企画展「マンモス展」来場者10万人突破!酷暑でもマンモス冷えてます。

東京・お台場の日本科学未来館で開催中の企画展「マンモス展」の来場者数が10万人を超え、8月9日(金)に記念のセレモニーが行われました。そして、記念品として「マンモス展」のオリジナルグッズが贈呈されました。
本日、10万人目のお客様は東京都葛飾区からお越しの小山さんご家族。お母様の小山愛(おやまあい)さんが、テレビのCMを見て「昔のものを今、見られる感じが面白そう」とお子様3人と一緒に来場されました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/190863/img_190863_1.jpg
観覧後に「マンモス展」の感想をうかがうと、小山愛さんは「全体を通して面白かったです。一番最後の「ケナガマンモス」の復元像はすごいなと思いました。実物のケナガマンモスの毛にも触れられました!」
そして、お子さんたちは「思ってた以上に大きかったし、迫力がありました。最後の「ユカギルマンモス」が一番印象に残りました。」(長女)「ケサイ(骨格標本)です。ツノがかっこよかった。」(長男)と、最後にグッズショップでたくさんのグッズを購入されて、大満足されていました。

「マンモス展」では、絶滅したマンモスの生態や歴史を知ることができるだけではなく、ロシア連邦・サハ共和国の永久凍土から発掘され、「愛・地球博」で700万人が見た「ユカギルマンモス」の頭部冷凍標本や、世界初公開となるケナガマンモスの鼻、太古のバイソン、ライチョウなど、生きていた姿を彷彿させる冷凍標本の数々が来日。世界最大級の冷蔵展示室により間近に見ることができ、数万年前のいきものの生々しい姿が、連日多くの来場者の注目をあつめています。
また、それら冷凍標本の遺伝情報からマンモス復活を研究する「マンモス復活プロジェクト」を通じて生命科学の未来、そして「生命」とは何か、についてともに考える企画展となっています。
この夏、酷暑が続きますが、「マンモス展」では、マイナス20度以下で冷え冷えのマンモスをはじめとした古生物の冷凍標本たちが、8月は休館日なしでご来場をお待ちしています。さらに、「マンモス展」では夏休み期間中、様々な企画も続々!夏休みは、是非、「マンモス展」に足をお運びください!
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/190863/img_190863_5.jpg
【夏休み企画1】
音声ガイドセット割!
人気声優、梶裕貴さんと東山奈央さんが担当する音声ガイド。親子で、カップルで、友達同士で、おトクに楽しめる、セット割引を期間限定で実施します。
梶裕貴さん担当の「通常ガイド」1台+東山奈央さん担当の「ジュニアガイド」1台のセットで、【¥200お得!】貸出価格 ¥1,200→¥1,000
通常ガイドとジュニアガイドを聴き比べて見たかった!という方にもおススメです。

【夏休み企画2】
公式イラストキャラクター募集中!採用者には、あなただけのための「マンモス展」貸切タイムをご用意!
TwitterないしInstagramでハッシュタグ 「#マンモス展公式キャラクター募集」をつけて自作のマンモスキャラクターのイラストを投稿ください。(8月31日(土)23:59まで)イラストは手書き、デジタルデータなど、様式不問です。
※詳しくはオフィシャルサイト をご覧ください。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/190863/img_190863_4.jpg
【夏休み企画3】
トークセッション8月27日(火) 開催
「最後のマンモスはオーロラを見たか?~絶滅の謎」
「マンモス―絶滅の謎からクローン化まで―」の著者であり、本展の監修にも協力をいただいている、北海道大学名誉教授の福田正己博士による、トークセッションを行います。
日時:8月27日(火) 13:30~14:30
場所:日本科学未来館5階コ・スタジオ
講師:福田正己(理学博士/ 北海道大学名誉教授) 「マンモス展」監修協力
※詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。

<開催概要>
◇タイトル 企画展「マンモス展」 -その『生命』は蘇るのか-
◇会 期 2019年6月7日(金)~11月4日(月・休)
◇開館時間 10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)
※開館延長決定!8/10(土)-12(月・休)は19:00まで開館
(入場は閉館の30分前まで。常設展は17:00に終了)
◇会 場 日本科学未来館 1階企画展示ゾーン(東京・お台場)
(所在地:〒135-0064東京都江東区青海2-3-6)
◇休 館 日 火曜日(ただし、8/13、20、27、10/22は開館)
◇主 催 日本科学未来館/フジテレビジョン/読売新聞社
◇協 力 ロシア連邦サハ共和国、サハ共和国科学アカデミー、
ロシア北東連邦大学北方応用生態研究所、近畿大学生物理工学部、 近畿大学先端技術総合研究所、野尻湖ナウマンゾウ博物館
◇特別協賛 家庭教師のトライ
◇後 援 文部科学省、東京臨海高速鉄道、ゆりかもめ、BSフジ
◇オフィシャルサイト www.mammothten.jp
◇一般お問い合わせ TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)全日/8:00~22:00
◇入場料 大人(19歳以上):1,800円 中人(小学生~18歳):1,400円 小人(4歳~小学生未満):900円
※常設展もご覧いただけます ※ドームシアターは別料金(要予約) ※3歳以下は無料、障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料 ※8名以上の団体料金あり※会場の混雑状況により入場整理券の配布、または入場を規制する場合がございます。
<福岡・名古屋・大阪にて巡回展開催!>


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
【広報・PRご担当者様へ】掲載費0円で御社製品をPRしませんか?