グアム解放記念日2019年7月21日(日)はパレード開催!第75回リベレーションデーフェスティバル 2019年6月6日(木)~8月4日(日)グアムにて開催

2019年7月21日(日)のグアム解放記念日は今年で75回目を迎えます。当日は、ハガニア地区で盛大なパレードを実施するほか、6月6日(木)~8月4日(日)までの期間、第75回リベレーションデーフェスティバルと称し、グアム各地にて観光客の方も楽しめるさまざまなイベントの開催を予定しています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/185099/LL_img_185099_1.jpeg
リベレーションデー ロゴ

グアムは1944年までの約2年半、日本の占領下にありました。そのグアムが日本から解放され、再びアメリカ領となった日を記念しているのがリベレーションデー(解放記念日)です。戦後、教育者であり市民リーダーであったアグエダ・イグレシアス・ジョンストン女史の活動によりリベレーションデーが始まり、今年で75回目の開催となり、グアムにとって大切なイベントになっています。
現在のグアムには、毎年数多くの日本人観光客が訪れ、現地の方と触れ合うことができるチャモロビレッジ ナイトマーケットやデデドの朝市に足を運び、チャモロ文化に触れています。リベレーションデーは、この平和な光景が築かれるまでの道のりを振り返り、様々な国の人々が手を取り合い、生きていくことの素晴らしさを感じさせてくれる日となっています。

75周年を迎えるリベレーションデーのロゴはアメリカの国旗と同じ赤、青、白を使用しています。背景の盾のようなものはグアムの先住民であるチャモロ人の投石武器スリングストーンで、チャモロ人の勇気、回復力、忍耐力を表現し、現在のグアムの文化的なアイコンとなっています。「Guam Liberation」の両端にある星は、私たちの世界平和への願いや調和を示しています。ロゴの下に描かれている絵は白い鳩とオリーブの枝です。平和の象徴である鳩は永遠の平和を表します。この翼の形は広げられた手を表し、開放性、多様性を象徴しています。


イベント詳細は、下記をご覧下さい。

【イベントカレンダー】
名称: 第75回リベレーションデー(解放記念日)フェスティバル
日程: 2019年6月6日(木)~8月4日(日)
会場: 下記のスケジュールに記載
URL : https://www.liberationguam.com/

名称: 第75回リベレーションデー(解放記念日)パレード
日程: 2019年7月21日(日)
会場: ハガニア地区

【主なイベント】
https://www.atpress.ne.jp/releases/185099/img_185099_2.png

※全てのイベントは一般参加が可能です。各イベントの詳細はホームページにて随時更新いたします。
※上記イベント以外に、ミサ・追悼式が各会場で行われます。こちらの追悼式なども一般参加が可能ですので、ホームページにてご確認ください。


グアム政府観光局 公式HP、Facebook、Instagramは以下をご覧ください。
公式HP : http://www.visitguam.jp/
Facebook : https://www.facebook.com/visitguam.jp
Instagram: https://www.instagram.com/visitguam_jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?