クイズの総合商社 株式会社キュービック調べ 現在放送中のクイズ番組ランキング 好きなクイズ番組 1位『チコちゃんに叱られる!』2位『ネプリーグ』3位『芸能人格付けチェック』 60代・70代の2位は『世界 ふしぎ発見!』

株式会社キュービック(東京都渋谷区、代表取締役:仲野 隆也)は、2022年7月15日~7月16日の2日間、全国の15歳~79歳の男女を対象に「クイズに関する調査」を実施し、1,000名の有効サンプルを集計しました。(調査協力機関:ネットエイジア株式会社)

[調査結果]
【クイズに関する意識・実態】
◆「クイズが好き」67%、10代では73%、60代では76%、クイズファンの割合は近畿で高い傾向

全国の15歳~79歳の男女1,000名(全回答者)に、クイズまたはクイズ番組に関する意識や経験について、自身にどのくらいあてはまるか質問しました。

【クイズが好き】については、「非常にあてはまる」は16.5%、「どちらかといえばあてはまる」は50.4%で、合計した『あてはまる(計)』は66.9%、「全くあてはまらない」は12.4%、「どちらかといえばあてはまらない」は20.7%で、合計した『あてはまらない(計)』は33.1%となりました。
年代別にみると、『あてはまる(計)』の割合は、10代(73.2%)、60代(76.1%)、70代(74.6%)では7割を超えました。

エリア別にみると、『あてはまる(計)』の割合は、近畿(72.2%)が最も高くなり、九州・沖縄(69.9%)、東海(69.2%)が続きました。“クイズファン”の割合には、西高東低の傾向がみられました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_1.jpg

◆「クイズを月に1回以上楽しんでいる」46%、70代では66%
◆「YouTubeでクイズ関連の動画を見たことがある」23%、10代では51%

【クイズを月に1回以上楽しんでいる】については、『あてはまる(計)』は45.5%となりました。半数近くの人に、毎月クイズを楽しむ習慣があることがわかりました。
年代別にみると、『あてはまる(計)』の割合は、70代(66.2%)が最も高くなりました。

【YouTubeでクイズ関連の動画を見たことがある】では、『あてはまる(計)』は23.3%となりました。
年代別にみると、『あてはまる(計)』の割合は、10代(50.7%)では半数以上となりました。10代には、YouTuberがハイレベルなクイズに挑戦している動画や、クイズでさまざまな知識を得られる動画などを視聴した経験があるという人が多いのではないでしょうか。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_2.jpg

◆「クイズは認知症予防に役立つと思う」81%、60代では89%
◆ビジネスパーソンの51%が「クイズはビジネス研修に役立つと思う」と回答

【クイズは認知症予防に役立つと思う】では、『あてはまる(計)』は80.8%となりました。クイズが脳の活性化や、認知機能の維持・向上に役立つと考える人は多いようです。
年代別にみると、『あてはまる(計)』の割合は、60代(88.7%)、70代(88.0%)では9割近くとなりました。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_3.jpg

【クイズはビジネスに役立つと思う】については、有職者(579名)のうち、55.6%が『あてはまる(計)』と回答し、【クイズはビジネス研修に役立つと思う】については、有職者(579名)のうち、51.1%が『あてはまる(計)』と回答しました。ビジネス研修にクイズを活用すると、業務知識の習得を効果的に行えると感じている人が多いのではないでしょうか。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_4.jpg

◆「クイズは受験勉強に役立つと思う」58%、10代と40代では62%
◆子どもがいる人の82%が「子どもにクイズを楽しんでもらいたい」と回答、母親では87%

【クイズは受験勉強に役立つと思う】では、『あてはまる(計)』は58.3%となりました。
年代別にみると、『あてはまる(計)』の割合は、10代(62.0%)と40代(61.8%)では6割以上となりました。受験生が多い10代や、中高生の親世代にあたる40代の多くが、クイズは受験勉強に有用だと実感しているようです。

【子どもにクイズを楽しんでもらいたい】については、子どもがいる人(493名)のうち、81.7%が『あてはまる(計)』と回答しました。クイズを通して子どもの好奇心を刺激し、思考力・発想力を育みたいと思う親が多いのではないでしょうか。
男女別にみると、『あてはまる(計)』の割合は、女性では86.6%と、男性(76.2%)と比べて10.4ポイント高くなりました。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_5.jpg

