メイクスマイルアーティストのミワンダフル、インスタグラム “今日は何の日メイク”が連載100回目を迎えました!

株式会社サンクスギビングがメイクで笑顔を届けたいという想いから運営しているメイクスマイルプロジェクト。象徴的な活動として国内外のストリートで出会う方々にメイクの楽しさを届ける活動を続けているメイクスマイルアーティストのミワンダフルのインスタグラム”今日は何の日メイク”が本日、8月20日のアップで100回目を迎えました。これまで、メイクマイル活動を始めて15年、北は北海道から南は九州まで、海外はアメリカ、ヨーロッパ、東南アジアなど世界12カ国を飛び回り、1万人以上の見ず知らずの男女にストリートで声を掛けてメイクをし、笑顔を届けてきました。
そんなミワンダフルだが、コロナ禍においてリアルに人のお顔に近づいてストリートでメイクをすることは困難となりました。そこで彼女が発案したのが、”今日は何の日メイク” インスタグラムで自身の顔を被写体にほぼ毎日、今日は何の日をテーマに野菜や果物のメイク、記念日メイク、お菓子メイクなどユーモア溢れる夢いっぱいのメイクを披露しています。
その背景には、コロナ禍に負けずに、メイクは自由で面白い、固定概念に縛られることなくメイクの楽しさを届けたいという想いが込められています。
毎日の投稿を楽しみにしてくれているファンからは、見ているだけで楽しくなる、毎日色んな日があることをメイクを通じて楽しませてもらっている。メイクで色んな顔になれるのだと勇気をもらいました。と沢山のポジティブなメッセージが寄せられている。

今日、8月20日に記念すべき100回目の“今日は何の日メイク”をインスタグラムにアップしたミワンダフル。100回目はシチューライスの日からインスピレーションを受けて、にんじんやチキンの入ったホワイトシチューメイク!
https://www.instagram.com/p/CEGQwTentyO/?igshid=1cxk45jiwan44
今後も世界各地をメイクで旅し様々な文化や価値観と触れ合ってきたミワンダフルだからこそ表現できる、自由で夢のあるメイクの表現をを発信し続ける。





数ある投稿の中でも多くの方に好評だったあつまれどうぶつの森の人気キャラクターをイメージしたメイクそして探偵の日からイメージした女性探偵イメージのメイク。毎日いろんな日が数多くある中から、ミワンダフルがこれをメイクで表現したら面白そうだなと思うものをセレクトし、約2時間から3時間かけて自身にメイクを施し撮影する。ナチュラルなメイクやアートメイクなどが交互に登場するように工夫している。


ミワンダフル
https://www.miwonderful.com
「メイクで世界中を笑顔に!」をテーマに掲げる、世界に一人だけのメイクスマイルアーティスト。舞台はストリート。「メイク」の世界に飛び込んだばかりの一人のアーティストに見せてくれた笑顔の数々に魅了され、ミワンダフルの旅は地元札幌のお店の一角でスタートする。
誰しもが抱える自身のコンプレックスに対して、「メイク」をゆっくり楽しく解していく、気づけばそこには笑顔が弾ける空間が…。2010年そんな一つ一つの出会いを繰り返しながら、札幌から日本を飛び出し世界を旅することを決意する。オリジナルのピンクフレームを担ぎ、ニューヨーク、ロサンゼルス、香港、台湾、上海、パリ、ドバイ、ホーチミンなど各地を回る。もちろん言葉の壁には幾度となくぶつかるものの、言葉が通じなくとも実際に体現して伝えられる様々なパフォーマンス!2019年末からは海外だけでなくイメージカラーで彩られたミワンダフルカーのハンドルを自ら握り、日本国内を回るツアーも地元札幌から開始!この旅は、メイクをきっかけに人や食との出逢いを経て笑いあり涙ありの珍道中。ミワンダフルが出逢った人に施すメイクの根幹にあるのは、生まれ持った容姿の個性はそれぞれステキで、かわいいもキレイも一つではないことを、言葉だけではなくメイクを通じて寄り添い届けたいという思い。このブレる事ない一つの思いと、彼女のバイタリティが今日も誰かの笑顔を届けている。

【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?