フォレンジックイメージング市場 – 成長機会を伴う現在の業界数値の詳細分析と2028年までの成長予測


画像 : https://newscast.jp/attachments/MbPmdb5y5jk6f6hOYadz.png


世界の法医学イメージング市場は、2028年までに1億4500万米ドルに達する見込みであるとReport Ocean社が発表しました。レポート「法医学イメージング市場 - モダリティ別(X線、CT、MRI、超音波)、アプリケーション別(死亡調査、臨床研究)、エンドユース別(法医学研究所、病院、その他)、地域別 - 世界の機会分析と業界予測2028年」では、現在の市場ダイナミクスを詳細に把握し、将来の市場成長に関する分析を行っています。
世界の法医学イメージング市場を牽引しているのは、医療用画像処理の技術革新、犯罪行為の増加とそれに伴う解剖の義務化、死因究明への関心の高まりなど、いくつかの注目すべき要因です。また、宗教の違いによる検死に対する考え方の変化や、バーチャルな法医学イメージングの登場などが挙げられます。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC77


世界の法医学イメージング市場は、モダリティ、アプリケーション、エンドユース、地域によって分類されています。モダリティの観点から、世界市場はX線、MRI、CT、超音波に二分されます。アプリケーションに基づいて、市場は死亡調査と臨床研究に分類されています。また、最終用途では、法医学研究機関、病院、その他に分類されます。


主なハイライト


X線検査は、その高い有効性と事故時の使用率の高さから、2020年には最大の収益シェアを占めました。この分野は世界シェアの50%以上を占めています。しかし、CTセグメントは、予測期間中に最も高いCAGRで拡大すると予想されています。
アプリケーション別では、2028年には死亡調査セグメントが売上シェアの70%以上を占めると予測されています。これは、報告されていない死亡が急増し、保険金請求や裁判のために死因の特定が必要になっていることが原因と考えられます。
2020年の売上高では、欧州地域が35%以上を占めています。この地域の成長は、自動化されたイメージングサービスの急速な導入、熟練した専門家の不足、民間の法医学センターの存在などが要因となっています。


フォレンジックイメージング市場の主要プレイヤー


キヤノンメディカルシステムズ株式会社
ブルカー
Neusoft Corporation
株式会社島津製作所
富士フイルム
株式会社 日立製作所
東芝メディカルシステムズ株式会社
その他


法医学イメージング市場、モダリティの展望(売上高 - USD Million、2016年~2028年


X線
CT
MRI
超音波


法医学イメージング市場、アプリケーションの展望(収益 - USD Million、2016年 - 2028年


死亡調査
臨床研究


フォレンジックイメージング市場、エンドユースの展望(収益 - USD Million、2016年 - 2028年


法医学研究機関
病院
その他


フォレンジックイメージング市場の地域別展望(売上高 - USD Million、2016年 - 2028年


北アメリカ
アメリカ
カナダ
ヨーロッパ
フランス
ドイツ
イギリス
イタリア
スペイン
オランダ
オーストリア
アジア・パシフィック
中国
インド
日本
マレーシア
韓国
インドネシア
南北アメリカ
メキシコ
ブラジル
アルゼンチン
中近東・アフリカ
アラブ首長国連邦
サウジアラビア
イスラエル
南アフリカ


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC77


私たちに関しては:
私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?