ゾンビにファンレターが続々と届く!?話題の絵本『ゾンビハムスターねずこ』は大人も必見!!2021年8月18日刊行から1カ月で多くの反響が寄せられる

株式会社ワイヤーオレンジ(所在地:徳島県徳島市)は、ハムスターの「ねずこ」と飼い主の男の子との交流を通じ、命には限りがあることを学ぶ絵本『ゾンビハムスターねずこ』が、徳島市の出版社から8月18日に刊行されてから一カ月、早くも多くの反響が寄せられていることをお知らせします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/276710/LL_img_276710_1.jpg
ゾンビハムスターねずこ表紙

主人公は、小学校入学時にねずこを買い始めたヒカル。2年生になってねずこは死んでしまったが、ある晩、ゾンビ姿で枕元に出現。「ヒマワリのタネを思いっきり食べたい」というお願いをされる。それ以降、ねずこは夜な夜な生前やり残したことを頼みに来て、ヒカルは人間よりもはるかに短いねずこの寿命について考える……。

徳島市内で育児雑誌『ワイヤーママ』を創刊し、全国9か所でフランチャイズ展開してきた『株式会社ワイヤーオレンジ』代表・原田たけし(徳島市)の3作目の絵本。子どもに人気のコンテンツをモチーフに使い、「悔いなく生きること」の大切さなどを物語に込めた。

2021年8月18日に全国発売したが、早くも全国各地から出版社には「ねずこ宛」のファンレターが続々と届いている。また、インターネットのレビューには「子どもが何度も読んでとハマっている」や「何度も読み返して気づく、大人も感動する物語だ」「まるで『令和版100万回生きたねこ』のような読み応え」等、多くの反響が寄せられている。

全国の主要書店やAmazonサイト( https://www.amazon.co.jp/dp/4863383096?psc=1&smid=AN1VRQENFRJN5&ref_=chk_typ_imgToDp )等で1540円(税込)。今年は「ゾンビハムスターでハロウィン気分」「話題の絵本で読書の秋」という、おうち時間の過ごし方は、どうだろう?


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?