リンツ、2019イースター向けチョコレートが3月18日に勢揃い 春の訪れを祝う、愛らしいうさぎやたまごの形のチョコレート

1845年創業、世界120カ国以上で愛されているスイスの歴史あるプレミアムチョコレートブランドLindt(リンツ)の日本法人リンツ&シュプルングリージャパン株式会社(代表:アンドレ・ツィメルマン、本社:東京都中央区銀座)は、リンツのイースター向けチョコレートコレクションを2019年3月18日(月)から販売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/LL_img_179471_1.jpg
リンツ ゴールドバニーとリンドールエッグのイースターイメージ

2019年のイースターは4月21日(日)、日本でも年々、春の楽しいお祭りとして知名度が高まって来ています。
欧米ではイースターはクリスマスと並んでチョコレートの需要がもっとも大きくなる季節、人々は春の訪れを祝ってチョコレートを贈り合います。
スイス生まれのリンツでは、イースターのシンボルである「リンツ ゴールドバニー」をはじめ、この季節は大小さまざまな大きさのたまごの形に姿を変えて登場する人気商品「リンドール」など、バラエティー豊かなイースターのチョコレートコレクションが勢ぞろいして、春のお祭りを盛り上げます。


<LINDT GOLD BUNNY リンツ ゴールドバニーについて>
春の訪れを告げる「リンツ ゴールドバニー」は、リンツのイースターのシンボル。
高品質のミルクチョコレートで作られた金色のウサギの誕生は1952年にまでさかのぼります。
その誕生にはこのような秘話がありました:

ある春の日、リンツのメートル・ショコラティエ(チョコレート職人)の家の庭に小さなウサギが現れました。彼の幼い息子は、ウサギを見つけて大喜び!
ところが次の瞬間、ウサギは茂みに隠れていなくなり、男の子は大泣きしてしまいました。それを見たメートル・ショコラティエは、息子のためにチョコレートで出来たウサギを作ることを思い立ち、ウサギがどこに行っても見つかるように首に赤いリボンを巻き、鈴をつけたそうです。
「リンツ ゴールドバニー」の誕生には、こんな父親の深い愛情が込められていたのでした。

以来60余年、ヨーロッパの人々に愛され続け、この金色のウサギが店頭に並び始めると、人々は春の到来を感じるというほどの風物詩となっています。
うさぎはそのぴょんぴょんと躍動する姿から飛躍をイメージさせ、また多産であることから子孫繁栄の象徴でもあり、古今東西を問わず縁起の良い動物とされています。
たまごもまた新しい命の象徴であり、うさぎやたまごのイースターのモチーフは、イースターの用途はもちろん、卒園・卒業や新生活のスタートを祝う、春ならではの様々なギフトに大変喜ばれています。


<リンツのイースターコレクション 主な商品の紹介>
●リンツ ゴールドバニー
「リンツ ゴールドバニー」は、赤いリボンを首に巻いたミルクチョコレートの1kgの特大なものから、100g、50g、ミニサイズの10gのものまで、大小4つのサイズから選べて、さらに首にブラウンのリボンを巻いたダークチョコレートと、白いリボンを巻いたホワイトチョコレートのフレーバーバリエーションも揃います。
さらに2019年は、華やかな花柄の「リンツ ゴールドバニー フラワー ミルク」が新登場しました。

リンツ ゴールドバニー ミルク (赤いリボン)
https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/img_179471_3.jpg
50g 520円、100g 820円、1kg 10,800円(いずれも税込)
リンツ ゴールドバニー ダーク (ブラウンのリボン)
https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/img_179471_4.jpg
100g 820円(税込)
リンツ ゴールドバニー ホワイト (白いリボン)
https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/img_179471_5.jpg
100g 820円(税込)
リンツ ゴールドバニー フラワー ミルク (花柄2種)
https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/img_179471_6.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/img_179471_7.jpg
100g 820円(税込)

ミニゴールドバニー
https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/img_179471_9.jpg
ミルクチョコレートのキュートなミニゴールドバニー5個入りのセット
10g X 5個入り 750円(税込)

リンツ ゴールドバニー缶(デザインは2種)
ハート形: https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/img_179471_10.jpg
四葉のクローバー形: https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/img_179471_11.jpg
10gのミニゴールドバニーとリンドールミニエッグが4個入った、ピンクのハート形と、グリーンの四葉のクローバー形の缶入りチョコレート
880円(税込)

イースターに欠かせないのは、生命のシンボルであるたまごをかたどったチョコレート。
イースターの季節には、リンツの一番人気チョコレートである「リンドール」が、たまごの形になって登場します。

