京セラ株式会社創立60周年記念展「ピカソ銅版画347シリーズー愛・イメージの奔走ー」

京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、社会貢献活動の一環で開設している京セラギャラリー※1(京セラ本社ビル1階)において、本年5月18日(土)から6月30日(日)まで、京セラ株式会社創立60周年記念展「ピカソ銅版画347シリーズ ー愛・イメージの奔走ー」を開催しますので、お知らせいたします。
このたび、当社の創立60周年を記念して、日頃よりお世話になっている地元住民の皆様をはじめ、お客様への感謝の気持ちを込めて、当社が所蔵するパブロ・ピカソの晩年を代表する銅版画「347シリーズ」の全作品を、前期・後期に分けて一挙に展示する特別展を企画しました。なお、同シリーズは、50セット印刷され、当社では2セット目の全作品を所蔵しています。

ピカソは、生涯にわたり2,000点あまりの版画作品を制作していますが、「347シリーズ」は、86歳に達したピカソが、1968年3月16日から10月5日までの204日間に制作した347点の連作銅版画です。生涯の命題であった女性に対する「愛」を中心テーマとしながら、創造的イメージを展開させていると同時に、画家として生涯に取り上げた数々の題材を回顧している作品でもあります。絵画とは比べようもないスピードで制作が可能な版画の世界の中で、残されたわずかな時間に溢れんばかりの創造力を一気に爆発させ、なおも革新的な手法に挑戦しつづけたピカソの飽くなき意欲を、この作品群を通して感じていただける内容となっています。

※1 2019年4月1日より「京セラ美術館」から「京セラギャラリー」に名称を変更し
ました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/182582/img_182582_1.png

■京セラギャラリーサイトURL
https://www.kyocera.co.jp/company/csr/facility/museum/

■展示概要
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/182582/table_182582_1.jpg

■パブロ・ピカソ氏(1881-1973)について
20世紀最大の画家と呼ばれ、西洋美術史上の巨人のひとりです。作品制作時期の表現として呼ばれる「青の時代」「薔薇色の時代」「キュビスムの時代」「新古典主義の時代」等の各時代の中で、常に視覚的認識の方法に革新を与えつづけ、90余年の生涯を通して2万数千点という天文学的な数の作品を遺しました。絵画やデッサンばかりでなく、彫刻、陶器、版画、舞台衣装など、造形表現のあらゆるジャンルから詩や芝居に至るまで、極めて幅広い範囲にわたる作品を生み出しました。





詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?