中野BC×女子大生の共同開発で誕生した梅酒「blossom ~さくら梅酒~」のパッケージがリニューアルしインターネット限定で発売!

和歌山の酒造大手である中野BC株式会社(海南市)は、約40種類の梅酒のラインナップから和歌山大学の女子大生と共同開発をしたピンク色の梅酒「blossom~さくら梅酒~」のパッケージリニューアルを行い、リモートでのお花見や母の日ギフトに役立ててほしいとインターネット限定で発売いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/252752/LL_img_252752_1.jpg
blossom~さくら梅酒~

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/252752/LL_img_252752_2.jpg
blossom~さくら梅酒~ 箱入り
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/252752/LL_img_252752_3.jpg
母の日ギフトイメージ画像

■発売から8年で売上約4倍越え!!
二十歳の女の子から母の日ギフトまで、可愛さから女性人気を広げていく梅酒

「blossom(ぶろっさむ)~さくら梅酒~」は当社と学生が、共同で企画開発した「飲みやすさ」と「可愛さ」を掛け合わせた梅酒です。女子大生の目線で採用された斬新なアイデアには、年齢を問わず女性へのギフトとして注目が集っています。2013年の発売から売上数量は約4倍越え。発売当初は「二十歳になる女の子に贈りたい梅酒」というコンセプトでしたが、その可愛らしさから成人式のプレゼントやホワイトデーなど女性へのプレゼントに選ばれ、特に母の日シーズンには通常の約10倍程注文が増加いたします。

発売から8年目にあたる2020年の母の日は自粛ムードが広がり直接会えない思いを少しでも晴れた気持ちにしたいと多くの注文を頂きました。当社が直営店として運営しているショップに届いたレビューでは「色がとても綺麗で、母の日に贈ろうと思って、購入しました。中に金箔が入っていて、気持ちも華やかになれます。」などの声が多数寄せられています。また専用梱包箱には梅の花の色と、新年号「令和」の由来にもなった梅の花の水引をあしらっています。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/252752/LL_img_252752_6.png
グラフ

■パッケージリニューアルで昨対135%
デザインの一番のポイントは「飲み切ってしまうと寂しい」というユーザーボイス

新しいパッケージは2月20日より発売し、ホワイトデー前の約1か月間で昨年対比135%増加しました。今回企画を実施したのは当社の通販部Eコマース課のスタッフ。自身の母と梅酒を楽しんでいる際に、普段なら話にくい事や恥ずかしくて伝えられない想いをお互いが自然に話す事ができた経験から、お酒をコミュニケーションツールとしてとらえる中で、特に女性にも飲み易い“梅酒”に光を当てられないかと検討。母親視点での母の日の贈り物に「家族と一緒の時間を過ごしたい」という声にその時間を最大限に有意義にしてほしいと、女性に人気で飲みやすさを併せ持つこの商品をリニューアルすることにいたしました。

新しいパッケージには3つのポイントを込めています。まずお祝い事のプレゼントとして贈られる事から金箔でさくらの花を大きくかたどり、華やかさを引き出しました。女性が身に着けるアクセサリーのように、正面で一番輝くよう配置しています。そして2つ目に、味わいのベースともなる梅。「梅の実」をイメージしたたくさんの丸を重ねて敷き詰めるようにデザインしていますが、淡く儚い色合いを保ちつつ華麗さを表現するためにネイルデザインを参考にしたと言います。また、たくさんの円(丸)が重ねることで一層「縁」が広がるようにと願いが込められています。最後に、一番大きいポイントはユーザーボイス。
以前に「飲み切ってしまうとさくら色が無くなって寂しい」との声を頂き、スタッフはその声が心残りだったと言います。そこでクリアケースにさくら色のレースを引き、グラデーションをかけることによりその色合いを保てるようにデザインしました。発売当初に女子大生の目線で作られたコンセプトを崩さないよう、当社の女性スタッフにもヒアリングを重ね、約6カ月をかけて発売に至りました。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/252752/LL_img_252752_4.jpg
新デザインパッケージ

■blossomについて
「blossom~さくら梅酒~」は当社と学生が、約10カ月間をかけ、コンセプトから味わい、デザインまで全てを共同で企画開発した梅酒です。「二十歳になる女の子に贈りたい梅酒」として、おいしさに加え「かわいい」&「飲みやすい」を加えました。桜シロップの香りとやわらかな甘味がアルコール感を和らげるとともに、アルコール度数も低めの10度に設定、特に“かわいい”という感性は女子大生達ならではで、「ピンク色の梅酒」「ボトルは女性のような丸みのある瓶を」「栓はコルクを使用」など随所に、彼女らの斬新なアイデアを採用しています。

また味わいは口に含んだ瞬間、スーッと抜ける淡い桜の風味。お酒が苦手な女性でも飲みやすい味わいです。当初、二十歳になったばかりの女子大生たちの“これから二十歳になる女の子たちに捧げる梅酒を造りたい”という想いからつくられました。学生たちの要望から、初めて口にする梅酒だからもちろん「おいしい」のが前提。その上「かわいい」&「飲みやすい」そんな梅酒でした。

そのイメージを基に、中野BC研究所で試作を積み重ねてできたのが“さくら”の梅酒でした。「味は、女の子でも薄める必要がなく、すっきりとしてお酒に慣れていない子でも飲みやすく仕上がっています。」との感想も!さらにお祝いを演出する金箔は、シャンパングラスに注いで揺らめきを目でも愉しんでいただけます。

インテリア瓶としてアレンジも♪
「blossom~さくら梅酒~」は、形にも残るプレゼント。フォルムが特徴的で可愛さのある丸い瓶は、飲んだ後もハーバリウムや花瓶、アクセサリー置きなど、飲んだ後も飾って嬉しいインテリア梅酒として、梅酒の新しい楽しみ方をご提案いたします。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/252752/LL_img_252752_5.jpg
ハーバリウム

■商品概要
商品名 :「blossom~さくら梅酒~」
内容量 :500ml(瓶)※化粧箱付き
販売場所 :・当社楽天ページ
( https://item.rakuten.co.jp/chokyuan/blossom )
・当社Yahoo!ショッピングページ
( https://store.shopping.yahoo.co.jp/chokyuan/blossom.html )
・当社au PAY マーケットページ
( https://wowma.jp/item/333156636 )
価格 :税込3,960円(送料無料)
アルコール度数:10度
賞味期限 :12カ月 ※おいしく召し上がりいただける目安期間
原材料 :南高梅、醸造アルコール(国内製造)、
桜の花シロップ液(砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、桜の花抽出物)、
砂糖/酸味料、香料、野菜色素、金箔
保存品質 :・梅の成分の一部が沈殿することがありますが、
品質に問題ありません。よく振ってからお飲み下さい。
・開封後は冷蔵庫に保管し、お早めにお飲みください


■中野BC株式会社 会社概要
所在地 :和歌山県海南市藤白758-45
設立 :昭和36年11月
代表者 :代表取締役社長 中野 幸治
従業員数 :122人(2021年3月現在)
事業内容 :酒類(清酒・みりん・焼酎・梅酒等のリキュール類)の製造・販売、
梅果汁・梅エキス、青みかん粉末等の健康補助食品の製造・販売
輸出国(22カ国):アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、
オランダ、スイス、ベルギー、イタリア、ドイツ、ロシア、
イギリス、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、
フィリピン、マレーシア、ミャンマー、中国、台湾、香港、韓国
お問合先 :073-482-1234(代)
東京オフィス :東京都新宿区荒木町13-2 四谷NS(ナカノ・スマート)ビル1F


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?