企業・ワーカー向けのフードビジネスを強みとする「シダックス」×「スターフェスティバル」オフィスでの食事シーンにイノベーションを起こすジョイント・ベンチャー設立&資本業務提携へ

「すべては未来の子どもたちに」を理念とし、フードサービス、公共サービス、車両サービスを展開する総合サービス企業 シダックス株式会社(東京都渋谷区/代表取締役会長兼社長:志太勤一/以下、シダックス)と、「ごちそうで 人々を より 幸せに」を企業理念に掲げ、フードデリバリーサービスを展開するスターフェスティバル株式会社(東京都渋谷区/代表取締役社長:岸田祐介/以下、スターフェスティバル)は、相互の経営資源を活用し、新たな「企業・団体向けの食事提供サービス」の開発を推進するためのジョイント・ベンチャー設立に向けて、資本業務提携への協議を行っております。なお、本資本業務提携は3月11日(月)開催予定のスターフェスティバルの取締役会決議を経て、正式に決定する予定です。

シダックスグループは全国2,000カ所以上で事業所給食のほか、学校、保育園、病院、福祉施設や観光施設等で食事を提供しています。スターフェスティバルは、全国の飲食店・レストランの中食・デリバリービジネス参入を支援するとともに、日本最大級のオフィス向けフードデリバリー総合モール「ごちクル」、デリバリー型社員食堂サービス「シャショクル」などを企画運営し、企業・ワーカーの食事をトータルサポートしております。
両社が強みとする法人・団体向けのフードビジネスを取り巻く市場環境は、企業における福利厚生に対する意識の高まり、就労者の働き方の多様化など、ここ数年で激変しています。このような中、両社はオフィス、工場などにおける喫食シーンに新しい価値を提供すべく、相互のノウハウ・営業力を結集して新たな市場の開拓を目指し、ジョイント・ベンチャー「シダックス・スターフェスティバル株式会社(仮称)」(以下、SSF社)を設立することを検討しております。
SSF社は、「ごちクル」「シャショクル」の営業を強力に進めるほか、AI等のテクノロジーを駆使したさらなるサービス・システムを開発する予定です。また、50余年の信頼と実績を誇るシダックスの衛生管理システム、業界屈指の食材一元物流システムを活用し、お客様のニーズに応えるフードデリバリーサービスを開発していくことを計画しています。

【SSF社概要(予定)】
正式名称 シダックス・スターフェスティバル株式会社
設立 2019年4月1日(月)
資本金 1,000万円
出資比率 スターフェスティバル:シダックス=51%:49%
代表取締役 岸田 祐介


■シダックスグループ
シダックスグループは、「マザーフード(母なる地球が育んだ豊かな大地と海の恵みを、すべてのお客様に母親のように真心を込めてお届けする)」のサービスポリシーをベースに、健康で快適な生活を願う人々の声、豊かさの価値を求める社会のニーズに対し、「安心・安全」でおいしく楽しい食事の提供を中心に、付加価値の高い商品や信頼ある社会サービスなど、「500の仕事」を通じて、人々の生活をトータルでサポートする「総合サービス企業グループ」です。
・公式サイト:https://www.shidax.co.jp
・「500の仕事、シダックス。」公式サイト:https://www.shidax.co.jp/500/

▼コントラクトフードサービス事業
企業(オフィス、工場、保養所)、学校、官公庁などの食堂・給食の受託運営を中心に「安心・安全」で健康に配慮し、豊富なメニューや各施設に合った食事スタイルの提案を行うなど付加価値の高いサービスを提供しています。2018年9月末現在で、全国1,197の施設にて給食サービスおよび管理業務等の受託運営を行っています。

▼メディカルフードサービス事業
病院(患者食)をはじめ、老人福祉施設や保育園・幼稚園などで、一人ひとりに合わせた、栄養バランスが良いだけでなく健康的でおいしい食事を提供しています。また、噛む力や飲み込む力が低下した高齢者向けの「やわらかマザーフード」の開発など、「楽しい食生活」をサポートしています。2018年9月末現在で、742の施設を受託しています。

▼エスロジックス事業
一元物流システムにより、全国に「安心・安全」な食材・資材・消耗品を配送しています。提供するすべての食材に「食のカルテ」を作成し、すべての行程で三温度帯(「冷凍」「冷蔵」「常温」) 設定による厳しい鮮度チェックをするなど、品質管理を徹底しています。また、スケールメリットを活かし、安定した供給体制と仕入価格の低減化を実現しています。


■スターフェスティバル株式会社
スターフェスティバルは、飲食店・レストランの中食ビジネス参入支援、および、フードデリバリー事業を展開する会社です。飲食店や製造工場などの製造パートナー、また、配送パートナーと連携し、「製造」以外の部分にあたる、「商品開発」「販売促進」「受注」「配達」「料金回収」 までのすべてを引き受けるビジネスモデルで、フードデリバリーの総合インターネットモール「ごちクル」、デリバリー型の社員食堂「シャショクル」等を運営し、現在月間約60万食、累計2,200万食以上のごちそう提供を行っております。「Borderless Food Delivery(=国境なきフードデリバリー)」の世界観のもと、著名シェフのレシピを活用した商品展開などにも強みを持ち、価格帯、利用シーンに合ったバリエーション豊かな品揃えが特徴です。

▼ごちクル
9,300種類以上のラインナップを取りそろえ、圧倒的な商品力をもつ、日本最大級の企業・ワーカー向け フードデリバリーサービスです。約1,000店舗の製造パートナー、約70の配送パートナーと連携し、会議・接待・イベント・パーティーなどあらゆるビジネスシーンにマッチしたごちそうをお届けしています。インターネットサイトから手軽に注文することができ、全国の企業のみなさまに広くご利用いただいています。
公式サイト: https://gochikuru.com/

▼シャショクル
企業・オフィスビルの会議室や共有スペースを利用してお弁当・ビュッフェなど日替わりで販売する、”デリバリー型の社員食堂”と位置づけた、フードデリバリーサービスです。契約企業のご担当のご意見を参考に、各社に合ったメニュー組みを行い、毎日、飽きのこない弁当をオフィスまでお届けします。混んでいてランチ時間の確保や移動に難儀しているオフィス街でも、手軽に時短でランチを楽しめます。食事面での「福利厚生」として導入いただくことで、従業員の健康促進や、業務効率化、社内コミュニケーション活性化など企業が目指す「働き方改革」「健康経営」をサポートします。
公式サイト: https://shashokuru.com/



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?