リサイクル商品を開発・販売を手掛けるマテックプロダクツストアがYahoo!ショッピングに7月1日(木)オープン!

リサイクル商品を開発・販売する「マテックプロダクツストア」(所在地:北海道帯広市西22条南3丁目34-1)がYahoo!ショッピングに7月1日(木)にオープンいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/261786/LL_img_261786_1.jpeg
マテックプロダクツストア外観

【マテックプロダクツストアとは】
マテックプロダクツストアはリサイクル商品はもちろんのこと環境にやさしい商品を展示し販売しています。自動車の窓ガラスやシートを再利用して新たな商品を開発しています。小樽市に本社を構える株式会社深川硝子工芸様と、自動車の窓ガラスを利用してリサイクルグラスや皿、花瓶を作製しました。
また、滝川市に本社を構える株式会社レザースタジオKAZU様と自動車の革シートを利用して名刺ケースを作製しました。今後、SDGsの取り組みとして多種多様なアップサイクル商品を数十種類開発、販売を検討中です。皆様にリサイクルを身近に感じていただけるよう努めていきます。


【マテックとは】
株式会社マテック(本社:帯広市)は、創業80年を超える総合リサイクル企業です。北海道内に9支店を構えています。建築物の解体に伴う金属スクラップや小型家電に含まれる基盤、プラスチックなど、リサイクル可能なすべての物質・廃棄物を第三の資源と考え、あらゆる資源を再生・創造・開発しています。最近では、24時間無人で古紙や金属製品などの資源物を回収するサービス「じゅんかんコンビニ24」を北海道内に24店舗を開設。「じゅんかんコンビニ24」は、これまで廃棄物として処理されていた資源物のリサイクル率を高めています。
マテックはさまざまな視点からリサイクルを見つめ、取り扱い品目の拡大はもちろん
のこと環境の未来を見据え新しいことに取り組んでいます。


【マテックプロダクツストアYahoo!ショッピング店】
マテックプロダクツストアが2020年4月1日にオープンして1年が経ち、北海道帯広のお客様をはじめ全国各地から地球にやさいしい、環境にやさしい商品をお買い求めいただいています。
2015年国連サミットでSDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」が採択されてから目標を達成するために具体的に指針が示されています。目標の12に、つくる責任 つかう責任があります。持続可能な消費と生産のパターンを確保するということで、生産者と消費者がお互いに環境に配慮してより良い関係を作っていく目標です。使わなくなった自動車の窓ガラスやシートを再利用してのリサイクルガラスや皿、花瓶そして名刺ケースは、環境にやさしい商品に生まれ変り、消費者もその商品を気に入って使うことで地球の未来ために役立つ取り組みに変わっていきます。つくる側もつかう側も持続可能な社会を構築しているといえます。
マテックプロダクツストアでは、リサイクル商品の素晴らしさを全国各地の方々に理解してもらうとともに気軽にお買い上げいただけるようにYahoo!ショッピング店をオープンしました。是非ご覧ください。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/261786/LL_img_261786_2.jpeg
自動車レザーを使った名刺入れ(1)
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/261786/LL_img_261786_8.jpg
リサイクルカクテルグラス

■店舗概要
マテックプロダクツストアYahoo!ショッピング店
https://store.shopping.yahoo.co.jp/matecproductsstore/

マテックプロダクツストア
所在地 : 〒080-2472 北海道帯広市西22条南3丁目34-1
電話 : 0155-35-7711
FAX : 0155-35-9911
営業時間: 9時から17時(月曜日~土曜日、日曜日・祝日休み)
公式HP : http://matec-products.jp/
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/261786/LL_img_261786_4.jpeg
店舗エントランス



画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/261786/LL_img_261786_5.jpeg
店舗一階(1)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?