パフェねこシリーズ著者が人生の転機を語る Jam最新刊『いつも心に猫ちゃんを』発売


株式会社PHP 研究所(京都市南区・代表取締役社長 瀬津要)は、2022 年7 月12 日に『いつも心に猫ちゃんを――人生のモヤモヤがすっきり晴れる62の習慣』(Jam 著/税込 1,320 円)を発売しました。著者の代表作「パフェねこ」シリーズは、ゆるいタッチの猫キャラが、人間関係の悩みを鋭く分析するメンタル系4コマ漫画です。累計50万リツイートされるなどSNSで人気に火が付き、それをまとめた『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』(サンクチュアリ出版)はベストセラーになりました。本書は、「猫に出会っていなければ、今とは全然違う人生を歩んでいた」と語る著者が、猫との日常で気づいたこと、救われたことを4コマ漫画とエッセイで綴った、ゆるメンタル本です。


画像 : https://newscast.jp/attachments/LYSqp3X33S4qwXrm26HA.jpg
『いつも心に猫ちゃんを』書影


生き方や考え方すら変えた猫との出会い


20 年前の著者は、連日の徹夜は当たり前の仕事人間でした。心身の疲れから性格も刺々しくなり、人間関係もトラブル続き。ところが、偶然出会った猫を飼い始めると、お世話のために帰宅が早くなり、それがフリーランス漫画家に転身するきっかけになりました。また、イライラが猫に伝わらないように心をコントロールするようになると、人間関係までうまくいくようになったのです。本書では、そんな自身の経験を元に、自由気ままな猫たちから教わった“もっと自分らしく、肩の力を抜いて生きる方法”を4コマ漫画にしました。「人目を気にして自分の気持ちを素直に言えない」「どうしてもネガティブに考えてしまう」など、誰もが抱える悩みやコンプレックスを取り上げています。


62のモヤモヤ場面を、猫と一緒に解決


画像 : https://newscast.jp/attachments/0om9xx11b5mTu9uldS3g.jpg
本文4コマ


著者のJam さんは、愛猫との日常の一コマを切り取って、『いつも心に猫ちゃんを』の4コマ漫画とエッセイを書き下ろしました。猫と暮らす中で、人との接し方や悩み事との向き合い方など、多くのことを学んだと実感していたからです。本書は、友達・恋愛・仕事・赤の他人・自分という5つのカテゴリで起こりうる62のモヤモヤ場面を、猫と一緒に解決します。癒しの猫キャラが、こわばった気持ちをほぐしつつ、時に核心を突くことばを投げかける、まるでやわらかい肉球と鋭い猫パンチが共存したかのような一冊です。


『いつも心に猫ちゃんを』について


著者


J a m(じゃむ)
イラストレーター、漫画家。
日常で起こる人間関係の悩みを描いたマンガ「パフェねこ」シリーズがTwitter で累計50万以上リツイートされるほど話題になる。
著書に『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』(サンクチュアリ出版)、『にゃんしゃりで心のお片づけ。』(PHP研究所)、『言いにくいことはっきり言うにゃん』(笠間書院)等がある。


書誌情報


タイトル:いつも心に猫ちゃんを
サブタイトル:人生のモヤモヤがすっきり晴れる62の習慣
著:Jam
判型:四六判並製
定価:1,320円(税込)
発売日:2022年7月12日
ISBN:978-4-569-85247-8
発売元:株式会社PHP研究所
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-85247-8




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?