◆好きなクイズの形式 1位「雑学クイズ」2位「早押しクイズ」3位「イントロクイズ」

クイズには、「○×クイズ」「早押しクイズ」「イントロクイズ」「並べ替えクイズ」などさまざまな形式がありますが、どのような形式のクイズが人気なのでしょうか。

全回答者(1,000名)に、好きなクイズの形式を聞いたところ、1位「雑学クイズ」、2位「早押しクイズ」、3位「イントロクイズ」、4位「選択式クイズ」、5位「画像クイズ」と、普段の生活や会話に役立つ知識を身につけられる「雑学クイズ」に最も多くの人気が集まる結果となりました。

年代別にみると、10代~30代(428名)では「早押しクイズ」が1位でした。若年層では、競い合う楽しさやドキドキ感を味わえる「早押しクイズ」を挙げる人が多い結果となりました。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_6.jpg

◆「クイズを自作したことがある」クイズ好きな20代男性の35%
◆「クイズの研究会・愛好会に入ったことがある」クイズ好きな30代男性の21%

クイズファンは、どのようにクイズを楽しんでいるのでしょうか。
クイズが好きな人(669名)に、クイズまたはクイズ番組に関する経験や意識について、自身にどのくらいあてはまるか質問しました。

【クイズを自作したことがある】では、『あてはまる(計)』は17.6%となりました。
性年代別にみると、『あてはまる(計)』の割合は、10代男性(33.3%)と20代男性(35.0%)が高くなりました。若年層男性のクイズファンには、自分でクイズの問題を作って友人・知人に出題した経験のある人が多いのではないでしょうか。

【クイズの研究会・愛好会に入ったことがある】では、『あてはまる(計)』は6.3%となりました。
性年代別にみると、『あてはまる(計)』の割合は、20代男性(20.0%)と30代男性(20.9%)が高くなりました。20代男性・30代男性のクイズファンには、高校や大学のクイズ研究会・愛好会に所属してクイズの腕を磨いていた人が少なくないようです。
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_7.jpg

◆クイズ好きな人の20%が「クイズ番組に出演したい」と回答

【クイズ番組に出演したい】では、『あてはまる(計)』は20.3%となりました。
性年代別にみると、『あてはまる(計)』の割合は、男性では20代(35.0%)、女性では30代(32.5%)が最も高くなりました。20代男性、30代女性には、テレビのクイズ番組を視聴するだけでなく、解答者として出演してみたいと希望する人が多いようです。
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_8.jpg

【往年のクイズ番組ランキング】
◆平成・昭和に放送された往年のクイズ番組ランキング
好きだったクイズ番組 1位『平成教育委員会』2位『なるほど!ザ・ワールド』
10代~30代の1位は『クイズ!ヘキサゴン2』、60代・70代の1位は『連想ゲーム』

全回答者(1,000名)に、平成・昭和に放送された往年のクイズ番組について質問しました。

平成・昭和に放送された往年のクイズ番組で、好きだった番組を聞いたところ、1位『平成教育委員会』(35.8%)、2位『なるほど!ザ・ワールド』(33.7%)、3位『アメリカ横断ウルトラクイズ』(33.1%)、4位『連想ゲーム』(31.2%)、5位『クイズダービー』(30.1%)となりました。解答者が生徒役となり教科別の問題にチャレンジする設定で、家族みんなで楽しめる人気番組だった『平成教育委員会』がトップでした。

年代別にみると、10代~30代(428名)では出演者の珍解答が名物だった『クイズ!ヘキサゴン2』(30.6%)が1位、みのもんたさんの“ファイナルアンサー?”のセリフで知られる『クイズ$ミリオネア』(23.1%)が2位でした。40代・50代(288名)では1位『アメリカ横断ウルトラクイズ』(52.1%)、2位『なるほど!ザ・ワールド』(51.4%)、60代・70代(284名)では1位『連想ゲーム』(63.4%)、2位『クイズダービー』(56.0%)でした。
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_9.jpg

◆出演してみたいと思ったクイズ番組 1位『アメリカ横断ウルトラクイズ』
◆勉強になると思ったクイズ番組、復活してほしいと思うクイズ番組 いずれも『平成教育委員会』が1位に

出演してみたいと思った番組を聞いたところ、1位は『アメリカ横断ウルトラクイズ』(10.0%)でした。“ニューヨークへ行きたいかー?”という司会者の掛け声に、テレビの前で拳を突き上げて応えていた人がいるのではないでしょうか。続いて、2位『マジカル頭脳パワー!!』(9.0%)、3位『連想ゲーム』(8.8%)、4位『平成教育委員会』(7.5%)、5位『クイズ!ヘキサゴン2』(6.5%)となりました。
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_10.jpg

