ハイセンスジャパン、毎日の食生活を豊かに彩るスタイリッシュ&大容量168L冷凍庫を2022年5月中旬発売

総合家電メーカー、ハイセンスジャパン株式会社(所在地:神奈川県川崎市、代表取締役社長:李 文麗)は、冷凍食品のまとめ買い需要の高まりにあわせコンパクトなのにたっぷり収納可能な冷凍庫「HF-A16S」を5月中旬に発売します。

商品ページはこちらから: https://www.hisense.co.jp/refrigerator/hf-a16s/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/307541/LL_img_307541_1.jpg
冷凍庫 HF-A16S

【HF-A16S主な特徴】
1. 家族の食生活を豊かにする前開き冷凍庫
前開きドアの為、冷蔵庫と同じように開け閉めが簡単に行えます。

2. ファン式自動霜取り
霜取りの手間がかからず、庫内をすばやく冷やせるファン式自動霜取りです。

3. シーンにあわせて6種類のモード切替が可能
・庫内全体を「低温冷凍」「冷凍(強・中・弱)」「ソフト冷凍」「冷蔵」の6種類の温度設定に切り替え可能です。
<低温冷凍>
約-30℃の冷気で低温冷凍。お肉や野菜はもちろん、下ごしらえをした食材や作り置きの料理もおいしく冷凍保存できます。また、解凍時の旨みの流出を防ぐ効果もあります。
<ソフト冷凍>
凍っているのに解凍いらずで必要な分だけ切ったりすくったりできます。小分け不要でパックのまま保存できます。

4. たっぷり収納(ステンレスプレート付スライド棚+4段大容量クリア収納ケース)
・買い物カゴ約5個分をまとめて収納できます。
※容量約22Lのカゴ想定
・おかずや離乳食の作り置き、冷凍食品や食パンの保存にも大活躍します。
・見やすい引き出し式4段クリア収納ケースの為、整理整頓や出し入れも簡単に行えます。
・食材をスピーディに冷やすことができるステンレスプレート付スライド棚。

5. 使いやすい前面タッチ式操作パネル
・ドアを開けずに温度モード切替が可能です。
・パネルがフラットなのでお手入れも簡単に行えます。

6. 約52.1cmのスリムボディ

7. 運転音24dBの静音設計
※JIS C 9607規定の騒音試験による(周囲温度20℃安定運転時)

8. 耐熱(約100℃)トップテーブル仕様の為、電子レンジを置くことが可能

9. 庫内が明るくみやすいLED照明(LED庫内灯)

10. 環境にやさしい「2021年省エネ基準」100%達成
※(JIS C 9801-3:2015)消費電力量測定方法


■ハイセンスグループについて
ハイセンスグループは、1969年に中国青島に設立され、2019年に50周年を迎えました。現在従業員は全世界に90,000人以上、2021年度の売り上げは約3兆円(海外売上約1.2兆円)、テレビの出荷台数においては中国市場でシェアNo.1を誇っています。
経営理念は『最高の技術、最高の品質、最高のサービスをもってグローバルブランドを創造する』であり、高い研究開発力と優秀なグローバル経営マネジメントを基礎に、最新の通信技術と人工知能システム、デジタルマルチメディア技術および家電、通信、不動産などの分野を網羅した多角化経営を確立し、世界の160以上の国と地域でハイセンス製品が選ばれています。ハイセンスは世界中のスポーツを幅広くスポンサードし応援しています。2018年FIFAワールドカップ・ロシア大会と2017年FIFAコンフェデレーションズカップの公式スポンサーをはじめ、テニス、ラグビー、F-1などこれまでにも様々なスポーツをサポートしてまいりました。
UEFA EURO 2020(サッカー・ヨーロッパ選手権)の公式パートナー、パリ・サンジェルマンのグローバルスポンサーも務めました。また、2022年FIFAワールドカップ・カタール大会公式スポンサーに決定しました。ハイセンスはこれからもお客様のために、“暮らしの楽しさ”、“心の豊かさ”をお届けできるように取り組んでまいります。


■会社概要
社名 : ハイセンスジャパン株式会社
本社 : 神奈川県川崎市幸区鹿島田1-1-2
新川崎三井ビルディングウエストタワー19階
設立日 : 2010年11月4日
代表者 : 代表取締役社長 李 文麗
事業内容: 家電の輸入・販売等
URL : https://www.hisense.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?