キャンピングカー保有台数は対前年比106.7%の約127,400台に増加!!市場販売総額は582億円となり拡大!!最新キャンピングカー事情を知る「キャンピングカー白書2021」を発行

一般社団法人日本RV協会(所在地:神奈川県横浜市、会長:荒木 賢治)は、キャンピングカーユーザーや業界の動向を調査し、多くの方に情報を知っていただくため、キャンピングカー白書を作成しております。2021年6月に最新版を発行いたしましたので、その内容を抜粋し、発表させていただきます。

以下にキャンピングカー白書2021よりレポートを抜粋しました。詳しい内容につきましては、キャンピングカー白書2021をご確認ください。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/260919/LL_img_260919_1.jpg
イメージ画像

日本RV協会URL: https://www.jrva.com/


■キャンピングカー保有台数は対前年比106.7%で約127,400台に
国内にキャンピングカーがどの程度保有されているのか、調査対象の生産台数、輸入台数、販売台数、廃車台数から、その数値を割り出してみた。すると、2020年のキャンピングカー保有台数は約127,400台となり、対前年比106.7%の増加となった。(図1)
国内のキャンピングカー保有台数は増え続けており、2016年に10万台を超えてから、順調にその数値を伸ばしている。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/260919/LL_img_260919_2.jpg
図1

■キャンピングカーの国内生産台数は前年対比115.3%で7,000台を超える
国内のキャンピングカー生産台数は順調に増えていて、2020年の生産台数は7,434台となった。キャブコン、バンコン、バスコン、キャンピングトレーラー、8ナンバー以外のクルマがともに、前年の生産台数を上回っている。(図2)
生産台数の比率はバンコンが全体の31.2%を占めており、軽自動車ベースのモデルを除外した数値でも、キャブコンの31.0%を抑えて37.0%となっていることから、国内生産台数のバンコン占有比率が高いことが分かる。
軽ベースの車両を注目してみると、キャブコンは対前年比83.6%であったが、バンコンは144.7%と増加している。また軽ベースの8ナンバー以外の車両も、対前年比で161.2%と増えていることから、軽ベースのクルマの生産台数が増加したことが分かる。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/260919/LL_img_260919_3.jpg
図2

■2020年のキャンピングカー販売総額は582億円となり市場は拡大
新車、中古車のキャンピングカー、8ナンバー以外となるキャンピングカー仕様車の新車、中古車のすべてを合わせて、販売総額を集計したところ、2020年は582億2,389万円となった。(図3)
2017年から424億円、458億円、526億円、582億円と増加しながら推移してきている。車種ごとの販売金額を見てみると、キャンピングカー登録となる8ナンバーの新車が336億円、中古車が137億円、8ナンバー以外の新車が90億円、中古車が17億円であった。
前年と比べると多くの車種で総販売額が増えており、なかでも8ナンバー以外の新車は対前年でプラス41億円と大幅な増加をみせた。前出の生産台数では、8ナンバー以外のクルマが減少していることから、1台あたりの販売価格が上昇したのかもしれない。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/260919/LL_img_260919_4.jpg
図3

■コロナ禍で活動が制限された2020年の現状
新型コロナウイルスの影響を受け、キャンピングカーの利用に変化があったオーナーに、どのような変化が起きたのかを聞いてみた。(図4)
最も多かったのが、旅行を計画しなくなったであった。キャンピングカーユーザーは活発に活動する人が多いが、今回の影響によって、旅行自体を諦める人がたくさん居たようだ。不要不急の外出は控えるようにしなければならず、レジャー用途で利用している人が多いキャンピングカーは、直接、その用途を制限されることになった。
さらに、近隣エリアを目的地にするようになったオーナーは49.2%で、その行動範囲がコンパクトになっているのが分かる。県をまたぐ移動が制限されたこともあり、遠くへ行くことがはばかられ、オーナーの行動が消極的になったと言わざるをえない。
しかし、3密を避ける場所を目的地にするようになったなど、キャンピンカーだからこそ、制限された環境下であっても、旅を楽しめたともいえる。例え、それが近場であったとしても、旅をする楽しさを多くのユーザーが感じていたことは容易に推測できる。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/260919/LL_img_260919_5.jpg
図4

■キャンピングカーが災害時の備えに
普段はレジャー仕様として利用していても、災害が発生した時、そのキャンピングカーの特性が役に立つことがある。生活するための設備が整っており、シェルターとしての空間を確保できるからだ。また、現代のライフラインとも言える電源の確保も大きなポイントと言えるだろう。
そんなキャンピングカーの機能性が災害時に活躍するかをキャンピングカーユーザーに聞いてみたところ、99.2%の人が活躍すると答えた。ほとんどの人が、いざという時にキャンピングカーの活用を認識していることが分かった。(図5)

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/260919/LL_img_260919_6.jpg
図5

■調査概要
【ユーザーアンケート調査の概要】
調査対象:「くるま旅クラブ」会員のキャンピングカーユーザー11,315人
(2020年12月現在)<回収 2,407人/回収率 21.3%>
調査方法:アンケート専用WEBページ上でアンケートを行い
日本RV協会事務局が集計
調査項目:41項目
調査期間:2021年1月15日~2月28日

【キャンピングカー業界調査の概要】
調査対象:日本RV協会員のキャンピングカーメーカーおよび販社113社
<回収 107社/回収率 94.7%>
調査方法:アンケート用紙を郵送し、返信を日本RV協会事務局が委託した
調査機関にて集計
調査項目:141項目
調査期間:2020年12月末日~2021年1月末

※同データにおいては協会非会員事業者による登録・販売数は含みません


■キャンピングカー白書2021概要
書籍名:キャンピングカー白書2021 ユーザーと業界の現在
発行 :一般社団法人日本RV協会 事務局
発行日:2021年6月1日
価格 :5,500円(税込)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?