勉強になると思った番組を聞いたところ、1位『平成教育委員会』(22.9%)、2位『アメリカ横断ウルトラクイズ』(15.0%)、3位『なるほど!ザ・ワールド』『マジカル頭脳パワー!!』(いずれも11.9%)、5位『クイズタイムショック』(11.4%)となりました。

復活してほしいと思う番組を聞いたところ、1位『平成教育委員会』(17.2%)、2位『アメリカ横断ウルトラクイズ』(15.4%)、3位『マジカル頭脳パワー!!』(12.1%)、4位『連想ゲーム』(11.7%)、5位『なるほど!ザ・ワールド』(11.4%)となりました。
画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_11.jpg

◆40代以上の人が好きだったクイズタレント 1位「はらたいらさん」2位「竹下景子さん」
◆40代以上の人が好きだったクイズ番組MC 1位「大橋巨泉さん」2位「逸見政孝さん」

40代以上の人(572名)に、平成・昭和に放送された往年のクイズ番組の出演者について質問しました。

平成・昭和に放送された往年のクイズ番組で、好きだった出演タレントを聞いたところ、『クイズダービー』の解答者として、涼しい顔で次々と難問に正解する姿が印象的だった、漫画家の「はらたいらさん」が1位でした。続いて、2位「竹下景子さん」、3位「ビートたけしさん」となりました。
年代別にみると、60代・70代(284名)では「石坂浩二さん」が3位でした。

好きだった番組MCを聞いたところ、1位は「大橋巨泉さん」、2位「逸見政孝さん」、3位「田宮二郎さん」となりました。『クイズダービー』『世界まるごとHOWマッチ』といった人気番組の司会を務めた「大橋巨泉さん」や『平成教育委員会』の学級委員長として活躍した「逸見政孝さん」が上位でした。
年代別にみると、40代・50代(288名)では1位「大橋巨泉さん」、2位「逸見政孝さん」、3位「関口宏さん」、50代・60代(284名)では1位「大橋巨泉さん」、2位「児玉清さん」、3位「田宮二郎さん」でした。
画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_12.jpg

◆「珍解答で笑顔にさせてくれたクイズタレント」 40代以上の回答1位は「篠沢秀夫さん」

珍解答で笑顔にさせてくれた出演タレントを聞いたところ、1位は「篠沢秀夫さん」でした。『クイズダービー』でおとぼけキャラとして親しまれた“篠沢教授”こと「篠沢秀夫さん」の珍解答に、思わず笑顔になった人が多いようです。続いて、2位「具志堅用高さん」、3位「ガッツ石松さん」「井森美幸さん」「スザンヌさん」「ビートたけしさん」となりました。
年代別にみると、40代・50代(288名)では1位「篠沢秀夫さん」、2位「スザンヌさん」、3位「井森美幸さん」となりました。『クイズ!ヘキサゴン2』でブレイクした「スザンヌさん」や、かつて『クイズダービー』で珍解答を連発し、現在も『潜在能力テスト』などのクイズ番組に度々ゲスト出演している「井森美幸さん」が上位でした。
画像13: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_13.jpg

【現在放送中のクイズ番組ランキング】
◆現在放送中のクイズ番組ランキング
好きなクイズ番組 1位『チコちゃんに叱られる!』2位『ネプリーグ』3位『芸能人格付けチェック』
60代・70代の2位は『世界 ふしぎ発見!』

全回答者(1,000名)に、現在放送中のクイズ番組について質問しました。

現在放送中のクイズ番組で、好きな番組を聞いたところ、1位は『チコちゃんに叱られる!』(35.9%)でした。5才の“チコちゃん”の歯に衣着せぬキャラクターや、身近な疑問を解消してくれる番組内容に魅力を感じる人が多いのではないでしょうか。続いて、2位『ネプリーグ』(27.4%)、3位『芸能人格付けチェック』(24.0%)となりました。

年代別にみると、60代・70代(284名)では1986年放送開始の『世界 ふしぎ発見!』(32.7%)が2位となりました。シニア世代には、ミステリーハンターがレポートする世界各地の“ふしぎ”を解答者が読み解いていく教養クイズ番組を、長きにわたり楽しんでいる人が多いのではないでしょうか。
画像14: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_14.jpg

◆出演してみたいクイズ番組 1位『チコちゃんに叱られる!』2位『ネプリーグ』
◆勉強になると思うクイズ番組 1位『チコちゃんに叱られる!』2位『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』

