レンタルバイクを活用した中部・北陸へのインバウンド誘客施策『昇龍道バイクツアー』を北米に向け先行開始

キズキグループ(Rental819)の傘下で、国内バイクツアーを手がけるMOTO TOURS JAPAN株式会社(代表取締役社長:松崎 一成、本社:埼玉県川口市)は、一般社団法人昇龍道ドラゴンルート推進協議会(理事長:多田 邦彦)と共に、中部運輸支局-観光部国際観光課の後援の元、北米からの訪日外国人獲得を目的にFam-Trip(招待旅行)を2019年3月4日から3月8日までの期間で催行する事となりました。
北米からは、世界最大手レンタルバイク及びバイクツアー会社のEagleRider(最高経営責任者:Chris McIntyre、本社:カリフォルニア州ロサンゼルス)を招待し、中部国際空港セントレア発着を基本とし、名古屋、岐阜、奥飛騨、能登半島を中心に、レンタルバイクで巡り、昇龍道ならではの観光スポットや景色の他、日本文化やこのエリアならではの体験を北米に持ち帰り、昇龍道を絡めた各種ツアー造成と中部エリアの魅力をPR・情報発信することを目的とします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/178251/LL_img_178251_1.png
昇龍道バイクツアー「千里浜」

■昇龍道(ドラゴンルート)とは
昇龍道とは、中部地方の愛知県・岐阜県・富山県・石川県を南から北へと縦断する新しい旅の観光ルートです。
能登半島の形を龍の頭に見立てて、この地域が神秘的な昇り龍のように見えることから、このルートをドラゴンルート「昇龍道」と同理事長が名付けました。この地域には、様々な伝統や歴史文化、四季折々の美しい自然景観や、恵まれた山海の食材、日々の疲れを癒す温泉など魅力的なスポットが数え切れないくらいにあります。また、人々との触れ合いが旅の魅力により一層の彩りを加えます。
国土交通省中部運輸局、北陸信越運輸局及び中部広域観光推進協議会も、中部北陸9県の自治体、観光関係団体、観光事業者等と協働して「昇龍道プロジェクト」に取り組んでいます。また、テーマ性・ストーリー性を持った観光地域としてJNTO(日本政府観光局)に認定された魅力ある旅です。


■EagleRider社について
1992年創業、ロサンゼルスに本社を構え世界11カ国、全米8割以上の州で170以上の店舗を展開、車両台数5,000台以上を保有する世界最大手の老舗レンタルバイク&バイクツアー会社です。
https://www.eaglerider.com


■一般社団法人昇龍道ドラゴンルート推進協議会とは
中部国際空港と小松・富山空港を結ぶ愛知・岐阜・富山・石川の4県域連携インバウンド観光ルート「ドラゴンルート(昇龍道)」を、現状の東海道を基調とした“ゴールデンルート”に次ぐ日本の誇る代表的大型ルートとして浸透させるため、幸運をもたらす“昇龍”のイメージを、Luxury・Ecology・Fortune・Fan・Medical-Supportの5つのコンセプトを基に明確にルート化し、以下の事業を通じてアジア地域のみならず、国内においても浸透させていくことを目標とします。


■キズキグループについて
【株式会社キズキレンタルサービス】
2010年創業、「Rental819」ブランドで全国130以上の店舗を展開、車両台数3,000台以上を保有する国内最大級のレンタルバイク会社です。
https://www.rental819.com/


【MOTO TOURS JAPAN株式会社について】
2015年創業、キズキグループの傘下でバイクツアー専門の旅行会社として設立。
インバウンドツアーを主力とし、世界各国からの訪日外国人に日本各地の風光明媚なバイクツアーを提供しています。
https://www.mototoursjapan.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?