡県福岡市中央区警固2丁目18-13 オークビル1 701
URL    :https://www.zigen-shop.com/
設立    :2015年7月
資本金   :1,000万円
事業内容  :メンズコスメ販売、ECコンサルティング
お客様からのお問合せ先:
フリーダイヤル:0120-927-101(月~金 / 10:00~17:00)

【メンズコスメブランド「ZIGEN」とは】
 「ZIGEN」は、「環境をスキンケアと共に考える」というコンセプトの下、男性の肌にも環境にも優しい「商品以上の価値」を提供するメンズコスメブランドです。
 実はダメージを受けやすく繊細な男性の肌に根本から向き合い、合成界面活性剤・合成香料着色料・防腐剤など、肌へ負担のかかる成分は一切不使用。スキンケア製品として肌に優しいことだけでなく、日々使用する洗顔料や洗浄料が、海を汚さない成分の選定やエコ容器の積極採用など環境問題にも真摯に取り組み、7世代先の未来のためのサステナブルな製品設計を行っています。
 また、商品開発だけでなく、ペーパーレス化や、ギフト用の手提げ袋の印刷に再生産可能な植物から生産されたベジタブルインキの採用、挨拶状は日本の竹を100%製紙原料として活用した「竹紙」を採用するなど、環境に配慮したさまざまな取り組みも促進しています。

 今後も、環境への100の負担を0%にする考え方ではなく、90%、80%にフレキシブルに取り組み、「ZIGENを使うことで、自然とエコに貢献できる、環境に優しい人になれる」そんな新たな価値とスタンダードを、男性のスキンケアに提供し続けます。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先
ZIGEN広報事務局 担当:福土
MOBILE:080-6538-6292
TEL:03-5411-0066 FAX:03-3401-7788
E-mail:pr@netamoto.co.jp



配信元企業:ZIGEN株式会社
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?