イースターキャロットバッグ 4種7個入り 1,080円(税込)
https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/img_179471_12.jpg
エッグミルクバッグ 120g 1,420円(税込)
https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/img_179471_13.png
ミニイースターエッグ 6種9個入り 2,280円(税込)
https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/img_179471_14.jpg
イースターエッグ 8種18個入り 3,240円(税込)
https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/img_179471_15.jpg
エッグハントバケツ 7種24個入り 3,240円(税込)
https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/img_179471_16.jpg


<リンツのスプリングギフトコレクション 主な商品の概要と価格>
●リンドール クラシックギフトボックス ― 春らしいグリーンのボックスに、ホワイトの花模様があしらわれた鮮やかなイエローのスリーブ。色とりどりの「リンドール」と「リンツ ミニゴールドバニー」をアソート。

リンドール クラシックギフトボックス 7種12個入り 1,500円(税込)
リンドール クラシックギフトボックス 8種20個入り 2,500円(税込)
リンドール クラシックギフトボックス 9種28個入り 3,500円(税込)

https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/img_179471_17.jpg

●リンドール リボンギフトボックス ― 春らしくやさしいイエローのリボンが目を惹く、様々なギフトシーンに活躍するオールマイティーで、ほど良くカジュアルなギフトボックス。

リンドール リボンギフトボックス 5種8個入り 1,080円(税込)
リンドール リボンギフトボックス 6種16個入り 2,160円(税込)

https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/img_179471_18.jpg


<1kgのリンツ ゴールドバニーが当たる!イースターくじキャンペーン>
4月1日(月)から4月21日(日)まで、リンツの店舗(アウトレット店を除く)では、春の楽しいお祭り「イースター」を盛り上げるべく、「1kgのリンツ ゴールドバニーが当たる!イースターくじキャンペーン」を実施します。
この期間中、リンツの店舗で2,000円(税込)のご利用ごとに、店頭でくじを1回引いていただきます。
引いたリンドールのフレーバーに合わせて、以下の通りの豪華賞品が当たります:

●イースター賞
1kgのリンツ ゴールドバニー 期間中、各店で1名様
●フラワー賞
リンツ ゴールドバニー フラワー 200g 1個 毎日、各店で2名様
●バニー賞
リンツ ゴールドバニー ハウス1個 毎日、各店で5名様
●エッグ賞
リンツイースターエッグデコレーションシール 毎日、上記以外全員

毎日当選のチャンスがあるフラワー賞、バニー賞は、その日当選者が出なかった場合には翌日にキャリーオーバーされます。

キャンペーン期間 :2019年4月1日(月)~4月21日(日)
キャンペーン実施店舗:リンツ全店舗(ただし、アウトレット店を除く)

リンツ ゴールドバニー 1kg
https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/img_179471_8.jpg
イースターくじ
https://www.atpress.ne.jp/releases/179471/img_179471_20.jpg


<リンツとは…>
Lindt(リンツ)は、スイスで1845年に創業、現在では世界120カ国以上で愛されているプレミアムチョコレートブランドです。ブランド名となっているリンツは、今ではあたりまえとなっているチョコレートのなめらかな口どけを初めて可能にした「コンチング・マシン」を発明、スイスをチョコレート立国たらしめた、ロドルフ・リンツ氏の名に由来します。
リンツ&シュプルングリー社の創設者、ダーフィート・シュプルングリー氏はチューリッヒの小さなパティスリーのパティシエを経て、1836年にその店のオーナーとなり、1845年に自家製チョコレートの製造を開始しました。
1899年にリンツとシュプルングリーは合併することになり、チョコレートの製造においてすでに高い評価を得ていたシュプルングリーと、「コンチング・マシン」を発明、チョコレート界に革新をもたらしたリンツが手を携えて、その卓越した技術で最高の品質のチョコレートが生み出されるようになりました。
以来、170年以上の時を経て、そのチョコレート作りへの情熱は、リンツのメートル・ショコラティエ(チョコレート職人)たちによって受け継がれ、カカオ豆の仕入れから最終製品までの工程をすべて自社で一貫して生産することにより、常に高品質で、香り高く、口どけの良いチョコレートで、今も世界中のチョコレートファンを楽しませ続けています。

http://www.lindt.jp/ (リンツ ジャパンサイト)
http://www.twitter.com/LindtJapan (公式Twitterアカウント)
http://www.facebook.com/LindtJapan (公式Facebookページ)
http://instagram.com/lindt_chocolate_japan (公式Instagramアカウント)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?