出演してみたい番組を聞いたところ、1位は『チコちゃんに叱られる!』(11.1%)でした。チコちゃんに“ボーっと生きてんじゃねーよ!”と叱られてみたい人は少なくないようです。続いて、2位『ネプリーグ』(7.7%)、3位『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』(6.5%)となりました。

勉強になると思う番組を聞いたところ、1位『チコちゃんに叱られる!』(28.5%)、2位『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』(16.4%)、3位『東大王』(16.1%)となりました。現役東大生が超難問に挑む『東大王』がトップ3にランクインしました。
画像15: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_15.jpg

問題がおもしろいと思う番組を聞いたところ、1位『チコちゃんに叱られる!』(26.1%)、2位『ネプリーグ』(14.3%)、3位『世界 ふしぎ発見!』(11.8%)となり、出題形式がおもしろいと思う番組を聞いたところ、1位『チコちゃんに叱られる!』(23.0%)、2位『ネプリーグ』(12.3%)、3位『芸能人格付けチェック』(10.0%)となりました。
画像16: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_16.jpg

◆好きなクイズタレント 1位「カズレーザーさん」2位「宇治原史規さん」3位「有田哲平さん」
女性回答5位に「阿部亮平さん」
◆好きなクイズ番組MC 1位「上田晋也さん」2位「内村光良さん」3位「浜田雅功さん」

全回答者(1,000名)に、現在放送中のクイズ番組の出演者について質問しました。

現在放送中のクイズ番組で、好きな出演タレントを聞いたところ、1位「カズレーザーさん」、2位「宇治原史規さん」、3位「有田哲平さん」となりました。数多くのクイズ番組で豊富な知識を披露している、お笑い芸人の「カズレーザーさん」がトップでした。
男女別にみると、女性回答では1位「カズレーザーさん」、2位「宇治原史規さん」、3位「ネプチューン」となり、“ジャニーズクイズ部”の一員であるSnow Manの「阿部亮平さん」が5位でした。
画像17: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_17.jpg

好きな番組MCを聞いたところ、「上田晋也さん」がダントツでした。解答者に絶妙なツッコミを入れて番組を盛り上げる「上田晋也さん」の司会ぶりに、好感を持っている人が多いようです。続いて、2位「内村光良さん」、3位「浜田雅功さん」となりました。
男女別にみると、男性回答では1位「上田晋也さん」、2位「内村光良さん」、3位「草野仁さん」でした。
画像18: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_18.jpg

【クイズと有名人・歴史上の人物】
◆“クイズ王”と聞いてイメージする有名人 1位「伊沢拓司さん」2位「宇治原史規さん」
◆“頭がいい”と思う有名人 1位「カズレーザーさん」2位「宇治原史規さん」3位「伊沢拓司さん」

最後に、“クイズ”に関連するテーマについて、イメージに合う有名人・歴史上の人物を聞きました。

全回答者(1,000名)に、“クイズ王”と聞いてイメージする有名人を聞いたところ、「伊沢拓司さん」が2位に大差をつけての1位となりました。“クイズ王”といえば、『東大王』で活躍し東大生ブームをけん引した「伊沢拓司さん」だとイメージする人が多いようです。続いて、2位「宇治原史規さん」、3位「カズレーザーさん」となりました。

“頭がいい”と思う有名人を聞いたところ、「カズレーザーさん」がダントツとなり、2位「宇治原史規さん」、3位「伊沢拓司さん」となりました。クイズ番組をはじめ、バラエティ番組や情報番組などでマルチに活躍している「カズレーザーさん」が1位でした。
画像19: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_19.jpg

◆クイズ番組に出演してほしい有名人 1位「タモリさん」
◆クイズ番組に出演してほしい歴史上の人物 1位「織田信長」、「福沢諭吉」「一休宗純」がトップ10入り

クイズ番組に出演してほしい有名人を聞いたところ、1位「タモリさん」、2位「宇治原史規さん」、3位「明石家さんまさん」「カズレーザーさん」となりました。博学で知られ、かつて『タモリの音楽は世界だ』などのクイズ番組でMCを務めた「タモリさん」に出演してほしいと期待する人は多いようです。

クイズ番組に出演してほしい歴史上の人物を聞いたところ、1位「織田信長」、2位「聖徳太子」、3位「坂本龍馬」となりました。また、『学問のすゝめ』の著者である「福沢諭吉」が5位、物理学者の「アルベルト・アインシュタイン」が6位、アニメ『一休さん』のモデルになった僧の「一休宗純」が8位となりました。
画像20: https://www.atpress.ne.jp/releases/322790/img_322790_20.jpg



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?