プロペラ犬第8回公演「僕だけが正常な世界」開幕


プロペラ犬第8回公演「僕だけが正常な世界」が12月16日(金)東京芸術劇場 シアターウエストで開幕した。


画像 : https://newscast.jp/attachments/tBl2S5e5303F0kuw6CyG.jpg


女優・水野美紀が主宰を務める演劇ユニット プロペラ犬が、 2016年以来、6年ぶりに上演する第8回公演「僕だけが正常な世界」。 第4回公演「ネガヒーロー」から脚本、第7回公演「珍渦虫」からは脚本に加え、演出を担当するなど、 作品ごとに新たなチャレンジを重ね、外部公演でも高い評価を得てきた水野美紀。 本作で東京芸術劇場に初登場となる。
本作は崎山つばさ、鳥越裕貴、安里勇哉、定本楓馬といった2.5次元作品で大活躍する俳優と、 浅野千鶴、福澤重文、宮下貴浩、そしてノゾエ征爾ら演劇界に欠かせない俳優陣が集結。 虚構と現実が入り混じる多層的な世界を描いて来たプロペラ犬が今回新たに挑戦した、 歌やダンスも取り入れて描く、ダークファンタジーである。
今回、作・演出・出演の水野美紀、出演の崎山つばさ、鳥越裕貴、安里勇哉、定本楓馬、ノゾエ征爾から開幕にあたりコメントが到着。
■水野美紀(作・演出・出演)
いよいよ開演いたします。「僕だけが正常な世界」。稽古場で毎日、役者の力でシーンが膨らんでいき、音楽、音響、衣装でさらに彩られ、劇場で、セットと照明と映像が加わり、最後に、お客様がいらっしゃる事で完成します。とにかく、ここまで精一杯やってきました。地震にコロナに戦争に悲惨な事件。一寸先は闇。そんな事を実感させられる時代です。共に生きる皆様の心に、小さな光が届きますように。千秋楽まで精一杯努めます!
■崎山つばさ
完成されたセットや美しい照明や音響も入り、作品がまた姿を変えた気持ちがしました。そしてここにお客様の熱も合わさるとなると本番が楽しみで仕方がありません。スタッフ、キャストが一丸となり「僕だけが正常な世界」という異常な程に見たこと、感じたことのない世界を皆様にお届けできたらと思います。どうか最後まで無事に走りきれますように。
■鳥越裕貴
今作の脚本を観た時、ついに僕は水野さんのファンタジー世界に足を踏み込んだんだ!と一人興奮しておりました。稽古が進むにつれて演出やオーダーに応える役者の皆様を観て楽しんでいました!勿論、自分も必死に喰らい付いています!今回の役どころはシアターイーストと間違えてシアターウエストに紛れ込んでしまった役者。この役者がどう絡んでいき、何を思うのか。皆様、存分に想像し色々と感じて頂ければと思います。僕自身、今この時代に今作品に関われる事を嬉しく思います。精一杯、努めさせて頂きます!
■安里勇哉
遂に幕が開く。本番を楽しみにワクワクしながら、集中して稽古に臨み劇場入りすることができました。夜という役は一風変わっておりますが、稽古を重ねる毎にとても大事な役だと思いました。達観してるというか余裕があるというか。皆さんにどのように感じてもらえるのか楽しみです。振り幅が大きくて頭と心がぐちゃぐちゃになるかもしれないですが、楽しんでいただけたら嬉しいです。
■定本楓馬
いよいよ始まります。本当に魅力あふれる先輩方と作品を作れることに感謝しています。2022年、最後を締めくくる舞台として最高の作品です。楽しくて苦しくて、色んな気持ちにさせてくれるこの世界を、皆さんと一緒に過ごしていけたらなと思います。元気という役をやってみて、元気が抱えてるものの大きさや、深さを痛感しました。簡単に元気を演じることはできないです、元気のために最期まで寄り添って演じていきたいと思います。最後までよろしくお願いします。
■ノゾエ征爾
すごいイイなあ!な若き素晴らしき俳優さんたちにまみれて。水野さんの脚本・演出もさらに覚醒されたような凄まじさで。劇場ではさらにどうなっていくのかすごく楽しみでありつつ。ともかくお客さんに楽しんでいただけるよう、私自身しっかりと謳歌したく思います。
公演は、12月25日(日)まで東京芸術劇場 シアターウエストにて。


画像 : https://newscast.jp/attachments/naPYKWHlmnH7zatowR0F.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/BZdiurXhqQkyszoUiLn4.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/DbGu1In7ZTH8FnF4Xao4.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/MnCBkREQ9CouqEZ7Y9uL.jpg


【あらすじ】
周りとのコミュニケーションがうまくいかず、ずっと生き辛さを抱えて生きているミチル。
家族はミチルとの対話をあきらめ突き放す。
そんなミチルの唯一の理解者は幼なじみの元気とその妹あかり。
三人は川辺のあずまやに集まり、蛍の育成に熱中する。
あかりの大好きな絵本、「青い鳥」から飛び出した精たちがそれを見守る。
が、あかりが事故にあったのをきっかけにその関係も壊れ、居場所を失い追い詰められたミチルは刑務所の中に自分の居場所を求めるようになる。
プロペラ犬 第8回公演「僕だけが正常な世界」
【作・演出】水野美紀(プロペラ犬)
【キャスト】
崎山つばさ 鳥越裕貴 安里勇哉 定本楓馬
浅野千鶴 入手杏奈 竹内真里
江藤萌生 西野優希 猪俣利成 武藤心平 小口隼也
福澤重文 宮下貴浩
水野美紀 ノゾエ征爾
【スケジュール】 2022年12月16日(金)~12月25日(日)
受付開始:開演の1時間前、開場:開演の45分前
【劇場】東京芸術劇場 シアターウエスト (住所:東京都豊島区西池袋1-8-1 B1)
【チケット料金(全席指定・税込)】 前売:8500円、夜割(★の回):8000円、
高校生以下 3000円(前売のみ、要学生証提示、取扱:カンフェティ) ※当日券は各500円増し
【チケット取扱】
■Confetti(カンフェティ) http://confetti-web.com/bokudake2022
■チケットぴあhttps://w.pia.jp/t/bokudake/ Pコード:514-073
■東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00) https://www.geigeki.jp/t
【公演に関するお問い合わせ】bokudake2022@gmail.com
舞台『僕だけが正常な世界』 公式HP https://bokudake2022.com
プロペラ犬 公式Twitter https://twitter.com/propellerken
プロペラ犬 公式Facebook https://www.facebook.com/propellerken
【宣伝衣装協力】YOHJI YAMAMOTO
【主催】プロペラ犬


画像 : https://newscast.jp/attachments/XS3JRkmzxjsPuHc8D4os.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/Dlir5cIOnIOsL2sASUzt.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/u3JiBG0dVKfSEGEgEQjw.jpg




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?