コロナ禍でお亡くなりになられた故人様ご遺族様へ神戸桜樹木葬と神戸海洋散骨を寄贈し心の復興応援をいたします。 クラウドファンディングREADYFORで応援募集中 海と桜のメモリアルのプロジェクト

株式会社 海と桜のメモリアル(所在地:兵庫県尼崎市、代表取締役:大西 康人)は、「コロナ禍でお亡くなりになられた故人様ご遺族様へ心の復興応援樹木葬」プロジェクトを、READYFORにて公開いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/241789/LL_img_241789_1.jpg
桜樹木葬

下記アドレスより応援をお願いいたします。
https://readyfor.jp/projects/umitosakuracom


▼本プロジェクトを立ち上げた大西 康人について
15年前に設立された神戸の海洋散骨会社「海晃」のチーフアドバイザーの大西 康人が本プロジェクトを立ち上げました。
2020年4月に開業した神戸市西区「妙徳寺」の桜樹木葬「海と桜のメモリアル」の代表も兼任しております。


▼プロジェクトを立ち上げた経緯
妙徳寺は26年前、阪神・淡路大震災により、兵庫区に建立されていた寺院が土砂に埋もれ全壊した翌年、1年で総代様のお力によって、現在の神戸市西区に再建されました。翌年、1年で総代様のお力もあり、現在の神戸市西区に再建されました。生死をさまよったご住職はこのコロナ禍は阪神・淡路大震災の第2の災害だと危惧され、桜樹木葬場所をこの度、ご提供くださいました。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/241789/LL_img_241789_3.jpg
神戸市西区妙徳寺

▼プロジェクトの詳細
今回のプロジェクトは、このコロナ禍で最後の看取りも許されず火葬された故人様とご遺族様に心の復興応援をしたいと願うご住職様、総代様のご意向で立ち上げました。
新型コロナウイルスでお亡くなりになられた故人様、ご遺族様は被害者です。
プロジェクトの内容は、クラウドファンディングで募った資金で、海洋散骨で9名様、桜樹木葬で9名様の葬送をご遺族様に寄贈し、心の復興応援をお手伝いさせていただくことになります。

<故人様の募集方法に関して>
・募集方法
HP、PRESS、Google広告等

・募集期間
支援募集日数:62日
支援募集終了:20201年02月25日 23:00

・寄贈人数
18名

・寄贈決定方法
寄贈いただいた方へ、電話、はがき、メール等でお礼のご案内をさせていただき、ご家族、友人、お知り合い等でコロナにより、お亡くなりになられたご家族をご紹介いただきます。
また、HPとGoogle広告で、コロナによりお亡くなりになられたご家族を募ります。
寄贈先候補のご家族に、弁護士より、最終の医療病院先に事実確認をさせていただきます。
寄贈先へのご希望確認がとれた寄贈先18件を最終決定いたします。
海洋散骨9件、桜樹木葬9件を決定いたします。(事実確認がとれた順に決定いたします)

・適切に寄贈先を決定できる理由
ご遺族様のご連絡先へ関西合同法律事務所弁護士より、故人様の最終の医療機関と葬送の寄贈のご希望をご確認させていただきます。
ご希望が確認でき次第、「かみしおいり法務事務所」よりご遺族様へ契約と確認を執り行います。

・上記決定における専門家などの関与の有無:有

・関与した専門家の所属やお名前:関西合同法律事務所
正木 みどり弁護士/かみしおいり法務事務所

・目標金額より多くの支援金が集まった場合の対応方法:寄贈先を増やします。


▼今後の展望
今後のプロジェクトの展望は、第2弾、第3弾と復興応援を継続いたします。


▼プロジェクトの終了要項
・寄贈するもの
神戸の海洋散骨及び神戸の桜樹木葬
下記アドレスより応援をお願いいたします。
https://readyfor.jp/projects/umitosakuracom

・寄贈個数
神戸の海洋散骨 9件
神戸の桜樹木葬 9件

・寄贈完了予定日
2021年05月25日(火)

・寄贈先
株式会社 海と桜のメモリアル

・その他
(1)クラウドファンディングの目標金額との差額分は株式会社 海と桜のメモリアルが自己資金で賄う予定です。
(2)クラウドファンディングが成立したにもかかわらず、上記計画通り差額分を確保できなかった場合、規模を縮小して実施いたします。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?