ジボダン ジャパンがテイスト&ウェルビーイング事業部門管掌副社長を発表

ジボダン ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:小山 名保子)は、テイスト&ウェルビーイングの世界的なリーディングカンパニーであるジボダン社(スイス)が、日本法人のテイスト&ウェルビーイング事業部門管掌副社長にシッドハース・シン(Sidharth Singh)を任命したと、公表しました。

シッドハース・シンは、日本、韓国、東南アジア、オーストラリアの大手グローバル企業において、経営全般、戦略、マーケティングおよび営業部門においてトップを務めるなど数十年にわたる経験を持ち、ジボダン社が日本の顧客から選ばれる協創パートナーとなるための最適な人材です。卓越した実績を持つ同氏は、ジボダン ジャパンのテイスト&ウェルビーイング事業部門管掌副社長として、「2025年に向けての5か年計画」の実行を監督し、同社が素晴らしい風味のみならず、心と体、そして地球にとってよい食体験を創造することを支援してまいります。なお、前職はグラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社の日本・韓国担当ゼネラルマネージャーを務めていました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/318417/LL_img_318417_1.jpg
ジボダン ジャパン外観

■ジボダン社について
ジボダン社は、テイスト&ウェルビーイングとフレグランス&ビューティ分野の世界的なリーダーです。私たちは、自然環境を敬い、人々のより幸せで健康的な暮らしを創造することで、人間の経験の素晴らしさを称えます。お客様とともに、ジボダン社は食体験をお届けし、インスピレーションを得たフレグランスを作り上げ、人々の美しさや心地よさのための美容とウェルビーイングのソリューションを開発しています。2021年度において全世界で16,800人を超える従業員を擁し、売上高67億スイスフラン、フリー・キャッシュ・フロー比率12.6%を達成しました。
250年以上の歴史のあるジボダン社は、人々の健康や幸せを向上させ、自然にとって有益な影響力を高めることによって、パーパス(存在目的)に基づいた長期的な成長の達成に向けて取り組んでいます。Human by nature―これがまさにジボダン社です。詳しくは https://jp.givaudan.com/ をご覧ください。


■ジボダン社のテイスト&ウェルビーイングについて
イノベーションと創造性を力に、ジボダン社のテイスト&ウェルビーイングは、お客様に選ばれる協創パートナーとなることで食の未来を形作ることを目標としています。フレーバーと風味の世界的なリーダーとしての地位を基盤に、当社はさらに心と体、そして地球にとってよい食体験を創造することを目指します。フレーバーや風味、機能・栄養ソリューションなどの幅広い製品ポートフォリオと、食のエコシステムについて深い知見を持つジボダン社は、お客様やパートナーと協力して、食品・飲料分野で画期的なイノベーションを起こすことに情熱を注いでいます。Human by nature―これがまさにジボダン社です。私たちがどのように食の未来を形作っているかについては、 https://jp.givaudan.com/taste-wellbeing をご覧ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?