ベルシステム24、優良な子育てサポート企業としてコールセンター業界初『プラチナくるみん』の認定を取得

株式会社ベルシステム24(本社:東京都中央区、社長執行役員:柘植 一郎、以下:当社)は、2019年3月、高い水準の取組を行っている「子育てサポート企業」として、厚生労働省より、コールセンター業界初の「プラチナくるみん」の認定を受けました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/179965/img_179965_1.jpg

「プラチナくるみん」は、「くるみん」認定を既に受け、子育てと仕事の両立支援について制度の導入や利用が進み、高い水準の取組を行っている企業を評価/認定し、継続的な取組を促進することを目的としています。

当社は2011年11月に「くるみん」に認定されて以降も、テレワークの推進や残業抑制に対する取り組み、年次有給休暇全社取得率の向上など、様々な取り組みを継続して実施してきたこと、また正規・非正規社員の区別なく働き方改革に取り組んできた事などが評価され、今回の「プラチナくるみん」の認定となりました。

3万人を超える従業員が勤務する当社では、2016年3月に「ダイバーシティ推進グループ」を新設し、多様な人材がそれぞれの力を発揮できる職場の実現を目指し、子育て支援のみならず障がい者雇用、性的マイノリティ(LGBT)への理解促進等へも積極的に取り組んでいます。

当社は、企業理念「イノベーションとコミュニケーションで社会の豊かさを支える」のもと、当社に勤務する3万人超の多様な人材が、安心して長く働ける、人に優しい職場(コミュニティー)を創出するべく、これからも環境の整備に取り組んでいきます。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?