京町家再生「継(つぐ)」プロジェクト第1号「宿ルKYOTO 抹茶ノ宿」完成2019年11月1日(金)開業

京阪電鉄不動産株式会社(本社:大阪市中央区 代表取締役社長:道本 能久)と株式会社インテリックス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 山本 卓也)は、京町家再生を目的とした「継(つぐ)」プロジェクトの業務提携による、第1号施設として「宿ルKYOTO 抹茶ノ宿」を2019年11月1日(金)に開業致します。

■施設の特徴
当該施設は2019年3月に開業した、JR京都駅から1駅の梅小路京都西駅から徒歩5分の七条通に面した京町家です。乾物の商店として使われていたため、1階2階ともに天井が高く、建物内部の通り庭を二棟の建物で共有するという独自の形状と、そこに生まれる8mの吹き抜けの空間が特徴の物件です。希少性の高い既存の構造を活かしつつ、宿泊施設としてリノベーションしました。
京町家では珍しい大型タイプの施設のため、客室は和室4室、最大18名様まで宿泊可能で、長期滞在のファミリーやグループのお客さまもご利用頂けます。
1階は宿泊者がセルフグリルを楽しめる囲炉裏を設け、新鮮な京野菜や魚介を提供する他、菜食メニューも用意しています。また、路面区画には「cha cha cha」が入店し、宿泊者への抹茶体験の提供や、アーモンドミルクやライスミルクを使った抹茶ドリンクの販売など、食の多様性に配慮したサービスを展開します。
施設の運営は「宿ルKYOTO」シリーズを8施設展開している株式会社トマルバ(本社:京都市下京区 代表取締役社長兼CEO 芦野貴大)が行い、当該施設では、常駐の有人オペレーションによる、ホスピタリティ性の高いサービスを提供します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/195905/img_195905_1.jpg
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/195905/img_195905_2.jpg








■施設概要
名称:宿ルKYOTO 抹茶ノ宿
住所:京都市下京区朱雀北ノ口41番の2(JR山陰本線「梅小路京都西駅」徒歩5分)
土地面積:172.81平方メートル 延床面積:251.20平方メートル
施設:宿泊居室 4室(2~6名/室)、店舗1区画
最大宿泊人数:18名

■共同事業会社
株式会社インテリックス http://www.intellex.co.jp
【代 表 者】代表取締役社長 山本卓也
【資 本 金】 22億53百万円
【本社所在地】東京都渋谷区渋谷2-12-19
【設 立】 1995年7月
【事 業 所】札幌店、仙台店、横浜店、名古屋店、大阪店、広島店、福岡店
【上場取引所】東京証券取引所 市場第一部(証券コード8940)
【主な事業内容】 中古マンション再生流通事業、その他不動産事業

■施設運営会社
株式会社トマルバ http://tomaruba.me/
【代 表 者】代表取締役社長兼CEO 芦野貴大
【資 本 金】 82,893,280円(資本準備金含む)
【本社所在地】京都市下京区布屋町83ー1
【設 立】 2014年7月24日
【主な事業内容】 インターネットを利用した情報提供サービス、不動産管理、
宿泊施設運営、宿泊施設・観光施設・飲食店等の予約代理等



京阪電鉄不動産株式会社 http://www.keihan-kiss.co.jp
【代 表 者】代表取締役社長 道本 能久
【資 本 金】 33億9,480万円
【本社所在地】大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル15F
【設 立】 2000年6月21日
【主な事業内容】
(1)土地建物の売買、賃貸、仲介、管理
(2)土木、建築工事の設計、施工、監理および請負業務
(3)建設資材、設備機器、家具ならびに室内外装飾用品等の販売、
斡旋

以 上


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?